2つに割った長い竹にそうめんを流していただく・・・夏の風物詩の定番ともいえる流しそうめんを道具から自分で作ってみよう!子供たちと一緒に取り組んだ奮闘記を紹介します。

その3)流しそうめんDIYは完成!家に持ち帰って庭に設置してみました。

程よい傾斜と、流す水の確保・・・自宅の庭のベストポジションを探しました。
こだわった設定として、水道のホースを伸ばして水を流そうかと思いましたが、今回はキャンプ場を想定し、防災用のポリタンクを置いて少しずつ流すようにしてみました。また、竹が傾かないように折り畳み式の椅子に挟み込んだりしで安定させました。

ポリタンクの水量(約20L)は、竹を傾ける角度にもよりますが5分くらいは楽しめるようです。また、傾斜の作り方は、違う高さのテーブルを並べたり、木箱やクーラーボックスなどをうまく使えば意外と流しそうめんの環境が作れちゃいます!

画像7: 【流しそうめんDIY】本格的な竹を使った流しそうめん用『流し竹』のDIYをご紹介!キャンプ場でも楽しめます!
画像8: 【流しそうめんDIY】本格的な竹を使った流しそうめん用『流し竹』のDIYをご紹介!キャンプ場でも楽しめます!
画像6: 筆者撮影

筆者撮影

▼レジャーに、そして防災グッズとして。ポリタンクは一家に1台の必需品です。
タンゲ化学工業のポリタンクならコロと取っ手がついて持ち運びも楽ちん。・

画像9: 【流しそうめんDIY】本格的な竹を使った流しそうめん用『流し竹』のDIYをご紹介!キャンプ場でも楽しめます!
タンゲ化学工業(Tange-kagaku-kougyou) 水専用容器 コロコロタンク 20L
サイズ(約): 44×25×33cm
サイズ(約):本体/ポリエチレン、キャップ・給水コック/ポリプロピレン
生産国:日本
容量: 20L
用途:水専用 (※長期貯蔵用ではありませんのでご注意ください)
食品衛生法合格・適合品
¥2,660
2020-08-12 9:40

その4)いざ実食。そうめんだけでなくいろんなものを流してみました。

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

<流しそうめんメニュー>
・そうめん
・ミニトマト
・うずらたまご
・グミキャンディー
・サクランボ

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

2メートルの竹にそうめんが流れてくるのをすくうのは何とも面白い。普通にそうめんを食べるよりも楽しくそして美味しく感じてしまうのも流しそうめんの魅力。(ただ一人当番の人が水量を調整したり、そうめんを流したりするのがたいへんですが。)

画像9: 筆者撮影

筆者撮影

画像10: 【流しそうめんDIY】本格的な竹を使った流しそうめん用『流し竹』のDIYをご紹介!キャンプ場でも楽しめます!

流すのはそうめんだけではもったいない。ということで「箸休め」と題し、流したら楽しそうなメニューを見つけていろいろやってみました。ミニトマトやウズラ卵は水の流れがなくても、スピードを増して転がるため、捕まえられなかったものは勢いよく外に飛び出てしまいました。ゼリーはスティック状のものを切って水の流れにうまく乗せることができました。

竹のレールからはみ出さないように色々と工夫が必要でした。

画像10: 筆者撮影

筆者撮影

画像11: 【流しそうめんDIY】本格的な竹を使った流しそうめん用『流し竹』のDIYをご紹介!キャンプ場でも楽しめます!

▼ゼリーは丸型よりもスティック状のほうが流しそうめん向きです。
 まとめて購入して冷やして保存、これを食べて長い夏場を乗り切ろう!

画像12: 【流しそうめんDIY】本格的な竹を使った流しそうめん用『流し竹』のDIYをご紹介!キャンプ場でも楽しめます!
リボン 18本 果汁100% スティックゼリー ×12袋
原材料:濃縮果汁(リンゴ、グレープ、オレンジ、ミカン)、異性化液糖、砂糖、寒天、ゲル化剤(増粘多糖類)、ソルビトール、酸味料、香料
商品サイズ(高さx奥行x幅):26cm×23.5cm×13cm
¥1,980 (¥165 / 袋)
2020-08-12 9:49

この夏、「流しそうめんのすすめ」。意外とそうめん台作りも自分でできちゃいます。適度な長さにして持ち運べば、キャンプ場でも大活躍。

流しそうめんといえば、子供のころの地区行事で大勢の人が公民館の駐車場やお寺の境内などで並んで楽しんでいたイメージがありましたが、竹さえ仕入れるルートがあればちょっとしたDIYで作ることができちゃうことがわかりました。

自宅の庭で、そしてキャンプ場でぜひ実践してみてください。家族や仲間とそうめん台作りから一緒にやってみることでそうめんのおいしさが一層引き立ちますよ。

                         

こちらの記事もどうぞ

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.