こんにちは、浜の小魔人です。今回はコストコのクーラーボックス「キャンプゼロ20Lロトモールド」をご紹介。コストコオンラインショップでもしばしば売り切れになっている大人気商品。この記事を書くために、最大の魅力である保冷力を筆者が実験で確認。実証結果に基づいて自信をもっておすすめします。

コストコのクーラーボックス「キャンプゼロ 20L ロトモールド」の商品概要

画像1: 【連泊ソロキャンプにおすすめ】コストコで買えるクーラーボックス「キャンプゼロ 20L ロトモールド」の保冷力を検証!
CAMP-ZERO 20L Premium Cooler プレミアム クーラーボックス 中型 20L キャンプゼロ ロトモールド成型 ブルー
アメリカの新興アウトドアメーカー「キャンプゼロ」の重厚感あふれるプロ仕様クーラーボックス。 YETI、ORCA等のプレミアムクーラーボックスと同じ「ロトモールド成形」で作られており、その性能は折り紙付き。 圧力注入された分厚い断熱材と密閉性に優れた蓋裏のパッキンにより外気の影響を受けにくい、高い保冷力を実現。 ハイエンドクーラーボックスには必須のアメリカ「グリズリーベア認定」も受けています。 ソロでもファミリーでも使いやすいサイズの20L・中型モデルです。 ・丈夫なロトモールド成型クーラー ・強化された厚い壁で業務用レベルの保冷、断熱性能 ・2つのカップホルダーと滑りにくい表面のフタ ・...
¥ 17,800
2021-06-08 9:35

筆者がコストコ「キャンプゼロ 20L ロトモールド」を購入した理由は、スバリ保冷力の高さです。

事前に実際に使っている知人に保冷力が高いという話を聞いたので、安心して購入しました。

コストコオンラインで安く購入できました。コストコ会員でない方は年会費を払う必要がありますが、年会費を加算しても値段はこの方法が一番安いと思います(筆者購入価格は10,980円、たびたび売り切れるのがたまに傷)。

たまたま近くに信頼できるユーザーがいれば、筆者のように「正直なレビュー」を聞けますが、なかなかそういった友人知人もいないかも知れません。またそういう方が居ても、聞いておすすめされてしまうと「買わなくてはいけない雰囲気」になるのも聞きづらい理由の一つですよね。

そんな皆様に向けて、今回は筆者がクーラーボックスを選んだ時に本当に知りたかった情報をお伝えしたいと思います。それでは早速、商品概要からみていきましょう。

画像2: 【連泊ソロキャンプにおすすめ】コストコで買えるクーラーボックス「キャンプゼロ 20L ロトモールド」の保冷力を検証!
CAMP-ZERO 20L Premium Cooler プレミアム クーラーボックス 中型 20L キャンプゼロ ロトモールド成型 ブルー
アメリカの新興アウトドアメーカー「キャンプゼロ」の重厚感あふれるプロ仕様クーラーボックス。 YETI、ORCA等のプレミアムクーラーボックスと同じ「ロトモールド成形」で作られており、その性能は折り紙付き。 圧力注入された分厚い断熱材と密閉性に優れた蓋裏のパッキンにより外気の影響を受けにくい、高い保冷力を実現。 ハイエンドクーラーボックスには必須のアメリカ「グリズリーベア認定」も受けています。 ソロでもファミリーでも使いやすいサイズの20L・中型モデルです。 ・丈夫なロトモールド成型クーラー ・強化された厚い壁で業務用レベルの保冷、断熱性能 ・2つのカップホルダーと滑りにくい表面のフタ ・...
¥ 17,800
2021-06-08 9:35

【商品概要】

  • 外形サイズ:46.99 x 33.02 x 30.48cm
  • 内径サイズ:36.83 x 24.13 x 24.89cm
  • 容量:20リットル
  • 重量:6.7kg
  • 製造方法:ロトモールド成型(※)
  • ハンドル素材:アルミ
  • ドライアイス:使用可能
  • カラー:ホワイト、ベージュ、アイスブルー、ライトグリーン

(※)ロトモールド(回転成形)とは、樹脂成形の技法の一つです。溶接や継ぎ目のない一体成形で、非常に頑丈で気密性に優れているのが特徴です。

コストコのクーラーボックス「キャンプゼロ20Lロトモールド」のおすすめポイント

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

筆者の一番のおすすめポイントは、後述の実験で証明された高い保冷性能です。

でもそれ以外にもコストコ「キャンプゼロ20Lロトモールド」の優れた部分はたくさんあります。筆者のお気に入りポイントを整理しました。

高い保冷性能

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

詳細は後述しますが、コストコのクーラーボックス「キャンプゼロ20Lロトモールド」は、2泊3日のキャンプでもしっかりと食材を保冷してくれます。(筆者実験結果より)

販売サイトの商品説明にも記載がある「分厚い壁」、「ロトモールド成型」、「冷凍庫並みのシーリングガスケット(パッキン)」のおかげだと筆者は理解しています。

また、ドライアイスも使用可能なので、急速に冷やしたい場合にも便利ですね。

水抜き用のドレインプラグが付いているから氷が使いやすい

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

筆者は保冷剤を使うことが多いですが、氷で保冷する場合、しばしばクーラーボックス内が水で濡れる事があります。

その場合でも、ドレインプラグが付いているので、中身を出すことなく水が抜ける設計となっています。

頑丈で天面にカップホルダーがついているからテーブルにもなる

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

筆者はテント内に置いたクーラーボックスをテーブルや作業台の代わりにすることも多いので、頑丈なクーラーボックスは非常に便利です。

アルミ製のハンドルが付いているので重い物を入れても大丈夫

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

ハンドルがアルミ製でしっかりしているので、食材で重くなったクーラーボックスを持ち運ぶときも安心です。

サイズ違いのラインナップがあるから選びやすい

クーラーボックスの必要容量は、キャンプスタイル(ソロ、ファミリー、グループ)や宿泊日数、料理をどれくらいするかなどによって大きく変わります。

コストコのクーラーボックス「キャンプゼロ ロトモールド」のシリーズには、今回ご紹介するものの他に10リットル40リットルのサイズ違いも販売されていますので、キャンプスタイル合わせて購入することが可能ですね。

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

筆者はとても気に入っているコストコのクーラーボックス「キャンプゼロ20Lロトモールド」ですが、一つだけ残念なポイントがあります。それは重量が重いことです。

本体だけで6.7kgありますので、保冷剤も含めると8kg以上となります。

さらに食材を入れるとかなりの重量になり、女性やお子様が一人で運ぶのは大変かもしれません。

This article is a sponsored article by
''.