こんにちは、みーこパパです。2021年に創業120周年を迎えるコールマンの新製品紹介を3本に分けてお伝えします。今回は120周年記念の限定商品をご紹介します!120周年の節目を記念して、採用されたイメージカラーはあざやかな赤。コールマンファンの方はもちろん、そうでない方もアニバーサリーラインナップをどうぞお楽しみください。

▼2021年新製品テントについては、こちらの記事へ
▼2021年新製品小物アイテムについては、こちらの記事へ

コールマン120th アニバーサリー シーズンズランタン2021

画像1: 画像出典:コールマン

画像出典:コールマン

毎年年末に発売されるシーズンズランタンですが、2021年のシーズンズランタンは「クラシックコールマンレッド」。今年は2020年の年末ではなく、2021年2月の発売予定となります。

タンクのデカールは工業製品の品質表示のようなデザインで、シンプルな白と赤。

画像2: 画像出典:コールマン

画像出典:コールマン

グローブには120 ANNIVERSARYのロゴ。人間で言うと大還暦、120歳なんて居ませんから、いかに長く続いてきた偉大なブランドなのかが伺えます。

画像3: 画像出典:コールマン

画像出典:コールマン

グローブの反対側。こちらにはMID NIGHT SUN、真夜中の太陽を意味するデザイン。120年前は日本では明治時代、明かりがあんどんだった時代です。真夜中でも昼間のように明るく照らす、コールマンのランタンの異名ですね。格好よくてたまりません。

画像4: 画像出典:コールマン

画像出典:コールマン

収納ケースは1960年代に販売されていた、コールマン200Aの黄色いケースを再現。実用性とデザインを兼ね備えたキャリーケースです。

画像5: 画像出典:コールマン

画像出典:コールマン

例年使うのをためらってしまいそうになるシーズンズランタンですが、今年はいつにも増してためらってしまいそうです。もちろん使って良し、コレクターアイテムとしても良し。数量限定・抽選販売となりますので、皆さま手ぐすね引いてお待ち下さい。

燃料ホワイトガソリン
サイズ約17 x 17 x 31(h)cm
重量約1.4Kg
素材スチール、他
付属品収納ケース
燃焼時間約7時間~15時間
タンク容量約590cc
希望小売価格¥33,000(税別)
120th アニバーサリー シーズンズランタン2021

コールマン120th アニバーサリー テント&タープセット

画像6: 画像出典:コールマン

画像出典:コールマン

続いてはテントとタープのセット。クラシックなヘリテージデザインのロッジテントに、同色のレクタタープをセットで販売します!これはキャンプ場で目立ちますね。

商品名は120th アニバーサリー テント&タープセットです。

画像7: 画像出典:コールマン

画像出典:コールマン

テントはタープを張らず、単体でも使えます。サイズは約300 x 240 x 195(h)cmと、4~5人用。

3本のフレームでテントを支える、最近ですと「ビラデルマーリバイバル」「オアシステント」の系統です。壁が垂直に近く、広々とした室内空間ですよ。

画像8: 画像出典:コールマン

画像出典:コールマン

ビラデルマーとオアシスはポリコットンやコットン製でしたが、今回の120th アニバーサリーテントはポリエステル。しかしただのポリエステルではございません。

コットンのような風合いでありながら、特性は水分に強く乾きやすいポリエステルというTexFiberを採用しています。

クラシックな見た目と触り心地、その実は最新技術を採用したマニア心をくすぐる商品です。

画像9: 画像出典:コールマン

画像出典:コールマン

シングルウォールのテントですが、屋根にルーフフライが付きます。このフライシート、テント本体、タープがTexFiber製。

テントフレーム、タープポールともにアルミ合金製で、大きな幕体をしっかり支えます。

画像10: 画像出典:コールマン

画像出典:コールマン

テントの出入り口は正面と背面にあり、左右の窓で通気性を確保。各部の三角形が個性的です。四方向開ければ、風が通って涼しいです。

画像11: 画像出典:コールマン

画像出典:コールマン

天井ランタンフックや室内小物入れなどの便利機能も、抜かりなく装備。ここで手抜きして120周年の栄光に泥を塗るようなブランドではありません。

画像12: 画像出典:コールマン

画像出典:コールマン

もちろんタープ単体での使用もできます。サイズは約575 x 385 x 250(h)cmと大きめですので、5~6人が余裕で使えるリビングになります。

タープの下にテントを張って雨でも安心仕様にしてもよし、広いキャンプ場ではテントとタープを離して広々と使ってもよし。色々な設営パターンでお楽しみください。

使用時サイズテント/約300 x 240 x 195(h)cm
タープ/約575 x 385 x 250(h)cm
収納時サイズテント/約82 x 35 ×29cm
タープ/約80 x 24 x 19cm
重量テント/約15kg
タープ/約8.7kg
耐水圧テント/約2,000mm(フロア・ルーフ 約2,000mm)
タープ/約2,000mm
定員テント/4~5人用
素材テント/TexFiber
テントフロア/ポリオックス
ルーフフライ/TexFiber
フレーム/アルミ合金
タープスキン/TexFiber
タープポール/アルミ合金
希望小売価格¥109,091(税別)
120th アニバーサリー テント&タープセット

コールマン120th アニバーサリー 54QT スチールベルト®クーラー

画像13: 画像出典:コールマン

画像出典:コールマン

クラシックデザインと高い保冷力で、人気の大容量クーラーボックス。1954年から長く愛され続けているスチールベルトクーラーにも、アニバーサリーモデルが登場します。

画像14: 画像出典:コールマン

画像出典:コールマン

2Lのペットボトルも立てて入れられる深さがあり、容量は約51L。2泊3日のファミリーキャンプを、無補給でも乗り切れるサイズです。

ハンドルレバーをくるっと回すラッチロック、発泡ウレタンの断熱材、底面の水抜きドレインプラグなど、基本スペックは従来のスチールベルトクーラーと同等です。

スチールベルトクーラーという確立されたひとつのジャンルですから、今さらスペックを変える必要も無いです。

画像15: 画像出典:コールマン

画像出典:コールマン

今回のアニバーサリーモデルには、白いボトルオープナー付き。日本では王冠の付いた瓶はあまり使われなくなってきていますが、そういう問題ではないんですよ。

コーラやバドワイザーの瓶を片手で持って、瓶の方を傾けて栓を開けてそのままラッパ飲み。それが格好いいんです。それはもう理屈じゃないんです。

特に使わない人はシェラカップでも引っ掛けておけば、それもまた格好いいですよね。

画像16: 画像出典:コールマン

画像出典:コールマン

フタにはダイヤモンドエンボス加工。クラシックモデルにあったデザインですが、滑り止めとしての実用性も備えています。

普段から大人気のスチールベルトクーラーですが、限定色ともなれば人気沸騰・争奪戦になるのは確定事項です。欲しい方はお早めに!

サイズ約60 x 42 x 41(h) cm
容量約51L
重量約7.5kg
材質スチール、ステンレス、ポリエチレン、発砲ウレタン
仕様ラッチロック、ドレイン、ボトルオープナー
希望小売価格¥28,000(税別)
120thアニバーサリー54QT スチールベルト®クーラー
ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.