ドライフルーツや乾燥野菜は便利な保存食。手作りするときは天日干しもアリですが、完成まで時間がかかり、食材を干しておく場所に困るのもネック。その点、ドライフードメーカーなら、テーブルの上やキッチンの隅に置けて便利です。そこで、ドライフードメーカーを使ったドライフードの作り方を紹介します。

ドライフードメーカーがあれば、ドライフルーツ、乾燥野菜、干物、ジャーキーが手軽に作れる!

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

ドライフードメーカーは、ドライフルーツ、乾燥野菜などを作れる家電。

「フードドライヤー」とも呼ばれ、温風で食材を乾燥させてドライフードを作る仕組みです。

ほかに、「食品乾燥機」や「フードデハイドレーター(FoodDehydrator)」といった呼び方も。

筆者はこちらのドライフードメーカーを使っています。

画像1: 【作り方】ドライフードメーカーでドライフルーツ作り! キャンプのおやつや登山の携行食にも◎
食品乾燥機フードデハイドレーター / BY1152-1 / ###デハイドBY1152-1###
サイズ:幅24×奥行24×高さ21~25cm
重量:約700g
定格電圧:100V 50/60Hz 消費電力:250W
最大連続使用時間:最大40時間
中国製 良品返品不可
¥3,956
2020-08-16 17:57

家電なので電気を使いますが、天日干しよりも短時間でできる上、部屋の中で作れるメリットがあります。

画像: 筆者撮影(ドライフードメーカーの温風発生部)

筆者撮影(ドライフードメーカーの温風発生部)

また、ドライフードメーカーを活用すると、魚の干物、ジャーキー、ドライフラワーなどを簡単に手作りすることも可能。

アイデア次第で、さまざまな使い方ができるのもうれしいポイントです。

食材を乾燥させると、保存がきくことに加えて、かさが減るので持ち運びに便利に。

さらに、食材の水分がぬけて旨みが凝縮するので、おいしく食べられるのも魅力です。

【手作りドライフードのメリット】

  • 保存がきく
  • かさが減り、収納や持ち運びに便利
  • 食材の旨みが凝縮される

手づくりのドライフードは、キャンプやアウトドアでのおやつにもおすすめですよ!

【ドライフードメーカーの使い方】簡単3ステップ:切る・並べる・スイッチを入れるだけ

画像: 筆者撮影(ドライフードメーカーのトレイ)

筆者撮影(ドライフードメーカーのトレイ)

ドライフードメーカーの使い方は、とても簡単です。

【ドライフードメーカーの使い方】

  • ステップ1(切る)
    食材を薄くスライスする
  • ステップ2(並べる)
    スライスした食材を重ならないようにトレイに並べる
  • ステップ3(スイッチON)
    ドライフードメーカーのスイッチを入れ、設定温度を調整する

食材を薄くスライスしてトレイに並べ、スイッチを入れるだけ。

あとは食材が乾燥するのを待つだけなので、ほったらかしでOKです!

なお、乾燥にかかる時間は、食材の種類、水分量、スライスの厚みなどによって異なります。

また、35~70℃の間で好みの温度に設定できるので、使う食材に合わせて調整しましょう。

商品の種類によって、操作方法は少し変わるかもしれませんが、基本的に手順は同じだと思うので、参考までに!

筆者が購入したこちらのドライフードメーカーは、温度を設定してスイッチを入れるだけのシンプル操作。価格も手ごろでした

画像2: 【作り方】ドライフードメーカーでドライフルーツ作り! キャンプのおやつや登山の携行食にも◎
食品乾燥機フードデハイドレーター / BY1152-1 / ###デハイドBY1152-1###
サイズ:幅24×奥行24×高さ21~25cm
重量:約700g
定格電圧:100V 50/60Hz 消費電力:250W
最大連続使用時間:最大40時間
中国製 良品返品不可
¥3,956
2020-08-16 17:57

ただしタイマーはなく、自動でOFFにならないので、自分でスイッチを切ります。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

ここからは、筆者がドライフードメーカーを使って手作りしたドライフードの作り方手順を2つ紹介します。

【ドライフードの作り方1】リンゴを乾燥させて、ヘルシーなドライフルーツに! おやつにも◎

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

筆者がまず挑戦したのは、リンゴを使ったドライフルーツ作りです。

購入したドライフードメーカーに付属していた取扱説明書では、「皮をむいて芯をとったリンゴを5~12mmの厚さにスライスした場合、乾燥時間の目安は8~16時間」と記載。

画像: 筆者撮影(塩水にさらしているリンゴ)

筆者撮影(塩水にさらしているリンゴ)

筆者はこれを少しアレンジして、リンゴは皮つきのままで、芯をとって3~5mmくらいの薄さにスライス。

乾燥時間を短くするために、できるだけ薄くカットし、少しでも栄養価を高めるために皮を残しました。

また、変色防止のために数分塩水につけて、水気をふきとってからトレイに並べて乾燥スタート。

画像: 筆者撮影(トレイに並べたリンゴ)

筆者撮影(トレイに並べたリンゴ)

リンゴは35℃くらいの低温乾燥でも大丈夫なようですが、筆者は高めの60℃に設定。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

乾燥開始から2時間くらい経過すると、リンゴに少しシワが寄ってきました。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

そして、8時間経過した状態のリンゴがこちら。

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

完全に水分が抜けきっておらず、まだセミドライ状態でした。

それでも甘さと旨みが凝縮されておいしかったので、ひとまず完成としました。

もっと水分を蒸発させて、パリパリのフルドライの状態で食べたい方は、さらに乾燥時間を長くするのがおすすめです。

【材料】

  • リンゴ…1個

【作り方】

  • リンゴの芯をとり、3~5mmくらいの薄さにスライスする
  • スライスしたリンゴを塩水につけて数分おく
  • リンゴの水気をきり、トレイに重ならないように並べてスイッチを入れる
  • ドライフードメーカーを60℃にセットしてスイッチを入れ、8時間以上乾燥させる
画像7: 筆者撮影

筆者撮影

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.