愛知高原国定公園にも指定されていて、豊かな自然環境が市民ならずとも愛されている愛知県豊田市の鞍ケ池公園。同公園にスノーピークが新業態の直営店「スノーピーク 豊田鞍ヶ池(仮称)」を2021年4月以降にオープンします。スノーピークとしては、都市公園内への直営店出店は初めてとのこと。

宿泊体験ができるモバイルハウス「住箱-JYUBAKO-」やウッドデッキサイトも併設

2017年7月に豊田市と包括連携協定を締結していたスノーピーク。包括連携協定とは、自治体と民間企業等が双方の強みを生かしながら課題解決に取り組むことを言います。

直営店は、ハイウェイオアシスに隣接する高台に位置し、キャンプ用品とアパレルアイテムを豊富に取り揃えるほか、レストラン「Snow Peak Eat」を展開。

画像: 住箱

住箱

画像: 住箱内イメージ

住箱内イメージ

美しい芝生に覆われた若草山には、隈研吾とスノーピークが共同開発した“旅する建築”モバイルハウス「住箱-JYUBAKO-」を設置。公園を一望できるロケーションで、気軽にアウトドア宿泊体験を楽しめます。

画像: CAMPING OFFICEイメージ

CAMPING OFFICEイメージ

林間エリアには、手ぶらキャンプを楽しめるウッドデッキも準備。そのほか、屋外で仕事やミーティングができる「CAMPING OFFICE」のサービスも展開予定です。開放的な空間でのワークスタイルを体感することができ、自然と人、人と人のつながりを感じながらワクワク働くことも可能です。

緑豊かな公園の中で、新しいアウトドアを提案する「スノーピーク 豊田鞍ヶ池(仮称)」。これからの展開に期待です!

▼こちらの記事もどうぞ

This article is a sponsored article by
''.