今回ご紹介するのは山梨県の山中湖のほとりにある「the508(旧:撫岳荘(ぶがくそう)キャンプ場)」です。紅葉が始まるこれからの季節におすすめの、グルメとキャンプを同時に楽しめるとっておきのキャンプ場をご紹介します。

「the508(旧:撫岳荘キャンプ場)」の特徴

画像1: 読者撮影

読者撮影

「撫岳荘」は山中湖畔にある老舗の宿です。約4万平米ある広大な敷地にはトレーラーハウスやキャンプ場もあり、豊かな自然の中でキャンプやバーベキューを楽しむことができます。

画像2: 読者撮影

読者撮影

画像3: 読者撮影

読者撮影

キャンプ場は1段目,2段目,3段目とサイトが分かれています。場所によって、傾斜の多い場所、地面がフラットな場所、木が多い場所がありますので、それぞれのキャンプスタイルに合わせて好みの場所を選びましょう。

区画のないフリーサイトなので、場所の確保は先着順となります。道路に近い場所だと車の音などが気になるかもしれませんので、早めにチェックインしてお気に入りの場所を探すとよいでしょう。

画像4: 読者撮影

読者撮影

テントサイトは木陰も多く、夏でも涼しく過ごせます。地面は水はけがよくちょうどよい固さで、ペグが打ちやすいと好評です。

テントの設営が比較的楽にできるので、キャンプデビューの方には特におすすめです。

画像5: 読者撮影

読者撮影

自然豊かな環境でありながら管理がしっかりと行き届いているのも「the508」の魅力。

宿と併設されたキャンプ場のため、受付での説明や対応がしっかりしていて安心です。

画像6: 読者撮影

読者撮影

またトイレや炊事場などの水回りも綺麗で清潔です。

ほかにも、センターハウス(撫岳荘)内のお風呂が利用できる(1人500円)、トイレの洗面所からお湯が出る、きちんと分別すればごみの回収もしてくれる、消毒用アルコールなどの備品が常備されているなど、細かな心遣いが感じられるキャンプ場です。

「the508(旧:撫岳荘キャンプ場)」おすすめポイント

画像7: 読者撮影

読者撮影

「the508」は山中湖の湖畔にあるため、湖を利用した様々なアクティビティが楽しめます。特におすすめなのは冬場のワカサギ釣りです。

山中湖では秋口から春にかけてがワカサギ釣りのシーズンとなります。「撫岳荘」から暖房やトイレが完備された大型ドーム船「BOO」(乗船は5歳以上から)が出ています。

釣り初心者や子ども連れの方でも安心して気軽にワカサギ釣りが楽しめます。釣ったばかりのワカサギをてんぷらにして、ビールで乾杯!なんて最高の贅沢ですよね!

レンタル釣りセットも用意されているので、もちろん手ぶらでOKです。

「the508(旧:撫岳荘キャンプ場)」利用者の声

画像8: 読者撮影

読者撮影

「水回りがとても清潔に保たれており、家族とでも友人とでも楽しめると思います。またキャンプ場内の自然も豊かで、自然との一体感を感じます。富士山を見渡す湖に隣接しており、眺望だけでなく様々なアクティビティーも楽しめます。湖を利用したアクティビティーが可能な夏は特におすすめです。私が訪れた8月下旬は虫もあまりいませんでした。」

(訪問時期:8月下旬、誰と:友人と)

画像9: 読者撮影

読者撮影

「the508」はバス停が近く、公共交通機関での利用にもとても便利!富士吉田駅からバスに乗ってもよいですし、都内からの高速バスも「撫岳荘」の前で停まります。

少し涼しくなり始めたこれからの季節、山中湖周辺では富士山と紅葉を楽しむことができます。そしてワカサギ釣りのシーズンもこれから始まります。

寒い季節でも快適にキャンプを楽しみたい方、美しい景色とグルメを同時に楽しめる「the508」はいかがでしょうか。

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.