こんにちは!キャンプは断然冬キャンプが好きなくにぱぐです。冬キャンプはピンと張り詰めた冷たい空気の中、静かな時間と薪ストーブ、温かい料理を楽しむのが最高です。汗をかくこともなく、虫もおらず、慣れてしまえば冬はかえって快適なキャンプが過ごせる季節だと言えるでしょう。半面、十分な装備がなければ寒さに苦しむことになり、最悪命の危険すらあります。そこで今回は冬キャンプデビューのためにまず何を揃えればよいのか、を考えていきたいと思います。

【ポイント1】焚火は冬キャンプにとっては「暖房」ではないことを意識しよう

画像: 【ポイント1】焚火は冬キャンプにとっては「暖房」ではないことを意識しよう

冬キャンプにあれば便利な装備はたくさんありますが、十分な資金力・運搬能力があるなら、片っ端から買えばよいだけです。

ただ、現実的にはそういうことができる人は少数派です(夏のキャンプより必要なものが多く、お金もかかるのが冬キャンプです)。

ですので、
「まず何から買えばよいか」
「何があればとりあえず冬キャンプに行けるのか」
その辺りに話を絞って考えていくことにします。

まず、キャンプで生活をする場所と行動を大まかに分けて考えてみましょう。

(1)屋外で食事や焚火をする時間。
(2)テント内で食事や会話をする時間。
(3)テント内で就寝する時間。

概ね以上の3つだと思います。

このうち重要なポイントとして
「(1)を行う時間は意外と短く、風が強かったり天気が悪ければ、まったくできない可能性もある」
ということをまず把握しておきましょう。

特に冬場は風が強い日が多く、キャンプ場側の規制で焚火を禁止されてしまう事も少なからずあります。

従って、「焚火や炭火は暖房としてアテにはならない」ということになります。

焚火は快調に使えるなら極めて暖かいものではありますが、その場を離れることもできず、一晩ぶっ通しでできるわけでもなく、就寝中役に立つことはないので、そもそも暖房とは見なさないほうがよいと思います。

【ポイント2】テント内外で使えるストーブは冬キャンプでは重宝するが、過信は禁物

画像: 【ポイント2】テント内外で使えるストーブは冬キャンプでは重宝するが、過信は禁物

上記の(1)(2)、あるいは(3)まで含めて役に立つのが、灯油ストーブや薪ストーブ、カセットガスストーブです。

画像1: 手軽に!安全に!初心者向け冬キャンプデビュー講座
アルパカ ストーブ Alpaca 石油ストーブ 灯油ストーブ TS-77A 並行輸入品 自動消火装置付
※こちらの商品ページは即日発送に対応しております。当日または翌日発送致します。
※検品し発送致しますが、輸送中の破損に関しましては責任を負いかねますのでご了承下さいませ。
※本体のみです。(カバーや芯は別途お買い求め下さいませ。)
※ご不明な点は、お気軽にショップページからメールにてお問合せ下さいませ。
¥42,800
2021-01-05 17:26
画像2: 手軽に!安全に!初心者向け冬キャンプデビュー講座
イワタニ カセットガスストーブ ハイパワータイプ デカ暖 CB-CGS-HPR
ガス消費量:約98g/h
連続燃焼時間:約2時間30分
点火方式:圧電点火方式
安全装置:不完全燃焼防止装置、立消え安全装置、転倒時消火装置、圧力感知安全装置
容器着脱方式:マグネット方式
¥18,571
2021-01-05 17:27

「テント内での使用は禁止(あるいは自己責任)」という側面はあるにせよ、テントの内外いずれも暖めることが可能で、換気にさえ気をつけていれば就寝中の使用も可能ですから、冬キャンプの強い味方だと言えます。

なお、一般的に暖かい順として「薪ストーブ>灯油ストーブ>カセットガスストーブ」とされていますが、これは大きさなどにもよります。

小型の薪ストーブなどでは、大きなテントはまったく暖まらないこともありますし、灯油ストーブでも「対流型」と呼ばれるタイプのものだと、暖まりづらいと言われています

ストーブ類はそれ自体、火を眺めたり、調理をしたりと、多目的に使えるギアであり、「何をしたいか?」を含めて購入を検討すべきです。

その上であくまでも暖かさのみを求めるなら、比較的どのような条件でも使いやすく、手軽で、暖房効率の高い「反射型」と呼ばれるタイプの灯油ストーブがベストでしょう。

代表的なキャンプ向けの商品としては、日本製の「フジカハイペット」や韓国製の「アルパカ」があります。

ただし、フジカハイペットは完全な受注生産制で作られており、現在注文から商品が届くまで1年半以上の時間がかかるという問題があります。

これらのストーブ類を使う場合、換気や火災には十分な注意が必要であり、一酸化炭素センサーや消火器を用意しておく必要もあります

画像3: 手軽に!安全に!初心者向け冬キャンプデビュー講座
JFEIBLUE一酸化炭素チェッカー一酸化炭素チェッカー キャンプ用火災警報COガスセンサー安全警告LCDデジタルディスプレイ煙探知機高感度中毒アラーム検出器セキュリティ用品
本製品は一酸化炭素濃度を測定し、警告することができ、耐火ABSエンジニアリングプラスチックを使用します。シンプルかつ精巧なデザインで、高い技術力を持つ高品質製品です。高精度チップ、ほかの気体の影響を避けます。デュアルセンサーで自動的にガスを検知します。
一酸化炭素中毒を避け、大切な家族の命を守り、高度な技術力による警戒レベルを持つ優れた警報器だ。暗い場所でも、LCDデジタルディスプ表示されたデジタル数字を一目で一酸化炭素の数値がわかりますアラーム警告
安全かつ省電力:低電流、超長時間スタンバイ、単3電池3本(別売)高効率省エネ、小型・軽量、使いやすい。電池残量が少なくなると音声と液晶モニ...
¥1,980
2021-01-05 17:28

そして極めて重要な話ですが、これらのストーブ類も気象条件によっては使えない時があります

ストーブ類は強い風が吹くと(例えテント内と言えども)、失火や逆流といったトラブルが生じやすくなり、暖房効率はみるみる低下していきます。

ひどい場合、使用を見合わせないといけないケースが出てきます。

また、薪ストーブをテント内で使用している場合、雨天時もやはり使えなくなることがあります。

当然、風雨になれば気温は下がります。

むしろストーブを使いたいという状況で使えなくなりますので、ストーブを過信することは禁物だと言えます。

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.