「メインランタンはあるんだけれどサブランタンが欲しいな〜」と考えている人はいませんか? サブランタンでも、できれば明るくてコンパクトなものを……という人におすすめするのは、SOTOの『レギュラーランタン ST-260』です。実際に筆者が愛用しているので、詳しく『レギュラーランタン ST-260』の魅力をご紹介します! これからサブランタンの購入を考えている人は、ぜひご参考にしてくださいね。

カセットガス式のランタン! SOTO『レギュラーランタン ST-260』が使いやすくておすすめ!

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

今回ご紹介するのは、SOTOが展開している『レギュラーランタン ST-260』です。カセットガス式のランタンなので、ガソリンや灯油を燃料とするランタンに比べて持ち運びしやすいことや、取り扱いが簡単なことが魅力のひとつ。

万が一使用中にガスが切れたときは、新しいカセットガスをセットすればすぐにまた点灯できるのがとても楽チン。しかも、SOTOのカセットガスは比較的手に入りやすいため、キャンプ場へ向かっている最中に、ホームセンターなどで補充することもできます!

また安定した明かりがテーブルを優しく照らしてくれ、雰囲気も◎! 『レギュラーランタン ST-260』は、すでにメインランタンがあってサブランタンを探している方にもぴったりのアイテムですよ〜!

画像1: サブランタンを探している人におすすめ! 筆者愛用のSOTO『レギュラーランタン ST-260』をご紹介!
レギュレーターランタン ST-260 キャンプ アウトドア ガスランタン 照明 キャンプ用品 新富士バーナー(SOTO) 【送料無料】
新富士バーナー(SOTO) レギュレーターランタン ST-260 本体サイズ 使用時:幅10×奥行13×高さ15cm収納時:幅6.5×奥行10.5×高さ15cm重量:247g(本体のみ) 材質 メッシュホヤ・燃焼塔・器具栓つまみ:ステンレスボンベホルダー・点火スイッチ:樹脂 仕様 ●原産国:日本 商品説明 ●マイクロレギュレーター機能を身にまとったテーブルランタン●ロースタイルな本体デザインと重なり、夜のテーブルを優しく照らし続ける●付属品:専用収納ケース、マントル1枚付(ボンベは付属しておりません)●使用燃料:SOTO製品専用容器●照度:150ルクス(ST-760使用時)●使用時間:約...
¥ 6,380
2020-11-30 15:32

SOTOのレギュラーランタンは光量バツグン! ソロキャンプではメインとしても使える!

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

サブランタンとして購入し使ってみた感想は「思ったよりも明るい!」というものでした。

というのも、お家の前で一人焼肉をしたとき、メインランタンを出すのがめんどうで、『レギュラーランタン ST-260』のみを使ったんです。手元の七輪はもちろん、辺りを柔らかい光でしっかりと照らしてくれたのです。

庭キャンをはじめお家の前でこじんまりとBBQをするときはもちろん、ソロキャンプでしっぽり過ごしたいときには「メインランタンとしても使えそうだな!」というのが率直な感想です。

後日、実際のキャンプシーンで、本来の目的であるサブランタンとして使いましたが、テーブルランタンとしては十分すぎるくらい明るく大満足。サブランタンとしてはもちろん、小規模なキャンプであればメインとしても使えるくらい光量があるので、購入して大正解でした!

耐久性のあるメッシュのホヤを採用! SOTOのレギュラーランタンは万が一落下しても壊れにくいのが嬉しい!

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

ランタンのホヤにはガラスを採用しているものが多いのですが、SOTOの『レギュラーランタン ST-260』はメッシュ製のホヤを採用しています。メッシュ製のホヤを採用することで、壊れにくくなっていますよ!

実際に筆者は使用の際にローテーブルから落下させてしまったことがあるのですが、メッシュ製のホヤは割れることなく、中のマントルが破けることもありませんでした

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

また、運搬時にもそこまで気を使わなくて良いこともポイントです。ガラス製のホヤの場合は、割れないよう専用のケースに収納し持ち運びますが、『レギュラーランタン ST-260』は収納袋に入れるだけでOK! 割れを気にしなくてもいいんですよ!(※重いものの下に収納するなどはNGです)

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.