手に入りやすくて、リーズナブルな野菜の代表格「もやし」を使ったレシピをご紹介します。どれも簡単なので、キャンプごはんにもぴったりです。さらに、もやしの種類と使い分けのコツもお伝えします!

【もやしレシピ3】細切り豚肉と緑豆もやしのあんかけ風 焼きそばや春巻きアレンジも!

画像8: (筆者撮影)

(筆者撮影)

細くカットした豚肉と緑豆もやしがたっぷり! オイスターソースで味付けしたご飯に乗せて食べたい一品です。焼きそばのあんとして、春巻きの具としても使えます。

〈材料〉(2人分)

  • 緑豆もやし…200g(1袋)
  • 豚薄切り肉…200g
  • ニラ…50g
  • すりおろしニンニク…小さじ1
  • ごま油…大さじ1
  • 糸唐辛子…適量
  • 塩…適量
  • 胡椒…適量

〈A〉

  • オイスターソース…大さじ1
  • 醤油…小さじ1
  • 豆板醤…小さじ1
  • 水…大さじ3
  • 片栗粉…大さじ1
  • 鶏がらスープの素…小さじ1/2
  • 砂糖…小さじ1

〈作り方〉

1.豚薄切り肉は細切りに、ニラは5cm幅に切ります。

画像9: (筆者撮影)

(筆者撮影)

2.フライパンにごま油とニンニクを入れて加熱し、香りが立ったら中火で豚肉の色が変わるまで炒め、さらにもやしを加え、塩胡椒で味を調えます。

画像10: (筆者撮影)

(筆者撮影)

3.もやしがしんなりしたらニラと〈A〉を順に加え、とろみがついたらお皿に盛り付け、糸唐辛子をのせていただきます。

画像11: (筆者撮影)

(筆者撮影)

《あんかけやきそばにアレンジ》

中華麺をほぐし、多めのサラダ油で焼き目をつけるようにフライパンに押し付けながらお好みの固さに焼きます。その上に3をかければできあがりです。お好みでからしや酢でどうぞ。

《春巻きにアレンジ》

春巻きの皮に包んで、油で揚げれば春巻きの出来上がりです。竹の子や春雨などの具を追加しても良いですね。

【もやしレシピ4】黒豆もやしメインのお好み焼き 焼き時間両面4分! お腹が空いたらサクッと作れる

画像12: (筆者撮影)

(筆者撮影)

黒豆もやしに粉類をまぶして、卵を混ぜて、フライパンで焼くだけ! シンプルなのに食べ応え十分です。包丁もまな板も使わないからキャンプごはんにもおすすめ◎焼き立てをハフハフしながら召し上がってください。

〈材料〉(1枚分)

  • 黒豆もやし…200g(1袋)
  • 卵…1個
  • 薄力粉…30g
  • 片栗粉…50g
  • だし粉…小さじ1
  • 塩…適量
  • 胡椒…適量
  • サラダ油…大さじ1

〈A〉

  • 中濃ソース…適量
  • マヨネーズ…適量
  • 青のり…適量
  • 鰹節…適量
  • 刻みネギ…適量

〈作り方〉

1.沸騰したお湯にもやしを入れてサッと茹で、キッチンペーパーでよく水気を切ります。

2.ボウルにもやしを入れ、他の材料を入れてよく混ぜます。

画像13: (筆者撮影)

(筆者撮影)

3.フライパンにサラダ油を引いて2を入れ、中火で片面2分ずつ焼きます。

画像14: (筆者撮影)

(筆者撮影)

4.お皿に盛ったら、お好みで〈A〉をトッピングしていただきます。

手間がかからず、サクッと作れるもやしのレシピ キャンプごはんでも大活躍すること間違いなし!

加熱時間が少ないから時間節約にもなるもやしのレシピ。3種類のもやしを使い分ければ、今までのメニューももっとおいしくなると思います。

発芽野菜のもやしは栄養素が豊富な上に、低カロリーなことも魅力のひとつ。中でも一番栄養素が高いのは大豆もやしです。

ひげ根を取り除く手間はありますが、大豆イソフラボンや食物繊維なども緑豆もやしよりも多く摂ることができます。ぜひもやしを上手に活用したオリジナルレシピにも挑戦してみてください!

▼こちらのレシピ記事も合わせてチェック!

This article is a sponsored article by
''.