Snow Peak(スノーピーク)が、栃木県鹿沼市にスノーピーク関東初の直営キャンプフィールドを2024年春に開業します。 温浴施設やスノーピーク直営店(物販)、地元事業者の飲食店や食品加工所も併設し、地域の交流や観光を促進していく施設になるとのこと。首都圏から2時間圏内で行けるアクセスの良さも兼ね備えた注目のキャンプ場です。

Snow Peak(スノーピーク)の新しいキャンプフィールドは、温浴施設や食品加工所なども併設

画像: 温浴施設(イメージ)

温浴施設(イメージ)

栃木県鹿沼市は関東一の清流で川遊びや釣りスポットとして有名な大芦川や「小尾瀬」と呼ばれる井戸 湿原など、豊かな自然資源に囲まれながら、首都圏から2時間圏内で行けるアクセスの良さも魅力的な地域です。

当施設は緑豊かな足尾山地の麓に位置します。キャンプフィールドに加え、スノーピーク直営店(物販)や温浴施設、イベント時にも利用できる開放的な多目的広場や中庭も備えます。また、地元事業者の飲食店や食品加工所も併設し、地域の交流や観光を促進していく施設としていことを目的としてます。

スノーピークがこれまで培ってきたアウトドアの知見と、鹿沼市の自然資源を活用し、相互に連携協力しながら、地域の活性化やアウトドアが楽しめる拠点を目指し、更なる魅力向上に寄与します。

This article is a sponsored article by
''.