夏はキャンプのハイシーズン!これから迎える夏に向けて、キャンプの計画をしている人は多いのではないでしょうか。しかし、夏は暑さとの戦いも必要になります。特に真夏の車内温度は上昇しやすいため、車中泊キャンプでは、十分な暑さ対策をしないと体調を崩す可能性も。そこで今回は、車中泊キャンパーの皆さんに向けて、夏の車中泊を快適に過ごすための方法をお伝えします!

夏の車中泊は暑さ対策を万全に! 涼をとるのに必須な筆者愛用のおすすめグッズ4選

夏の車中泊の大敵が「暑さ」。ここでは、夏の車中泊で暑さを乗り切るために必須のグッズを紹介していきます。

夏の車中泊の暑さ対策グッズ【1】扇風機やサーキュレーターで空気の循環を

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

夏の車中泊におすすめのグッズ1つ目は、扇風機やサーキュレーターです。

まず、扇風機とサーキュレーターとの違いについてですが、扇風機は「人が涼をとるための風を起こす」ものです。

人が当たることを前提に設計された扇風機の風はやわらかく、風に直接当たることで涼しさを感じられます。

一方で、サーキュレーターは「空気を循環させる風を起こす」ものです。

サーキュレーターの風を開けた窓に向けて送ることで、室内のこもった空気を循環できます。空気の循環を目的としているので、扇風機よりも強めの風であるケースが多いです。

なお、筆者の経験上、車ほどの広さであれば、扇風機でも十分に空気の流れを作ることができます。扇風機やサーキュレーターで空気の流れを作れば、車内に暑い空気がこもらず、暑さがやわらぎます。

「暑いときは車のエアコンをつければ良いのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、エアコンのつけっぱなしはNGです。

車のエアコンをつけっぱなしにしておくと、バッテリーが上がってしまい、翌朝出発しようと思ったときにエンジンがかからないなんてことも。そんな事態を避けるために、扇風機やサーキュレーターを用意して、涼をとりましょう。

また、扇風機やサーキュレーターを購入するときには「サイズ選び」が重要なポイント。

スペースが限られた車内では、大きすぎる扇風機では寝る場所を十分に確保できなかったり、天井が低い車では扇風機が入らなかったりする可能性も。そのため、愛車のサイズに合わせたサイズの扇風機やサーキュレーターを選びましょう。

私が使っているサーキュレーターは、BALMUDA(バルミューダ)の『GreenFan C2』

車内用のサーキュレーターとしてはやや大きいですが、SUVなど広めの車であれば十分に使える大きさです。

また、風量1や2の風はやわらかく、扇風機として利用することも可能。オシャレなデザインが特徴的なので、自宅と車中泊で兼用したい人には特におすすめです。

画像1: 夏の車中泊は暑さ対策が必須! 快適に過ごせるおすすめグッズや場所選びのマル秘テク
バルミューダ サーキュレーター グリーンファン ホワイト BALMUDA Green Fan C2 A02A-WK
大きく広がる、包み込むような自然界の風を再現するグリーンファンテクノロジーを採用したGreenFan C2。静かでやさしいその風は、涼しさと、いつまでも浴び続けたくなる心地よさをお届けします
ニオイを最大94.7%除去する高性能の脱臭フィルターを搭載
コンパクトで軽量、シンプルなデザインなので一年中気持ちよく使うことができます
Battery&Dock(別売)を組み合わせればコードレスサーキュレーターとしても活躍
¥23,480
2021-06-29 9:07

夏の車中泊の暑さ対策グッズ【2】車用網戸で暑さ対策と虫対策を同時に

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

夏の車中泊におすすめのグッズ2つ目は、車用網戸。

扇風機やサーキュレーターで空気を循環させると良いとお伝えしましたが、窓を開けていると、蚊などの虫が入ってきて不快な思いをしてしまいます。

車用網戸を使用すれば、虫の心配をすることなく空気の循環ができるので、快適な車内環境を作れます。

車用網戸は、ドアにかぶせるだけのタイプを選べば設営は簡単。

後部座席のドア2か所に網戸を装着し、窓に向かって扇風機やサーキュレーターの風を送ると、反対側の窓から風が入り空気が循環します。

暑さ対策と虫対策を同時に行える車用網戸は、夏の車中泊の必須アイテムと言っても良いでしょう!

画像2: 夏の車中泊は暑さ対策が必須! 快適に過ごせるおすすめグッズや場所選びのマル秘テク
サンシェード 車窓用 2枚入り Lサイズ 全4サイズ ウインドウネット 日除け フロント・リア用 [並行輸入品]
【商品内容】車用防虫ネット×2
【サイズ(約)】Lサイズ(幅)最大126cmまで/(高さ)52cm
¥920
2021-06-29 9:08

夏の車中泊の暑さ対策グッズ【3】サンシェードで日差しによる気温上昇を防ぐ

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

夏の車中泊におすすめのグッズ3つ目は、サンシェードです。

車内の温度上昇の一番の原因は、日中や明け方の日差し。車の日差し対策として、サンシェードはぜひ持っておきたいグッズです。

JAFの検証によると、真夏の晴天時の車内の平均温度は51℃、ダッシュボードの最高温度は79℃にまで達したそう。

これに対し、サンシェードを使用した場合、車内の平均温度は45℃、ダッシュボードの最高温度は52℃だったとのことです。

キャンプや車中泊で寝ている間は日差しがないので、上記の検証の温度に到達することはさすがに考えにくいです。

しかし、朝日が出てからは徐々に気温が上昇するため、サンシェードを使用することで、朝の気温上昇がゆるやかに抑えられそうですね。

また、暑さ対策ではありませんが、サンシェードは目隠しにもなり、プライバシー対策としても有効。

車内で寝ている時に誰か視線を感じる…なんて想像すると怖いですよね。サンシェードはトラブル回避のためにも必須と言えるでしょう。

画像3: 夏の車中泊は暑さ対策が必須! 快適に過ごせるおすすめグッズや場所選びのマル秘テク
エクストレイル T31系 車用カーテン サンシェード 車中泊 カーフィルム フルセット 『02s-b010-sa』
1.光りを遮断 【特殊生地で光りをカットします。エアコンも快適に使え、燃費向上効果】
2.防水機能 【ガラス面に付着した霜でサンシェードを濡らさないよう防水生地を採用】
3.クッション機能 【芯材に軽量クッション素材を使用。ガラスの傷防止にも役立ちます】
4.脱着が簡単 【簡易吸盤を使用しますので脱着が簡単です】
5.低価格実現 【車用カーテンに比べ低価格です。※レールの施工も不要】
¥26,400
2021-06-29 9:10

夏の車中泊の暑さ対策グッズ【4】冷却シートで寝入りをスムーズに

画像4: 夏の車中泊は暑さ対策が必須! 快適に過ごせるおすすめグッズや場所選びのマル秘テク
8時間 熱さまシート お買い得 大人用 12+4枚 ×2セット
2セットまとめ買い
¥1,169 (¥37 / 枚)
2021-06-29 9:11

夏の車中泊におすすめのグッズ4つ目は、冷却シートです。

ここまでお伝えした対策を行っても、暑苦しくてなかなか眠りにつけないときもあります。そんなときに冷却シートがあれば、涼しさを感じながらスムーズに寝付けることが多いです。

冷却シートは、夜眠るときだけでなく、日中キャンプをしたあとにも役立ちます。

炎天下の中キャンプをしたあとは、体がほてっていることが多いですよね。これから晩御飯を作ろうと思っても、体がだるくて動けないなんてケースも。

そんなときに冷却シートがあれば、ほてった体を休ませることができます。

冷却シートは夏のキャンプに必須のアイテムともいえるかもしれませんね。

This article is a sponsored article by
''.