「グッドデザイン賞」など数々の賞を受賞しているSnow Peak(スノーピーク)の「HOME&CAMPバーナー」。デザイン性はお墨付きですが、実際使用してみてどうなのか?本当に外でも家でも使い勝手がいいのか?徹底レビューしたいと思います。

【良い点】Snow Peak(スノーピーク)のHOME&CAMPバーナーを実際使用して素晴らしかった点

家でもキャンプでも、我が家では本当によく使っているこのHOME&CAMPバーナーですが、まずは素晴らしい点をまとめてご紹介していきます!

携帯性:文句なく100点

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

通常、家で使用する卓上のカセットコンロは四角いカタチのモノが主ですが、Snow Peak(スノーピーク)のHOME&CAMPバーナーは持ち運びが簡単にできるように折り畳み式でカタチがトランスフォーマします。

その画期的なカタチの変化は素晴らしい!しかも、トランスフォーマするだけでなく、使用しないときは、五徳のゴチャゴチャした部分が収納できコンパクト。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

畳んだ時の大きさは90×120×255ミリ。凸凹がなく、収納時は一見何の家電かわからないほどスタイリッシュ。バックに入れて運ぶ時もスムーズに入れられます。

デザイン性:文句なく100点

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

「グッドデザイン賞」を取るだけあり、デザインインはどのバーナーよりもスタイリッシュ。

収納時はコンパクトなので片付けるのも楽ちん。立てて置けるので、棚に置いていても絵になります。色もブラック、カーキー、シルバーとどんなインテリアにもマッチする色合いです。

汚れにくい

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

カセットロコンロは五徳が汚れやすく、しかも掃除しにくいモノが多いですが、これは五徳が収納できるスッキリとした設計で汚れにくいです。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

ケースも汚れてもふき取ればきれいになるので、外で使用して汚れても、掃除がしやすいです。

使い勝手もよし!ただし、ちょっとコツが必要

収納型から変化させるときは五徳を出し、

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

本体の裏にある小さなボタンを押しながらくるっと回転させなければならないため、トランスフォーマする方法が少々手間取る部分があります。

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

画像: 筆者愛用

筆者愛用

しかし、慣れると簡単。ただし、無理に動かしてしまうと壊れてしまう恐れがあるので、カタチを変えるときは慎重に動かさなければなりません。

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

また、ガス缶が入る本体部分の素材が薄いため、落としたりすると本体が凹んだりする恐れがあるので、その点も注意が必要です。

画像1: 【徹底レビュー】Snow Peak(スノーピーク)のHOME&CAMPバーナーは、携帯性バツグンで家でもキャンプでも素晴らしく優秀なんです!筆者も愛用するHOME&CAMPバーナーを徹底レビューでご紹介
スノーピーク(snow peak) HOME&CAMPバーナー ブラック GS-600BK
材質:ステンレス、スチール、アルミニウム合金、ブラス、樹脂、ゴム
収納サイズ:90×120×255(h)mm
重量:1.4kg
五徳をコンパクトに収納できる構造をもった、卓上ガスコンロ。
直立するので、キッチンスペースでも収納に場所をとらず、インテリアにも馴染みやすいカラーリングに仕上げました。
輻射熱を考慮して、必要十分の高さを保っているので、卓上でも使用することができます。
¥10,978
2020-11-12 19:13
ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.