キャンプでは急に雨が降ることもあり、長靴を持っていると安心です。日本野鳥の会「バードウォッチング長靴」は軽量コンパクトでかさばらず、邪魔になりません。キャンプ以外でも多用途に活躍するその魅力を、愛用するママキャンパーの筆者がご紹介します。

日本野鳥の会「バードウォッチング長靴」は足にフィットして動きやすい! 折りたためて軽量コンパクト

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

「バードウォッチング長靴」は、野鳥保護などを通して自然を守る活動をしている公益財団法人「日本野鳥の会」が販売している長靴です。

画像1: 日本野鳥の会「バードウォッチング長靴」は動きやすくキャンプに最適!コンパクトに収納可能
(BW-01)日本野鳥の会 バードウォッチング長靴 レインブーツ/ラバーブーツ グレー (S)
スノーブーツ メンズ レディース
雪 雪対策 防水
サイズ:約24.0cm
ふくらはぎ周囲35cm 足首周囲26.5cm 高さ43cm
¥4,752
2020-08-28 10:10

ゴムが柔らかいので足にフィットし、一般的な長靴よりも動きやすく、干潟やぬかるみでも行動しやすいのが特徴です。

さらにコンパクトに折りたたんで持ち運ぶことができ、バードウォッチング用だけでなく、キャンプなどのアウトドア用としても人気があります。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

ブーツの途中で折り返すことで、ショートブーツとしても使用できます。

画像: 筆者撮影「ショートブーツとしても使える」

筆者撮影「ショートブーツとしても使える」

筆者は4年前に北海道の知床半島を旅行中、急な悪天候で手持ちの靴で対応できなくなり、急きょバードウォッチング長靴を「知床自然センター」で購入しました。

1年半前にキャンプを始めてからは、バードウォッチング長靴をキャンプでも愛用しています。

バードウォッチング長靴はキャンプで大活躍! 雨の日以外でも朝露対策などに◎

キャンプでは急な雨など天気が変わりやすいこともあり、長靴を持って行くと安心です。

バードウォッチング長靴はコンパクトに収納できるので、かさばらずに持参することができます。

画像: 筆者撮影「紐でしぼれるので雨が入ってこない」

筆者撮影「紐でしぼれるので雨が入ってこない」

長靴の上部を紐でしっかりと締めることができるので、キャンプ中に動き回っても、すき間から雨が入ってくることがなく濡れずにすみます。

またバードウォッチング長靴は、雨の日以外のキャンプでも役立ちます。

芝生や草地のサイトでは、朝起きると朝露で草が濡れていることがあります。

スニーカーなどの普通の靴だと、朝露に濡れてしまって歩きにくい場合があるので、バードウォッチング長靴があると便利です。

バードウォッチング長靴は普段使いのレインブーツ・野外フェス・園芸用にも◎ デザイン性もばっちり!

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

バードウォッチング長靴は、キャンプ以外の様々なシーンでも役立ちます。

雨の日のレインブーツとして普段使いはもちろん、天候の変わりやすい野外での音楽フェスなどのイベントでも活躍します。

デザイン性も兼ね備えているため、フェスのような「普通の長靴では見た目的にちょっと・・・」という場合にも重宝します。

リュックなどのカバンにも収納できるサイズのため、お出かけや旅行に持って行きやすいのも嬉しいですよね。

足首にフィットし動きやすいため、ガーデニングや田植えなどの農作業でも動きを妨げません。

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.