海や川、湖などの水辺でアウトドアを楽しむ際にも現代人の必需品=スマートフォンを持ってゆくと思いますが、アウトドアでのスマホ利用で注意すべきは「水没」です。万が一大切なスマホが水没してしまった場合に、適切に対処できるかどうかで、スマホを復旧させ利用し続けることができるかどうかが決まると言っても過言ではありません。今回は水没してしまった際の対処法や復旧方法を解説致します。

スマホの水没とはどういう状態なのか、水没はどうやって見つける?

「水没」と言われた方が分かりやすいのですが、iPhoneを製造・販売するAppleでは「液体侵入」という言い方をしています。

Appleが言う「液体侵入」とは、単に「水」が侵入すること限らず、ジュースやお茶・コーヒー、洗面所・トイレや洗濯機の水、さらに、海・川・湖などの水など、様々な「液体」がiPhone内に侵入することを総称しています。

※ 以下、文中の「水没」は「液体侵入」を含むこととしてお読みください。

実は、スマートフォンはユーザーが考えている以上に水没が起こりやすく、市井のスマホ修理店に聞くと、「調子が悪い」とのメンテナンス依頼の多くが、ユーザーが気づかないうちに水没していると言います。

スマホは非常に精密に作られていますので、例え防水機能付きの端末であっても、日々使用する中で本体にゆがみが生じれば、本来シールドされているはずのSIMトレーや充電コネクタなどから液体が侵入します。

【ゆがみが生じる原因の一例】

  • 激しく落下させる
  • 尻ポケットで持ち歩き、本体に曲げの荷重がかかる
  • 経年劣化によってシールドが不完全になる

など。

「最近、スマホの調子が悪いな」「以前と比べて何かが違う気がする」と感じたら、念のため、水没インジケーターを確認してみることをおすすめします。

水没かどうかを判断する「水没インジケーター」とは

水没インジケーターは、必ずスマホに取り付けられており、赤色化して水没を知らせます。

iPhoneの「水没インジケーター」の場所

iPhoneは、全てのモデル・機種をApple社が単一で企画・製造・販売を行っているため統一性のあるデザインとなっており、水没インジケーターの場所についても、ほとんどの機種で統一されています。

iPhoneの水没インジケーターの場所は、SIMトレーを外したSIMトレースロットの中です。

画像1: (筆者撮影)

(筆者撮影)

上記写真は、筆者のiPhone5sのSIMスロットです。内部上側に白い丸いものが見えると思いますが、これが水没インジケーターで、液体に触れると赤色化します。

iPhoneの機種ごとの水没インジケーターの場所はAppleサポートWEBで確認可能です。

Androidスマホの「水没インジケーター」の場所

Androidスマホは、Googleが無料で提供しているスマホOS「Android」を使って、スマホメーカー各社が独自の企画で製造・販売しています。

そのため水没インジケーターの場所もバラバラで、「ここ」と明示することができません。

Androidスマホに関しては、取扱説明書を参照、あるいはサポートに問い合わせるなどして、水没インジケーターの場所を各自で確認してください。

水没が起こるシチュエーションとは

画像: 水没が起こるシチュエーションとは

水没が起こる状況は、分かりやすいところでは

  • 洗面所、トイレなどに落とした
  • ポケットに入れたまま洗濯してしまった
  • 海や川・湖、水たまり等に落としてしまった

等がありますが、水没が分かりにくい状況としては

  • 酒席や喫茶店などで飲み物の結露が水たまり状になりスマホが浸っていた
  • 防水機能付きと過信して強雨の中で使用した
  • SIMカードの交換後にSIMトレーをきちんと閉じ切っていなかった
  • 落下やポケット内で本体にゆがみや隙間ができ防水効果がなくなっていた
  • ヒビが入ったり割れたディスプレイの隙間から液体が侵入した

などがあり、防水機能が初期性能を失っていることに気づかないことによる水没のケースも少なくないようです。

また、画面にヒビが入ったり割れた状態のまま利用している場合には、その端末の防水能力は機能していないと考えるべきです。

水没が起こるとスマホにいったい何が起こるのか

画像: 水没が起こるとスマホにいったい何が起こるのか

皆さんご存知の通り、水は電気を通します。

つまり、電気で動いているスマホ内部に水が浸入するということは、通電体を注入しているようなものですので、本来繋がるべきではない部分で電気が通ってしまい、いわゆる「ショート」が起こります。

「ショート」が起こると、故障が発生する場合や、iPhoneが自らを守るために電源をOFFにするケースなどがありますが、人間の目には単に電源が落ちたようにしか見えません。

内部ではすでに破損してしまっているか、もしくは辛うじて電源を落とすことで致命的な故障・破損を防げた可能性もありますが、それは外部からはわかりません。

また、幸いにも致命的な故障や破損が起こらず、何事もなかったかのように動作しているケースもあります。

しかしその時点では何も起こっていなくても、スマホの基盤に付着した液体は、徐々に基盤や部品を腐蝕させ、長い時には数か月経ってから不具合が発生することも珍しくありません。

精密機器であるスマホにとって液体は「天敵」と言える存在で、一旦侵入した液体は、全く何も影響を及ぼさないということはあり得ないと覚えておいてください。

スマホが水没した際に「すべき対処法」と「これだけは絶対にやってはいけない対処法」

画像: スマホが水没した際に「すべき対処法」と「これだけは絶対にやってはいけない対処法」

水没が起こった際に、適切に対処した場合と、不適切な対処をしてしまった場合では、のちのスマホの状態が大きく異なりますので、「すべき対処法」と「してはいけない対処法」をしっかり頭に叩き込んでおきましょう。

水没時にすべき対処法

(1) 電源を切る

前述のように、水は通電体ですので現状以上に被害を拡大しないために、何を置いても電源OFFが基本です。

すでに電源が切れている場合には、決して電源ONにしないでください。

もしギリギリの状況で破損や故障を免れている場合、通電することで、せっかくの幸運を自ら手放す可能性が高くなります。

(2) スマホを振らない

充電コネクターやSIMカードスロットから侵入した液体を出そうと、スマホを振りたくなりますが、これも通電と同様に致命的なダメージを与える可能性が高いNG行為です。

もしかするとギリギリで重要部品には液体が触れていなかったのに、振ることで重要部品に液体が触れてしまう可能性があります。

被害箇所を拡大してしまうという意味で、水没後のスマホは安静にしておくことが必要です。

(3) 乾燥させる

可能な範囲で乾燥を促進させることは重要です。まずは、可能な範囲で水分をふき取ることが最優先です。

SIMカードトレーを抜き、振らずに拭き取れる範囲の水分をふき取り、さらに細部は綿棒などで擦らずに押し当てて水分を吸い取らせるようにします。

さらに、密閉バッグ・容器にシリカゲルのような乾燥材と一緒に水没したスマホを入れておくことで、内部の水分が吸い取られ乾燥させられる可能性があります。

もちろん、侵入した液体の量と、乾燥材の量によって必ずしも効果があるかどうかは不確定ですが、振らずに安静にして乾燥を促進することは重要です。

乾燥材なんてない…と言う場合、生米の中にスマホを入れておいても乾燥を促進できるとも言われています。

いわゆる民間療法のようなもので、確実性はありませんが、理屈では湿気を吸いやすい生米は効果を期待できるのかもしれません。

(4) 専門業者にクリーニング、メンテナンスを依頼する

素人ができるのは、(1)電源OFF、(2)振らない、(3)乾燥までです。

内部を開ける等は素人が行うべきではありません。専門の修理業者に依頼することをおすすめします。

専門業者は、水没の際に専用の液体でまるごとクリーニングする等、スマホ内部の液体を完全に排除するスキルを持っています。

併せて、不具合が発生した箇所を発見し、さらに不具合箇所の修理や部品交換まで相談に乗ってくれますので、乾燥させた状態で修理業者に持ち込むことがベストな対処法と言えます。

水没は、回路や部品の腐食を勘案すれば、単に内部の水分を乾燥させれば済むということではなく、腐蝕が進まないよう、さらに故障部位の確認・対処が重要です。

ちなみに、Appleの正式な保証制度である「Apple Care」は、残念ながら水没は保証対象外ですので、Appleサポートに修理を依頼した場合には高額な料金が請求されることとなるはずです。

水没時に絶対にやってはいけない対処法

画像: 水没時に絶対にやってはいけない対処法

時々驚くような対処法を耳にすることがありますが、前項の「すべき対処法」以外のことは、絶対にやめた方が良い対処法や、やめておいた方が無難な対処法だと言えます。

すべきでない対処法は、前項の「振る」以外にも以下のようなものがあります。

(1) 熱する

熱で内部の水分を蒸発させようという発想だと思いますが、これは、鍋に蓋をして湯を沸かすのに似ています。

確かに熱せられた水分は蒸発しますが、蒸気はスマホ本体内に水滴として結露するだけです。蒸気が外に逃げるにはスマホは隙間がなさすぎます。

また、不用意に熱することは水没とは無関係に、スマホ自身を故障・破壊する行為です。

精密部品の集合体であるスマホは、充電時などの自身の発熱でも影響を受けるほど繊細な機器ですので、外部から熱する等は言語道断の行為と言えます。

(2) 凍らせる

水の流れを止めようとして、例えばスマホを冷凍庫に入れてしまうのもNGです。

ご存知のように水は氷ると体積が増えますので、必然的に、スマホ内に侵入した液体も凍結することで体積が膨張しますので、そのことによる悪影響もないとは言えません。

(3) 充電する

電源が落ちているのはバッテリーが放電してしまったためと考え、充電を行うケースがあるようですが、これは大変危険な行為ですので、絶対にしてはいけません。

水没したスマホは、本来繋がるべきでない部分が液体によってショートしている可能性が高いです。

そのためせっかく電源が落ちて保護しているスマホに致命的な打撃を与える可能性が高い上、バッテリーの破裂等の誘因にもなりかねないため、絶対にしてはいけない対処の筆頭と言えます。

(4) 分解する

水没はApple Care対象外であることから、もう保証は使えないと自ら本体を分解するケースがありますが、これも絶対にしてはいけない対処法の1つです。

専門知識もないまま分解しても、余計に故障を悪化させてしまう可能性もあるため、クリーニングやメンテナンスは専門業者に依頼すべきです。

ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.