100年以上の歴史がある真空ボトルのパイオニアブランド「Stanley(スタンレー)」。ハンマートングリーンカラーの武骨な真空ボトルは有名ですが、コーヒーギアも優良商品がずらり!今回は、今年販売され話題になっているコーヒードリッパーをはじめ、コーヒーラバーも納得する!スタンレーのコーヒーギアを紹介したします。

Stanley(スタンレー)の魅力は?

スタンレーの魅力は何といっても抜群の保冷&保温力。そして、武骨なかっこよさ。ゴツゴツしたメタル感が魅力の「クラシックシリーズ」、日常使いにぴったりの「ゴーシリーズ」、シリーズ最高峰の耐久性&保温性を誇る「マスターシリーズ」など、アウトドアで活躍するギアがずらり。その中にはコーヒー好きが愛用しているコーヒーギアも多く、アウトドアだけでなく家でも活用できます。

【その1】フィルター不要!スタンレーの新商品コーヒードリッパー「クラシックプアオーバー」

アウトドア用のコーヒードリッパーは、コンパクトで折り畳めるものが増えましたが、スタンレーはそんな流行を追わず、スタンレーらしい武骨でがっちり!一度に0.6リッター入る大量ドリッパーです。底に取り外しができるフィルターが付いており、紙フィルターは不要。入れ方は簡単で、ドリッパーにコーヒー粉を入れて、お湯を注ぐだけ。重そうに見えますが、ステンレス製で見た目以上に軽く、重量は290グラム。

ドリッパーだけでなく、これを乗せられるマグカップとセットになったモノも販売。本場アメリカでは売り切れるほど人気で、アウトドアだけでなく、家使用でも活躍します。

画像1: 【筆者愛用】コーヒーラバー向け★武骨でクールなStanley(スタンレー)のコーヒーギアおすすめ3選+α
★STANLEY スタンレー クラシックプアオーバー【The Perfect-Brew Pour Over】 0.6Lフィルター コーヒー ドリッパー ステンレス ノンフィルター アウトドア キャンプ 食洗器使用可 BPAフリー
商品名 The Perfect-Brew Pour Over 0.6L ブランド 創業100年を越える確かな品質。 1913年、アメリカで生まれたサーマルウェアブランド、「STANLEY(スタンレー)」。 創業100年を越えたスタンレーの商品は、孫の代まで使えるといわれ、今もなお、変わらないデザインで、世界中の人々に愛され続けています。保温効果が高く、とても丈夫で耐久性が高い水筒の他、今ではフードジャーやマグ、クッカー、クーラーボックスなど様々な商品が発売されています。 一生物のボトルを。STANLEY Since1913. SPEC製品仕様 ■サイズ:幅約12.9cm 高さ約11.9c...
¥ 4,000
2020-10-12 12:18

【その2】簡単にコーヒーが作れ、持ち運べる「トラベルマグフレンチプレス」

1つでフレンチプレス+真空ボトルの2役をこなす保冷、保温抜群のボトル。ハンマートングリーンカラーで見た目もクール。野外で簡単にこれ1つでコーヒーを作ることができ、コーヒーのカスもその場で出ず自然にも優しいボトル。

使い方は普通のフレンチプレスと同じく、コーヒー粉を入れ、お湯を注ぎ2分ほど蒸らし、その後ゆっくりプレスをするだけ。コツはお湯をいっぱい入れすぎないことと、プレスをゆっくりすること。山でも簡単にフレッシュなコーヒーが淹れられ、そのままボトルを持ち運び、アツアツのコーヒーをいつでも飲むことができます。プレスを外せば、ボトルとしても使用可能。

画像2: 【筆者愛用】コーヒーラバー向け★武骨でクールなStanley(スタンレー)のコーヒーギアおすすめ3選+α
STANLEY(スタンレー) 真空トラベルプレス 0.47L グリーン 01855-005 (日本正規品)
サイズ:幅78×高さ238×本体径95mm
重量:540g
材質:本体・フィルター/ステンレス鋼、フタ・プレス本体/ポリプロピレン、パッキン/シリコン
容量:0.47L
保温・保冷時間(目安):【保温力】4時間/60度以上、【保冷力】5時間/10度以下
原産国:中国
2020-10-12 12:32

【その3】ケトルとしても使えるスタンレーの「パーコレーター」

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

コーヒー好きでキャンプ中に1日何杯もコーヒーを飲む筆者。1回ごとにドリップしてコーヒーを淹れるのが面倒だな~と思っていた時に出会ったのがスタンレーのパーコレーターです。

パーコレーターとはお湯を沸かしながらコーヒーを作れるケトルのこと。コーヒーを淹れるときに必要なドリッパーやフィルターは不要で、1度に大量にコーヒーを作ることができます。スタンレーのパーコレーターは一度に6杯分のコーヒーが作れ、私は大量に作って魔法瓶にいれて1日中ホットで飲んでいますが、暑い日はアイスにすることも可能。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

バケットの穴がさほど細かくないので、コーヒーの粉はちょっと粗目にブラインドするのがコツです。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

パーコレーターのバケットをとれば、お湯を沸かすケトルとしても使用でき、キャンプのとき重宝します。

画像3: 【筆者愛用】コーヒーラバー向け★武骨でクールなStanley(スタンレー)のコーヒーギアおすすめ3選+α
Stanley クールグリップキャンプパーコレーター - 6カップ One Size :YS0000014915574998:アネックス - 通販 - Yahoo!ショッピング
Stanley クールグリップキャンプパーコレーター - 6カップ One Size:ys0000014915574998:Stanley クールグリップキャンプパーコレーター - 6カップ One Size - 通販 - Yahoo!ショッピング

【+α】コーヒーセットを持ち運ぶ入れ物もスタンレーで統一!「ランチボックス」

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

一見、工具入れのように見えるスタンレーのランチボックス。開けると蓋部分に留め金があり、その部分にスタンレーの0.75リットルの真空ボトルが入るようになっています。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

このボックスにお湯を入れたボトル、ドリッパー、マグ、コーヒー粉、フィルターとコーヒーのセットを入れておけば、外でも美味しいコーヒーを淹れ飲むことが可能。程よい大きさで、キャンプでは調味料入れにしたり、家では収納ボックスとしても活用できます。

画像4: 【筆者愛用】コーヒーラバー向け★武骨でクールなStanley(スタンレー)のコーヒーギアおすすめ3選+α
スタンレー stanley クラシックランチボックス 9.4L :ielabo100438:イエノLabo. - 通販 - Yahoo!ショッピング
STANLEYシリーズで唯一の収納BOXが完全限定生産として復活!!そして、よりクラシック感の強いネイビーも新色として追加いたしました。容量9.4L、大容量サイズのギアコンテナBOX。蓋の裏側は、ドーム型の形状と留め具によってボトルの収納が可能に。【クラシック真空ボトル0.75L】がちょうど入るサイズとなります。水筒とお弁当・おやつを入れて、ドライブやお出かけのおともに。キャンプでは、細々とした調味料やギアなどの収納にも。強度と頑丈性を兼ね備えた掛け金、掴みやすい取っ手付きで持ち運びも楽々。屋外はもちろん、自宅での収納兼インテリアとしても使える汎用性の高いアイテムです。深さがあるので背の高いアイテムも入れやすく、頑丈なスチール製は、外の衝撃から中身守ってくれます。幅330×高さ254×奥行165mm/約1.68kg 容量9.4L生産:中国材質本体・フタ:スチール(冷間圧延鋼板、SPCD)ハンドル(持ち手部分):ポリプロピレン、ハンドル:ステンレス掛け金・蝶番:スチール(冷間圧延鋼板、SPCC)本体内部金具:スチール(65Mn)

スタンレーをもって秋の行楽地でも美味しいコーヒーを!

Go Toトラベルキャンペーンも始まり、秋は行楽シーズン。ソーシャルディスタンスが保ちながらコーヒーを片手に自然を思いっきり楽しみましょう。

▼こちらの記事もどうぞ

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.