「自然にあるもので火を起こし、キャンプを楽しむ」というブッシュクラフトスタイルのキャンプが人気を集めています。しかしこれからブッシュクラフトを始めようとしている方の中で、「どのナイフを購入したらいいのか分からない」という人もいると思います。今回は、アウトドアライターである筆者が実際に愛用しているブッシュクラフトナイフについてご紹介します。ぜひ参考にしてください。

そもそもブッシュクラフトって何? ブッシュクラフトとサバイバルの違いを解説!

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

ブッシュクラフトとは「生活の知恵」の総称とされており、アウトドアスタイルのひとつ。難しく思うかもしれませんが、自然の中にあるもので生活をする技術、行為のことをブッシュクラフトといいます。

具体的には、ライターを使わずに専用のアイテム(メタルマッチ等)で、枯れ葉や小枝、薪を使い火を起こして食事を作ると、ブッシュクラフトスタイルと言えます。

逆にサバイバルというのは、生き抜く&帰還することを目的としたもの。ブッシュクラフトと似ていますが、そもそもの目的が異なるのです。

モーラナイフ『コンパニオンMGステンレス』は入門ナイフとしておすすめ

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

筆者が長年愛用しているブッシュクラフトナイフは、モーラナイフ『コンパニオンMGステンレス』というナイフ。

入門用として人気が高く価格も安いので、初めてブッシュクラフトナイフを購入する人におすすめできるナイフのひとつです。

モーラナイフというブランドは、創業125年のスウェーデンを代表するナイフブランドです。アウトドアシーンのみならず日常生活で使う包丁なども展開しており、世界中の愛用者からの信頼されています。

アウトドアライターである筆者もそうですが、人気が高く、多くの人が愛用しているということが、購入を決める理由のひとつになるのではないでしょうか。

画像1: アウトドアライター愛用! モーラナイフの『コンパニオンMGステンレス』がおすすめなワケ
モーラ・ナイフ Mora knife Companion MG (ステンレス)
ブレード素材:ステンレススチール ハンドル素材:ラバー
刃体の長さ:約10.4cm 全長:約21.9cm 刃厚:約2.5mm 重量:約84g(ナイフのみの重量)
付属品:プラスチックシース 生産国:スウェーデン
※正当な理由なくこの商品を携帯することは法令により禁止されております。
※18歳未満の方はこの商品を購入しないようお願いします。
¥2,090
2021-01-05 0:22

握りやすいグリップが手にフィットする!

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

モーラナイフの一番のポイントは、ナイフの握りやすさ。ナイフを持つと手に馴染むのが使いやすい理由のひとつです。

ナイフの中には自分の手に合わない形をしているのもあるのですが、『コンパニオンMGステンレス』は女性の手にもフィットするのでおすすめなんです。

以前、自分の手にフィットしないナイフを使ったことがあるのですが、合わないナイフを使うと、食材をカットするだけでもストレスを感じるんです。

手にフィットする『コンパニオンMGステンレス』は、ストレスを感じることなく、フェザーステック作りはもちろん、食材のカット等いろんな作業ができるんですよね。

刃が厚いから小ぶりな薪であればバドニングが可能!

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

普通のナイフでは刃こぼれする可能性の高い薪割り法、バドニングも、『コンパニオンMGステンレス』があれば簡単にできます。

その秘密は、ブレード(刃)が約2.5mmと厚く、バドニングで使うことを考えられているから。

ブレードが薄いナイフでバドニングをすると、ナイフが突き刺さるだけで終わってしまいますが、『コンパニオンMGステンレス』のように厚いと上手にバドニングができるのです!

This article is a sponsored article by
''.