こんにちは。キャンプで昼酒といえばサッと食べられるソーセージが一番のつまみと思うくにぱぐです。今回は「ソーセージをひたすら美味く食べる」ことをテーマにしてみます。たかがソーセージ、されどしっかり調理すると、今までとは別物の美味さに出会えますよ!

【調理法】ソーセージを一番美味しく食べたいならスキレットで「ゆで焼き」

画像: 【調理法】ソーセージを一番美味しく食べたいならスキレットで「ゆで焼き」

キャンプでソーセージと言うと、上の画像のように、「ナイフで切れ目を付けて、炭火や焚火で焼き上げる」調理法を考える方も多いのではないでしょうか。

確かにこの方法は「キャンプならではの調理法」と言えますし、いわゆるインスタ映え、写真映えもすごくする、魅力的な食べ方だと思います。

ただ、「美味しく食べる」という1点においていうと、残念ながら適切とは言えません。

ソーセージは肉汁を皮の中に閉じ込めてこそ旨みが引き立つ食材。わざわざナイフで切れ目をつけてしまっては、せっかくの肉汁が逃げてしまいます。

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

美味しく食べたいならズバリ「ゆで焼き」一択です。

水分を含ませながら焼き上げることで、肉汁の旨みを逃さず、その上皮がパリッと仕上がるのです。

この方法は焚火でも炭火でも、ガスコンロでもできます。もちろん家でも実践可能です。

ソーセージが収まるサイズのスキレット(あるいはフライパン)があれば、どこでもできる方法なので、早速今日からお試し頂ければと思います。(お子さんのお弁当のウインナーソーセージも、この調理法を行うだけで、確実に美味しくなります!)

This article is a sponsored article by
''.