withコロナの日常で注目されているアウトドア。よく晴れた青空が広がる日には外でのご飯が美味しいですよね。そんな外ご飯ををさらに充実させる特別なアイテム『おもひでフォーク』『おもひでスプーン』を紹介します。小さなお子さんのいるファミリーキャンパーは要チェックです。

その日、その場所でしかできないオンリーワンのフォーク&スプーン

今商品の誕生は、メッキ加工を行う職人が、趣味ではじめたキャンプへ行った際、意外と冒険が少なく、よりワイルドな体験をしたいと思ったことがきっかけ。

画像1: その日、その場所でしかできないオンリーワンのフォーク&スプーン

おもひでフォーク / おもひでスプーン 価格 :1.Standard 各¥1900 / 2.Mini 各¥1800(ともに税別)
【SPEC】
サイズ:1.(約11.5cm × 約2.5cm)(約11.0cm × 約4.0cm)、2.(約9.5cm × 約1.8cm) (約9.0cm × 約3.0cm)

この「フォーク」と「スプーン」、一見すると持つ部分となる「柄(え)」がありません。ではどうするかというと、接続部分が「ねじ」になっており、山やキャンプ場で枝を調達してねじねじ刺せば、「柄」が完成してオリジナルのフォークやスプーンに早変わりします。

画像2: その日、その場所でしかできないオンリーワンのフォーク&スプーン

大人が食事の準備をしているときに子どもたちに枝を拾ってきてもらうなど、食事そのものをアクティビティに変えるアイテムです。しかも高品質な金属加工技術を誇る、燕三条製のため品質も文句なし!

画像3: その日、その場所でしかできないオンリーワンのフォーク&スプーン

まさに一期一“柄”とでもいうべき、その土地でしかつくれないフォークやスプーンになることでしょう。これまでにない新しいアウトドアの過ごし方をお楽しみください!

お問い合わせ:シブヤメッキ http://shibuyamekki.com/info/

This article is a sponsored article by
''.