みなさんこんにちは、のざるです。『おぎやはぎのハピキャンシーズン17』(メ~テレ制作)、2021年一発目の放送では、なんとおぎやはぎのお二人がプレゼンキャンパーとして番組を盛り上げます! 15回以上のキャンプを通じてプレゼンするのは、「グループキャンプのススメ」。同じ事務所のメンバーとグルキャンを楽しむ今回の放送では、どんなギアが登場するんでしょうか。さっそくチェックしていきます!

Coleman(コールマン)  エクスカーションティピー325

画像1: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

今回ベース基地となるテントは、コールマンが発売するエクスカーションティピー325です。

画像2: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

エクスカーションティピー325の特徴は、複数のポールを組み合わせて設営するものではなく、ポール1本で設営ができるワンポールテントということです。

筆者も利用しているトンネル型2ルームテントは、比較的設営が簡単ではありますが、ワンポールテントよりもポールの本数は多く重さもあります。

対してワンポールテントは、名称の通り1本のポールで設営できる構造なので、重くなく持ち運びも設営も楽なんです。

画像3: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

また、一般的なワンポールテントと違い、エクスカーションティピー325にはちょっとした前室があり、メインポールの他にフロントポールを使用することで、庇(ひさし)ができるような仕様になっています。

画像4: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

大久保さんと小木さんが取り付けているのが、フロントポールです。

靴を置いたり、出入りの際に雨の浸入を防いでくれる役割を果たしてくれます。

画像5: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

テント下部にスカートはついていませんが、フルクローズが可能なので、テント内への風の侵入を軽減できます。

定員は3~4人向けと決して大きなサイズではありませんが、2万円前後で購入できる魅力的な価格設定と、設営簡単な手軽さから、キャンプ初心者にもおすすめできる人気のテントとなっています。

【製品仕様】

サイズ:使用時/約325×230×200(h)cm、収納時/約直径16×60cm
重量:約6kg
耐水圧:フライ/1500mm、フロア/1500mm
定員:3~4人
材質:フライ/75Dポリエステルタフタ(UVPRO、PU防水、シームシール)、インナー/68Dポリエステルタフタ(撥水防水)、フロア/75Dポリエステルタフタ(PU防水、シームシール)、メインポール/スチール(約直径19mm)、フロントポール/FRP(約直径11mm)
仕様:前室、後室、メッシュドア、ベンチレーション、メッシュポケット、コード引き出し口、ランタンハンガー、ストームガード
付属品:ペグ、ロープ、収納ケース
※ハンマーは付属されていません。

画像1: 【ハピキャンギア紹介】おぎやはぎがプレゼンキャンパーに!? 「グループキャンプのススメ」に登場するギアをチェック!
コールマン(Coleman) ワンポールテント エクスカーションティピ 325 3~4人用
¥27,800
2020-12-06 22:20

NEMO(ニーモ) スターゲイズ リクライナー ラグジュアリー

画像6: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

スターゲイズリクライナーラグジュアリーは、軽量ギアを多数取り扱うNEMO(ニーモ)が発売する、新感覚のキャンピングチェアです。

一般的なチェアとは異なり、体を預けるだけでリラックスできる位置まで自動的に背もたれが倒れるオートリクライニング機能を持っているんです。

画像7: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

体験する矢作さんの表情にご注目ください!

画像8: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

まるでハンモックに揺られて寝ているかのような感覚で、自然な揺れを楽しめる、新感覚のキャンピングチェアに仕上がっています。

画像9: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

座面は吊り下げ式です。地面に直接置くロッキングチェアなどとは異なり、地面のコンディションに左右されないのも特徴のひとつです。

画像10: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

使い方はいたって簡単。フレームに座面を取り付けるだけのシンプルな構造です。間口の広い持ち運び用のキャリングケースも付属しているため、収納にも困りません。

画像11: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

高さ調節が可能なヘッドレストや、カップホルダー、スマートフォンなどの小物収納に便利なスタッシュポケットを備え、使用時の快適さを向上させる工夫が各所に散りばめられています。

画像12: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

ハンモックのように寝転がれるほどの大きさはありませんが、コンパクトかつリラックスできるチェアとしては非常に優秀です。

キャンプのリラックスギアとして取り入れてみるのも良いかもしれませんし、自宅でのリラックスチェアとして使うのもいいかもしれませんね!

【製品仕様】

使用サイズ:約W92×D68×H112㎝
収納サイズ:約W60×D17×H17㎝
本体重量:約3.3kg
耐荷重:136kg
シート素材:ナイロンメッシュ

画像2: 【ハピキャンギア紹介】おぎやはぎがプレゼンキャンパーに!? 「グループキャンプのススメ」に登場するギアをチェック!
(ニーモ) NEMO スターゲイズリクライナーラグジュアリー NM-STGLX-GP
2020-12-06 22:29

HangOut (ハングアウト)  クランク スタッキング ラック

画像13: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

日本発のインテリアブランドであるHang out(ハングアウト)が発売するクランク スタッキング ラックは、ギアの収納量に合わせて使い方を変化させることのできるラックです。

画像14: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

オーク素材の天板は、70×45cmという大きすぎず小さすぎない適度なサイズ感。

1段で耐荷重は約20kg。最大3段まで重ねて使うことができます。

また、ソロキャンプでは調理台や食事テーブルとして、ファミリーキャンプではクーラーボックスを置くなどサブテーブルとして使うこともできます。

画像15: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

ブラックカラーのアイアンフレームに、ナチュラルな木製天板の色合いがとてもマッチしていて、見た目にもとってもおしゃれです。アイアンタイプなので熱いナベやフライパンを置くことも可能です。

自宅でキャンプギアの収納棚として使い、見せる収納を楽しんでみるのもいいかもしれませんよ!

【製品仕様】

サイズ:幅90×奥行36×高さ32.5cm
重さ:3.5kg
素 材:天板/スチール 粉体塗装(ブラック)
フレーム/スチール 粉体塗装(ブラック)
付属品:天板×1、脚フレーム×2、ベルト×2

画像3: 【ハピキャンギア紹介】おぎやはぎがプレゼンキャンパーに!? 「グループキャンプのススメ」に登場するギアをチェック!
HangOut (ハングアウト) クランク スタッキング ラック Crank Stacking Rack (Iron)
サイト内をシンプルかつトータル的にコーディネートできる特徴的なデザインの『クランクシリーズ』
スタッキングラックは収納量に合わせて増設してキャンプギアを使いやすく収納したり重ねて使うことで、カウンターテーブルのように使えるマルチアイテム。
スタッキングする際は付属のベルトで上下を連結。コンパクトなサイズに収納も可能です。
2020-12-06 22:44
ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.