キャンプなどのアウトドアシーンで使用されるストーブですが、サッと使いたいときにはガスストーブがおすすめです。中でも筆者が使っているカセットガス式のストーブ『SOTO レギュレーターストーブFUSION ST-330』がとても便利なので、ご紹介します。これからストーブの購入を検討している人は、ぜひご参考にしてください。

ストーブは液体燃料とガス式の2種類! カセットガス式のストーブは燃料の運搬が簡単でキャンプに最適

画像: ストーブは液体燃料とガス式の2種類! カセットガス式のストーブは燃料の運搬が簡単でキャンプに最適

ストーブには、ガソリンや灯油などを使う液体燃料のものOD缶やCB缶を使うガス式のものがあります。

液体燃料を使うストーブは、比較的高所など過酷な環境で使用する際にとても便利ですが、燃料の運搬や取り扱いがガス式に比べると少し難しいです。

一方ガス式ストーブは、燃料の運搬が液体燃料に比べて比較的簡単一般的なキャンプ場などで使う分には全く問題ありません

【ストーブの種類と特徴まとめ】

  • 液体燃料のもの……過酷な環境でも使えるが運搬や取り扱いがやや難しい
  • ガス式のもの……一般的なキャンプ場で使うのに最適で運搬も簡単

今回は、実際に筆者が使っているおすすめのガス式ストーブ『SOTO レギュレーターストーブFUSION ST-330』をご紹介します。

SOTOの『レギュレーターストーブFUSION ST-330』はカセットガス式ストーブ! 基本スペックを紹介

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

筆者が使っているのは、SOTO『レギュレーターストーブFUSION ST-330』という、CB缶を燃料とするストーブです。もともと液体燃料やOD缶のストーブを所有していたのですが、CB缶のストーブが欲しく、いろいろ調べた末、SOTOの『レギュレーターストーブFUSION ST-330』が一番自分の使いたい用途にぴったりだと判断し、購入しました。

アウトドアシーンでお湯を沸かしたい時はもちろん、キャンプ料理を作るときにも大活躍してくれていますよ!

実際に『レギュレーターストーブFUSION ST-330』がどんな機能を採用しているのか、くわしくご紹介していきます。

画像1: カセットガス式のSOTO『レギュレーターストーブFUSION ST-330』を紹介! キャンプにおすすめ
SOTO(ソト) レギュレーターストーブ FUSION(フュージョン) ST-330
本体サイズ:幅41×奥行12×高さ9cm、重量245g(本体のみ)
収納時サイズ:幅11×奥行7.5×高さ9cm
発熱量: 2.9kW(2,500kcal/h) ※気温25℃無風状態で点火後から5分間の燃焼データより算出。
使用時間:約1.5時間(ST-760 1本使用時) 気温25℃無風状態で点火後から30分間の燃焼データより算出。
使用容器: 新富士バーナー、SOTO製品専用容器(ボンベ)
点火方式:圧電着火方式
¥9,280
2020-11-30 16:13

【スペック】

  • 外形寸法:
    幅410×奥行120×高さ90mm(使用時・本体のみ)      
    幅110×奥行75×高さ90mm(収納時)
  • ゴトク径:165mm
  • 重量:250g
  • 発熱量:2.6kW(2,200kcal/h)※1
  • 使用時間:約1.5時間(ST-760 1本使用時)※2
  • 使用容器:新富士バーナー、SOTO製品専用容器(ボンベ)
  • 点火方式:圧電着火方式
     ※1 気温25℃無風状態で点火後から5分間の燃焼データより算出。
     ※2 気温25℃無風状態で点火後から30分間の燃焼データより算出。

『レギュレーターストーブFUSION ST-330』は安価なCB缶を採用! 注意点はSOTOの燃料のみ使うこと

画像: 筆者撮影は

筆者撮影は

まずは、一番のポイントであるカセットガス(CB缶)燃料を採用しているということ。

ガスには、アウトドア缶(OD缶)とカセットガス(CB缶)がありますが、カセットガスの方が価格が安く、ホームセンターなどでもすぐに調達できるのがメリットなんです。

アウトドアシーン燃料を忘れてしまったとき、近くのお店で購入できる燃料が使えるストーブだと助かりますよね。

ただし、『レギュレーターストーブFUSION ST-330』で使えるカセットガスは、SOTOが販売している『パワーガスST-760』もしくは『レギュラーガスST-700』ではなければいけません。違うメーカーのカセットガスを使用し、ストーブ使用中に万が一トラブルがあった際は、保証対象外になってしまうからです。

画像2: カセットガス式のSOTO『レギュレーターストーブFUSION ST-330』を紹介! キャンプにおすすめ
ソト(SOTO) パワーガス 3本パック ST-760 [HTRC 2.1]
本体サイズ:幅20.5×奥行6.5×高さ21cm
本体重量:1.3kg
原産国:日本
(1本当たりの)サイズ:直径69×高さ195mm
(1本当たりの)ガス容量:240g
¥632
2020-11-30 16:19

SOTOのガスカートリッジは、ホームセンターで取り扱いされているところが比較的多いです。『レギュレーターストーブFUSION ST-330』を使う際は、SOTOの専用のガスカートリッジを使いましょう!

This article is a sponsored article by
''.