さまざまな調理法で美味しく食べられるズッキーニ。クセがなく淡白な味わいなので、コクのある調味料や食材によく合います。今回はズッキーニに合う食材と、おすすめのレシピを紹介します!

【レシピ3. ズッキーニ&ツナ】缶詰で簡単!『ツナとズッキーニのオイルパスタ』

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

何を作ろうか迷ったとき、頼りになるのがツナ缶。缶を開けるだけですぐに使えるので、ストックしている方も多いのではないでしょうか?

オイル感の強いツナ缶は、ズッキーニと相性抜群です。ツナの旨みが染み込んだズッキーニは格別の美味しさ。お好みで輪切り唐辛子を入れて、ペペロンチーンにしても良いでしょう。

材料(1人前)

  • スパゲッティ 100g
  • ツナ缶 1缶
  • ズッキーニ 半分
  • にんにく 1かけ
  • オリーブオイル 大さじ1
  • 塩こしょう 適量

<作り方>

1.鍋にたっぷりのお湯を沸騰させ、塩とスパゲッティを入れ、表示時間通りに茹でる。茹で汁は捨てずにとっておく。

2.ズッキーニを半月切りにする。

3.フライパンにオリーブオイル・にんにくをいれ、弱火で熱する。

4.香りが立ってきたらズッキーニを入れ、ズッキーニがしんなりとしたらオイルを半分切ったツナ缶を入れる。

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

5.塩こしょうをふる。

6.スパゲッティの茹で汁を少量加えて混ぜ、茹でたスパゲッティーを入れて軽く炒め合わせたら完成

▽ちょっとした贅沢が味わえる高級ツナ缶。ギフトにも人気!

画像3: ズッキーニに合う食材とおすすめレシピ5選 スキレットで作る簡単キャンプ飯も!
高級 ツナ缶 3缶ギフトセット ★ 国産赤唐辛子入りピリ辛ツナ×1缶、エキストラバージンオリーブオイルツナ×1缶、国産にんにく入りツナ×1缶
¥1,590
2020-07-11 10:51

【レシピ4. ズッキーニ&チーズ】色鮮やか『ズッキーニとトマトのグラタン』

画像9: 筆者撮影

筆者撮影

ホワイトソース不要で、いつでも手軽に作れる簡単グラタン。トマトの酸味とチーズのコクが絶妙にマッチしています。色鮮やかで食べ応えも十分なので、アウトドアの主役料理におすすめです!

材料(1人分)

  • 鶏肉 100g
  • ズッキーニ 半分
  • トマト 半分
  • 薄力粉 大さじ2
  • バター10g
  • 牛乳 150ml
  • 塩こしょう 少々
  • とろけるチーズ 適量

<作り方>

1.鶏肉・ズッキーニ・トマトを食べやすい大きさに切る。

2.バターを熱したフライパンに鶏肉とズッキーニを入れ、しんなりするまで中火で炒める。

3.火を止めて薄力粉を振り入れ、ダマにならないよう混ぜる。

画像10: 筆者撮影

筆者撮影

3.火を弱火にし、牛乳を少量ずつ加えてその都度ヘラで混ぜる。

4.塩こしょうで味を整え、好きなとろみ加減になるまで混ぜ続ける。

画像11: 筆者撮影

筆者撮影

5.スキレットや耐熱皿に移し、カットしたトマトととろけるチーズののせる。

画像12: 筆者撮影

筆者撮影

6.グリルで焦げ目が付くまで焼く。お好みでこしょうやハーブを散らして完成。

【レシピ5. ズッキーニ&マヨネーズ】忙しいときにおすすめ『ズッキーニの和風マヨネーズ焼き』

画像13: 筆者撮影

筆者撮影

家に必ずあるマヨネーズと醤油を使って作るスピードメニューです。あっさりとした淡白な味わいのズッキーニは、コクのあるマヨネーズと相性抜群。

グリルで手軽に作れるので、コンロを使いたくない暑い日にもおすすめのメニューです。おかずがあと一品足りないときや、パパの晩酌のお供にいかがでしょうか?

材料(1〜2人分)

  • ズッキーニ 半分
  • マヨネーズ 大さじ2
  • 醤油 小さじ2

<作り方>

1.マヨネーズと醤油を混ぜてソースを作る。

画像14: 筆者撮影

筆者撮影

2.1cm程度の輪切りにしたズッキーニにソースをのせる。

画像15: 筆者撮影

筆者撮影

3.グリルで焦げ目がつくまで焼いたら完成。

ズッキーニはビタミンCなど栄養豊富! 色々なアレンジでキャンプでもおいしく活用しよう

画像: 123rf

123rf

ズッキーニはきゅうりに似ていますが、実はかぼちゃの仲間。β-カロテンや食物繊維、ビタミンCがバランス良く含まれています。

オリーブオイルやバターなどの油で炒めることで、β-カロテンの吸収率がアップするというメリットもあります。

栄養豊富で使い勝手の良いズッキーニを、ぜひ活用してみてくださいね!

▼こちらの「スキレット料理」や「夏野菜料理」など、おうちキャンプでも楽しめるレシピも参考にどうぞ!

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.