キャンプ仲間が愛用しているコールマンのヴィンテージガソリンランタン。その柔らかで力強い光に一目ぼれ。「自分も欲しい!」と思いヴィンテージランタンを探しにアンティークマーケット巡りをするうちに、さまざまな年代もののアウトドアギアと遭遇。今回はアメリカで出会ったヴィンテージアウトドアギアを紹介。ヴィンテージモノは汚れているものが多いため、それらをきれいにする方法も紹介します。

週末はあちらこちらでアンティークマーケットが開催

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

筆者が住むロサンゼルス近郊では、2500もの店舗が並ぶパサデナのローズボールフリーマーケットや、800店舗以上出店するロングビーチのアンティークマーケットなど大型のアンティークマッケートのほかにも、大小さまざまなアンティークマーケットが週末いたるところで開催されています。

その規模は日本に比べると大きく、ゆっくり見ると1日で周れないことも!ときには「こんなガラクタ売れるの?」と思ってしまう店もありますが、その中から掘り出し物を探すのはちょっとしたトレジャーハント気分が味わえます。

掘り出しものは朝早く行くべし!

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

規模の大きなアンティークマーケットは有料で、早朝は「アーリーバード」といって入場料金が高くなります。ただし、その分掘り出し物に出会える確率は高く、日本からも多くのバイヤーが訪れています。

ランタンや電化製品がちゃんと稼働するかは店の人を信じるしかない??

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

とは言うモノの、店舗数がたくさんあるため通常の時間に行ってもお宝が眠っています。ただし、電化製品は電源が入るかどうか?ランタンはちゃんと稼働するか?などその商品が本当に使えるかどうかは新品ではないので、店の人に聞いてそれを信じるしかありません。店によっては「たぶん」や「わからない」と言う人もいます(笑)。ある意味賭けを楽しむのもアンティークマーケットの醍醐味です。

コールマンやサーモスなど縁があったヴィンテージアウトドアギアたち

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

アンティークマーケットで販売されているモノは服、観葉植物、家具などさまざま。その中にはヴィンテージのアウトドアギアもちらほら販売されていますが、「ヴィンテージアウトドアギア」のみを販売している店はなく、カテゴリー分けがされていないため、いろいろな店に赴きお宝を探さなければなりません。

下記は、そんな足を使って探したヴィンテージアウトドアギアたちです。(※一部アンティークマーケットではなくアンティークショップで購入したモノもあります)

コールマンのヴィンテージガソリンランタン

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

■コールマン220K 82年
ロングビーチアンティークマーケットでケース付きで$30で購入。塗装のハゲも少なく美品だったので購入。

■コールマン220J 79年
町のアンティークショップで箱付きで$30で購入。

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

■コールマン275 81年
ブラウンの色に一目ぼれ。町のアンティークショップで$90で購入。

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

■ハリケーンランタン(中国製?)
ロングビーチアンティークマーケットで$5で購入。年代物なのかはわからりませんが、家で点火をしてみるとちゃんと着火。色を塗りなおしてもいいかな~っと思っています。

画像1: 【ヴィンテージ ギア】掘り出しものを探そう!アメリカのアンティークマーケットは年代物レトロアウトドアギアの宝庫
コールマン 275 ツーマントルランタン 76年11月 / 美品 ヴィンテージ 廃盤【Coleman】 :lant010:イーハトーブノースショップ - 通販 - Yahoo!ショッピング
【希少・廃盤品】coleman/コールマン 275 ツーマントルランタン1976年11月 製造刻印コールマンの275、美品です。燃料はホワイトガソリンです。5分間の連続燃焼テスト済み、燃焼には問題ありません。フレームやマニホールドもキレイで、使用頻度が少なかったようです。コレクターアイテムとしても最適な一台。グローブは希少価値の高いブロックパターン。この275のグローブは形状上、割れやすく、ブロックパターンは市場でもほとんど出回っていません。ヴィンテージ品ですので、使用・着火に関しては自己責任にてお願いします。特に着火初期に於いて、炎が大きくなる場合がありますのでご注意ください。点火のコツとして、クリーナーバルブがないため、燃料バルブのON/OFFを交互に動かすと着火しやすくなります。ヴィンテージランタン初心者の方で、着火やメンテナンスに不安のある方は、アドバイスなども行っております。古いものですので、ご理解の上、ご購入をお願いします。グローブを分離して梱包し、割れないように発送します。

コールマンやサーモスのジャグ

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

ヴィンテージのウォータージャグも探せばちらほらあります。

  • コールマンの2ガロンウォータージャグ
  • コールマンのガロンウォータージャグ
  • コールマンの1/2ガロンウォータージャグ
  • サーモスのガロンウォータージャグ
画像2: 【ヴィンテージ ギア】掘り出しものを探そう!アメリカのアンティークマーケットは年代物レトロアウトドアギアの宝庫
Coleman コールマン PolyLite ヴィンテージジャグ :OU01-00038:BigBear - 通販 - Yahoo!ショッピング
Coleman コールマン PolyLite ヴィンテージジャグです。プラスチック製の水筒です。人気のコールマン。ホワイトとワインのツートンカラー。外側、スレなど多少ございますが中は綺麗な状態です。水やスポーツドリンクなどを入れて持ち運べるアイテム。 アウトドアにおいて水は飲料や調理、キャンプで使用した食器を洗ったり手洗いなど様々なシーンで必要でありひとつあると重宝しますね。キャンプ・BBQ・ピクニックなどお出かけのお供に是非。経年によるスレ・キズなどございますが、それらも含めてヴィンテージらしい良い雰囲気です。あくまでヴィンテージ品ですのでご理解ある方のご購入をお願い致します。●Size W20cm×H31cm×D20cm

そのほか、キャンプで使えそうなアイテム

画像9: 筆者撮影

筆者撮影

■Zero Model 1250Rのアンティークファン 
店の人が「ちゃんと動く!」という言葉を信じて購入。ちゃんと動きました!卓上やキャンプのときに使えそうです。飾っておいても味があります。

画像10: 筆者撮影

筆者撮影

 ■サーモスのクーラー
古いクーラーは冷やす効果はあまりないので、キャンプの道具入れに購入。

ヴィンテージキッチンアイテムでキャンプ飯が一段と華やかに

画像11: 筆者撮影

筆者撮影

スタンレーのランチボックスは調味料など入れるのに便利。オールドパイレックスのピッチャーはお茶入れにぴったり。アラジンの魔法瓶はまだ保温効果があるので、スープを入れるのによさそうです。何より、カラフルなレトロ柄はキャンプをより一層華やかに彩ってくれます。

画像3: 【ヴィンテージ ギア】掘り出しものを探そう!アメリカのアンティークマーケットは年代物レトロアウトドアギアの宝庫
STANLEY(スタンレー) クラシックランチボックス 9.4L ネイビー 収納 調理道具 ツールボックス 01625-018 (日本正規品)
サイズ:幅330×高さ254×奥行165mm
重量: 1,680g
容量: 9.4L
材質:本体・フタ:スチール(冷間圧延鋼板、SPCD)、ハンドル(持ち手部分):ポリプロピレン、ハンドル:ステンレス、掛け金・蝶番:スチール(冷間圧延鋼板、SPCC)、本体内部金具:スチール(65Mn)
食洗器使用不可(水洗い厳禁)
¥8,580
2020-09-08 22:22
ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.