暑い季節、大自然に囲まれた川辺で水の流れる音を感じながら、「渓流釣り」を楽しむというのはいかがでしょうか。山間部の豊かな木々に囲まれ、清流の中に身を置くことでマイナスイオンを浴び、自分の手で釣りあげた魚を塩焼きにして食べる!など…なんとも特別な時間を味わうことができますよ。そこで今回、初心者の方に向けて「渓流釣り」を楽しむ注意点やコツ、道具紹介、さらに筆者が子供と一緒に訪れた「大血川(おおちがわ)渓流観光釣り場」の様子をレポートしたいと思います。

渓流釣りとは川の上流域で行う釣りのこと! 生息する魚はイワナ・ヤマメ・ニジマス・アマゴが代表格

日本で魚が釣れる場所と言えば、大きく分けて「海」「川」「湖沼」「池」に分けられますが、今回紹介するのは「川」です。

しかし、一言で川と言ってもその範囲は広大。一本の長い川の中でも源流や上流、海に近い河口まで…生息している魚は異なります。

その中でも渓流釣りは、上流域で行う釣りのことを言い、イワナ、ヤマメ、ニジマス、アマゴは渓流釣りの代表的な魚です。(汚染されていない清流でしか生息できない魚なんです)

画像: 筆者撮影(ニジマス)

筆者撮影(ニジマス)

渓流釣りを体験するには「観光釣り場」を利用したい! 初心者でも大自然を味わいながら楽しめる!

渓流釣りの紹介をしておきながら…初心者の方や子供連れの場合は、いきなり川の源流や渓流で釣りをするのはお勧めできません。

というのも、源流は川の源になるところなので、人が踏み入ることができない場所があったり、険しい道や岩場を歩いたりすることもあるので危険が伴うからです。

さらに、釣りをするポイントがわからなかったり…と難しい条件が多くあります。

そのため、初心者の方や子連れの方は、河川上流域にある観光釣り場=管理釣り場を利用するのをお勧めします。

渓流釣りができる観光釣り場とは?

観光釣り場とはすなわち「管理されている釣り場」のことです。2つのタイプがあり、川タイプと池タイプがあります。筆者がおすすめなのは、山間部にあることが多い川タイプです。

川の一部を仕切り、魚を放流して釣る人に開放してくれます。

こう言った人の手が入っている観光釣り場は、定期的に魚を放流してくれるので、全く魚が釣れないということが少なく、難しいと思われがちな渓流釣りを初心者の方や子どもでも体験することができます。

さらに、渓流の観光釣り場は上流域にあるため、水がとてもきれいなのはもちろん、山の中にあることが多く自然豊かなかな森の中で景色を楽しみながら釣りをすることができるのも嬉しいポイントです。

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

観光釣り場に到着したら、スタッフの指示によってその区画で釣ることになりますが、その中でも魚がいそうな場所を探すことがとても重要です。

同じ川でも場所によって川幅や流れの強さが変わってくるので、当然ながら魚がいる場所が変わってきます。

渓流釣りで魚がいそうなポイント(場所)は?

渓流釣りをする際、深くて流れのよどんでいる〝フチ〟と呼ばれる場所に魚がいることが多いですよ。

観光釣り場の場合、入漁料として時間と放流魚を選びお金を支払うシステムが多いのですが、例えば…放流のすぐあとは、川の流れがゆるい場所に魚がいることが多く、放流されてから30分以上時間が経過している場合は、流れが強いところや深いところにいることが多いといいます。

また、水がきれいなので、少し高いところから水面を見ると、魚が泳いでいる姿が見えるので、その場所を狙いましょう。

見ても良く分からない場合は、スタッフの方に相談すると教えてくれますよ。

渓流釣りに必要な道具は? 釣り竿・エサ・クーラーボックスは必需品!レンタルも上手く活用しよう

魚の種類や釣り場、季節や天気によっても、釣りに必要な服装や道具は変わってきますが、今回は、最低限必要な道具をご紹介します。

魚を釣る道具

まず釣りをするにあたり、必要なのが釣り竿です。

初心者の方はリールなどは付けずに、竿の先に釣り糸を結んで使うシンプルな延べ竿が使いやすくておすすめです。

扱いが簡単なので、子供で使うことができ、我が家の息子も延べ竿を利用しています。

管理釣り場で貸してくれることも多いので、何を選んだら良いか不安な人は、レンタルして使ってみると良いですよ。

ダイワ(Daiwa)渓流竿 リバティクラブ 万能小継 硬調43・Q

画像1: 【川遊び・関東】初心者必見!子供と一緒に『渓流釣り』にチャレンジ!イワナ・ヤマメ・ニジマスを釣ろう
ダイワ(Daiwa) 渓流竿 リバティクラブ 万能小継 硬調43・Q 釣り竿
ロッド(釣り竿)タイプ:渓流竿(小継)
主なターゲット:ヤマメ イワナ メバル アジ
標準全長:4.30m / 仕舞:56.0cm
継数:9本
標準自重:117g
先径:0.7mm
元径:24.7mm
適合ハリス(ナイロン):0.4~0.8号
カーボン含有率:78%
竿袋付属
¥6,278
2020-08-07 9:03

コンパクトに収納でき持ち運びしやすく、軽いので長時間使っていても疲れにくい軽量設計。初心者の方でも扱いやすい延べ竿です。

エサ

魚は自然のなかの生物などを食べているので、それと同じものや似たものが釣りのエサになります。その他、人口エサやルアーやフライなどで使う疑似餌などもあります。

釣りたい魚の好みに合わせたエサ選びがとても大切です。

川釣りをする際のエサでよく使われるのは、イクラやミミズ、川に住む昆虫の幼虫などです。ミミズは淡水魚全般に使えるエサで、養殖されたミミズが市販されています。

観光釣り場では、その場所で良く釣れるエサを販売していることも多いので確認してみると良いでしょう。

筆者が息子と観光釣り場でニジマスを釣る際に使用したのは、イクラとブドウ虫です。

画像: 筆者撮影 イクラ

筆者撮影 イクラ

筆者撮影 ブドウ虫

釣れた魚を持ち帰るクーラーボックス

釣った魚は、美味しく食べることも釣りの楽しみの一つです。暑いと魚が傷んでしまうので、保冷剤や氷を入れたクーラーボックスに入れて持ち帰りましょう。

イグルー 小型 クーラーボックス マリーンウルトラ 30(約28L)

画像2: 【川遊び・関東】初心者必見!子供と一緒に『渓流釣り』にチャレンジ!イワナ・ヤマメ・ニジマスを釣ろう
【送料無料】イグルー 小型 クーラーボックス マリーンウルトラ 30[約28L]【保冷 釣り キャンプ用品 バーベキュー ピクニック アウトドア キャンプ igloo】【avt】【MARINEULTRA】小型軽量、高保冷性能!快適アウトドアに大活躍。
納期について:通常1〜3日で発送予定(土日祝除く) 【igloo クーラーボックス イグルー イグロー マリンウルトラ 保冷ボックス 保冷バッグ キャンプ用品 釣り用 アウトドア マリン キャンプ クーラー 用品】 ピクニックや買い物などライトユーザーに便利なハンディタイプ。ハンドルにはしっかりとグリップできるラーバー仕様。本体はデッキや地面から熱の影響を受けづらい“クールライザー”構造。・チョット腰掛けにも便利な高さ・持ち運びしやすい、インカーブ構造・2Lペットボトルが縦に収納できる容量設計 仕様 原産国  U.S.A サイズ  47×28×43cm 本体重量  3kg 有効内寸  3...
¥ 6,300
2020-08-07 9:10

その他あると便利な道具

釣った魚を一時的に入れておくなどに使えるバケツや、手拭き用のタオル、帽子、ながぐつなど持参すると良いでしょう

ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.