エイアンドエフ(A&F)のオリジナルブランド『SABBATICAL』(サバティカル)が、キャンプの必須アイテムであるスリーピングバッグを、ダウン製品の老舗『NANGA(ナンガ)』と協業開発です!「Sabbatical Aurora DX」 (サバティカル オーロラ デラックス)「Sabbatical DOWN BAG STD」 (サバティカル ダウンバッグ スタンダード)の2機種が、2021年4月9日より全国のエイアンドエフカントリー各店、オンラインにて発売開始。一足先に編集部でお借りして体験したので、こだわりポイントとともに徹底紹介します!

Sabbatical Sleeping Bag(サバティカル スリーピングバッグ)の特徴

画像1: 撮影地:五光牧場オートキャンプ場

撮影地:五光牧場オートキャンプ場

Made by NANGA:SABBATICAL(サバティカル)のスリーピングバッグは、国内で最も信頼をおける山岳用のスリーピングバッグを製造している寝袋メーカーのNANGA社製です。

NANGAは、1941年から、日本製にこだわり、国内洗浄にこだわった高品質な羽毛を使用し、自社工場で安全性と質にこだわりをもって生産されており、アフターケアも自社工場ならではの【永久保証】を掲げています。

画像2: 撮影地:五光牧場オートキャンプ場

撮影地:五光牧場オートキャンプ場

「一から海外で寝袋を作ることもできましたが、私たちも、お客様へ高品質で安心して長く使える寝袋を作りたいということを第一に考え、NANGA社のモノづくりの思いに共感をし、ご協力頂く経緯となりました。

NANGA社の山岳用の寝袋をベースとし、SABBATICAL(サバティカル)ではキャンプ用としての快適性を一から考え直し、サイズ、ディテールまで考え直し、共同開発を行いました

自信を持って、快適に安心して長くご愛用頂ける商品になっております。」

とのこと。

SABBATICAL (サバティカル)とNANGAの最強タッグのシュラフなので、品質もデザインも間違いないでしょう!

こだわり( 1 ) ◆オリジナルカッティングパターンで「あぐら」がかける!

画像3: 撮影地:五光牧場オートキャンプ場

撮影地:五光牧場オートキャンプ場

キャンプでの快適性を考え、保温性と快適性のバランスを考えながら体の動きを妨げないオリジナルカッティングパターンを、NANGA社と共同開発。

寝返りもしやすく、寝袋に入った状態でも、あぐらをかくことがギリギリできるように設定

こだわり( 2 ) ◆2つの寝袋が連結して使える「カップラー」モデルがある!

画像4: 撮影地:五光牧場オートキャンプ場

撮影地:五光牧場オートキャンプ場

画像: SBT オーロラ450DXカップラー レギュラー

SBT オーロラ450DXカップラー レギュラー

画像: SBT ダウンバック450STD カップラー  レギュラー

SBT ダウンバック450STD カップラー レギュラー

今回発売されるSABBATICAL(サバティカル)のスリーピングバッグには、寝袋を2つ連結できる「カップラー」モデルの設定があります!

親子3人で、または大人2人で寝ることを想定されていて、セットになっている寝袋の1つは右側、もう1つは左側にジッパーがありますので、別々で使用する際にもテント内のレイアウトにかかわらず、ジッパーが中心側に向くように配置できるため、出入りしやすい利点もあります。

また、1個ずつ買うより若干お安い価格で設定されているのも、嬉しいポイント!!

こだわり( 3 ) ◆サイズがSABBATICAL(サバティカル)オリジナル!キャンプでの使い勝手を考えた2サイズ展開

画像5: 撮影地:五光牧場オートキャンプ場

撮影地:五光牧場オートキャンプ場

サイズはNANGA社既存品にはない、SABBATICAL(サバティカル)が考えたサイズのレギュラー、ショートの2種。

ショートは小柄な方、お子様にお勧めです。

Aurora DXはレギュラー:183cmまで ショート:165cmまで。DOWN BAG STDはレギュラー:180㎝まで ショ-ト:165㎝までとなっています。

This article is a sponsored article by
''.