登山に持っていく装備って、人それぞれ個性があって面白いものです。ぼくは登山をはじめて3年足らずですが、この間にも色々なギアを試してきました。この記事では、登山歴3年の筆者が現在使用している持ち物について、ザック(リュック)から服装、小物までご紹介します。

【装備リスト】筆者おすすめ日帰り登山の持ち物  ザックやタオルなど実際に持っていているものを紹介

ぼくが現在、日帰り登山で持ち歩いているのが、以下のものです。

画像1: (筆者撮影)

(筆者撮影)

【持ち物】

  • リュック(ザック)
  • 登山靴
  • 水筒
  • 調理道具
  • カメラ
  • ヘッドライト
  • 地形図 コンパス
  • 携帯電話(GPS)、モバイルバッテリー
  • サコッシュ
  • 速乾性タオル
  • 常備薬各種

【服装】

  • 速乾性のTシャツ、ドライレイヤー、靴下
  • 防寒着
  • 雨具

それぞれ製品名とともに、ポイントをご紹介していきますね。

日帰り登山の持ち物1:ザック(リュック) トレイルバム「ステディ スペクトラ」を筆者は愛用中

画像2: (筆者撮影)

(筆者撮影)

ウルトラライトハイキングの第一人者、土屋智哉さんが立ち上げ、誕生したトレイルバム。

ハイカーにも人気のメーカーが販売する、40-50Lのザックが『ステディ』です。

おすすめしたいところはたくさんありますが、今回は大きく3つ。

【おすすめポイント】

  • 軽い(500g以下)
  • 上部が調節可能な吹き流し(日帰り〜テント泊まで)
  • 必要十分、シンプルなデザイン
画像3: (筆者撮影)

(筆者撮影)

やっぱり軽くてシンプルな機能が魅力。まさに「足るを知る」という言葉がぴったりのザックなんです。

他の登山者ともあまりかぶらないので、人と違うものを使いたい方にもおすすめできます。

画像1: 【初心者必見】登山歴3年の筆者が日帰り登山の持ち物を紹介 ザック・服装・小物まで
トレイルバム ステディー[スペクトラ] TRAIL BUM STEADY [SPECTRA] 80020 ザック バックパック リュック 軽量 <2020 春夏>
オーバーナイトを目的としたハイキング・ロングディスタンストレイル・長期旅行に向かうトレイルバムたちへ。ハイカー“Yas”の自作バックパックなどをベースとして、TRAIL BUMの思いをぎゅっと詰め込んだ、トレイルバムらしいシンプルな構造。ロングディスタンスハイキングに対応する容量と機能を持っています。ウルトラライトバックパックのトラディショナルデザイン。【 SPEC /製品仕様 】■ブランド名:TRAIL BUM■商品名:ステディー[スペクトラ]■商品型番:80020■カラー:ナイトクラウド■サイズ:高さ55×幅28×奥行15.5cm■素材:本体/ナイロンメッシュ/ポリエステル■容量:4...
¥ 22,000
2020-07-20 17:29

日帰り登山の持ち物2:必須装備トレッキングシューズ モンベル「タイオガブーツ」を3年間使用中

画像4: (筆者撮影)

(筆者撮影)

登山をはじめた当初に購入した、モンベルのタイオガブーツ

トレッキングを始めるならぜひこの一足から!」とスタッフさんにおすすめされて購入しました。

あとさき考えず気軽に購入しましたが、今では3泊4日の縦走登山でも大活躍。

3年たった今でもソールのグリップは健在で、まだまだ使えそうです。

画像2: 【初心者必見】登山歴3年の筆者が日帰り登山の持ち物を紹介 ザック・服装・小物まで
【モンベル】タイオガブーツ Men's
軽装備の登山や小屋泊登山などに適したミドルカットの全天候型ブーツです。アッパーにはしなやかで耐摩耗性に優れ、ゴアテックスファブリクスの透湿性を最大限に生かすメッシュを使用。スエードレザーと合成皮革で補強を施すことで、横方向へのぶれを軽減し、安定性を高めています。
ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.