ベータカロテンや各種ビタミン、食物繊維が豊富な「オクラ」は栄養満点な夏野菜です。今回はみんな大好き!「肉巻き」をはじめ、アメリカ料理の「ガンボ」スープなど、体力の落ちやすいこの季節に持ってこいな夏レシピをご紹介します。

調理をする前に、まずはオクラの下ごしらえから。下処理や茹で方のコツは?

調理する前の下ごしらえの方法は4つあります。料理に合わせたり、時間がある時・ない時などで組み合わせください。今回の3つのレシピでは、それぞれどの下ごしらえをしたかを併せてご紹介しています。

1.ていねいな下処理

画像1: (筆者撮影)

(筆者撮影)

ヘタの周り(ガク)を包丁で面取りする要領で、くるりと一周、剥き取ります。

2.カンタンな下処理

画像2: (筆者撮影)

(筆者撮影)

ヘタの近くのガクの部分を切り落とします。

3.板ずり

画像3: (筆者撮影)

(筆者撮影)

まな板にオクラを並べて塩を振り、手のひらで軽く押さえながら転がして表面のうぶ毛を取ります。

4.茹でる

画像4: (筆者撮影)

(筆者撮影)

板ずりした場合はそのまま沸騰した湯で、板ずりしていない時は塩を入れて茹でます。茹で時間は1分から1分半ほど。氷水に入れてすぐにザルにあげて水気をとります。

▼それぞれの詳しい方法はこちらの記事でご紹介しています!

【夏レシピ】オクラの下ごしらえと茹で方をマスター! さっぱりご飯のお供「山形のだし」の作り方も

【オクラの夏レシピ1】山芋+みょうが+梅干+鰹節を混ぜるだけ! そうめんや冷奴のトッピングにも

画像5: (筆者撮影)

(筆者撮影)

加熱調理一切なし!切って、叩いて、混ぜるだけ!キャンプでも作りやすい夏にぴったりな和え物です。

そのまま食べるのはもちろん、冷奴のトッピングにしたり、そうめんやお蕎麦のぶっかけの具にしてもおいしいですよ。

〈材料〉(2~3人分)

  • オクラ…8本(カンタンな下処理+板ずり+茹でる)
  • 山芋…100g
  • 梅干し…1~2個
  • みょうが…1~2個
  • 鰹節…適量
  • だし醤油(白だし+水でもOK)…大さじ1

〈作り方〉

1.山芋の皮を剥いて厚手のビニール袋(もしくは二重にしたもの)に入れてすりこぎか瓶などで、小さな塊が少し残るくらいまでに叩く。

画像: (筆者撮影)ビニール袋の上から叩くと…

(筆者撮影)ビニール袋の上から叩くと…

画像: (筆者撮影)こんな感じにゴロっとねっとり潰れます。

(筆者撮影)こんな感じにゴロっとねっとり潰れます。

2.梅干しは種を除いて包丁で叩いて粗めのペースト状に、オクラはよく水気を取って大きめの斜め切りに、みょうがは厚めの薄切りにします。

3.山芋とオクラ、みょうがをボウルに入れて混ぜ合わせます。

画像6: (筆者撮影)

(筆者撮影)

4.器に盛り、梅干しと鰹節を乗せてだし醤油をかけ、よく混ぜていただきます。お好みで卵の黄身を乗せてもOKです。

【オクラの夏レシピ2】フライパンひとつで簡単! キャンプで作りやすい豚肉巻き

画像7: (筆者撮影)

(筆者撮影)

オクラのとろみと豚肉のカリッとした食感がベストマッチな肉巻きレシピです。からめた甘酢たれが食欲をそそります! お好みでマヨネーズをつけて食べてもOKです。

さっぱり目がお好みの方は、焼き上がったらカレー塩やクミン塩をつけて食べるアレンジバージョンもどうぞ。

〈材料〉(2~3人分)

  • オクラ…8本(ていねいな下処理+板ずり)
  • 豚バラ薄切り肉…8枚(約200g)
  • 塩…適量
  • 胡椒…適量
  • 小麦粉(片栗粉)…大さじ1
  • サラダ油…大さじ1/2

〈A〉たれ

  • 醤油…大さじ1
  • みりん…大さじ1
  • 酒…大さじ1
  • はちみつ(or砂糖)…大さじ1
  • 酢(or黒酢)…大さじ1

〈作り方〉

1.豚バラ肉の薄切りを一枚ずつ広げて塩胡椒を振り、オクラに巻きつけていきます。豚肉が薄い場合は、二重に巻いてもOKです。

画像8: (筆者撮影)

(筆者撮影)

2.小麦粉を1に薄くまぶします。

画像9: (筆者撮影)

(筆者撮影)

3.フライパンに油を引き、中火で肉がカリッとするまで焼きます。

画像10: (筆者撮影)

(筆者撮影)

4.3に〈A〉を入れて煮詰め、肉にからめて照り焼きにしたらできあがりです。

画像11: (筆者撮影)

(筆者撮影)

ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.