テント張りや片付けは面倒くさい。そんな風に思ってませんか? 「LOGOS(ロゴス)」の次世代テント「エアマジック ドーム」シリーズならそんなことはありません。メインフレームに空気を注入するだけでテント張りが完了してしまうというお手軽さ。そんな同シリーズに新作が到着しました!

耐風性・通気性に優れた「Tradcanvas エアマジック ドーム」なら、快適な居住空間が広がる!by LOGOS(ロゴス)

画像1: 出典:ロゴスコーポレーション https://www.logos.ne.jp
出典:ロゴスコーポレーション https://www.logos.ne.jp

ひとりで簡単に設営できるエア注入式構造を採用した2種類の「Tradcanvas エアマジック ドーム」。フレームの代わりに、エアチューブに空気を入れるだけで組立てできるので、時間のかかるテントを短時間で設営でき、圧倒的に簡単なのが特徴です。

画像2: 出典:ロゴスコーポレーション https://www.logos.ne.jp
出典:ロゴスコーポレーション https://www.logos.ne.jp
画像3: 出典:ロゴスコーポレーション https://www.logos.ne.jp
出典:ロゴスコーポレーション https://www.logos.ne.jp

インナーテント上部には、ベンチレーションを標準装備。室内換気に優れており、いつでも快適に過ごせます。しかもフックを装備しているため、照明代わりにランタンを吊り下げておくと良さそうです。

画像4: 出典:ロゴスコーポレーション https://www.logos.ne.jp
出典:ロゴスコーポレーション https://www.logos.ne.jp

また、出入口は開口部を広くとっており、スムーズな移動が可能。靴の脱ぎ履きに便利なウェルカムシートが付いている点も嬉しいですね。

「Tradcanvas エアマジック ドーム XL-BJ」は家族6人で、「Tradcanvas エアマジック ドーム M-BJ」は家族4人で使用するのに最適なサイズ感です。

画像5: 出典:ロゴスコーポレーション https://www.logos.ne.jp
出典:ロゴスコーポレーション https://www.logos.ne.jp

なおテントには空気を出し入れする専用ポンプが付属。どちらのテントも設営約100秒足らずで完成してしまい、適量になるとテントの方で“空気”を読み、自動で止まってくれるとのこと。

手間がかかるテントの組み立てが簡単に終われば、子どもたちの見る目が変わるかもしれないし、それだけキャンプを楽しむ時間は増えるはず。今年の夏キャンプはロゴスの「Tradcanvas エアマジック ドーム」テントを子どもたちと一緒に遊びながら立ててみてはいかがでしょうか?

画像6: 出典:ロゴスコーポレーション https://www.logos.ne.jp
出典:ロゴスコーポレーション https://www.logos.ne.jp

Tradcanvas エアマジック ドーム XL-BJ 価格 ¥79,000(税別)
【SPEC】
総重量:(約)9.0kg
サイズ:(約)幅310×奥行405×高さ190cm
インナーサイズ:(約)幅270×奥行270×高さ165cm
収納サイズ:(約)幅75×奥行32×高さ32cm
主素材:[フレーム]TPUチューブ [フライシート]難燃性ポリタフタ(耐水圧2000mm、UV-CUT加工) [インナーシート]ポリタフタ(ブリーザブル撥水加工) [フロアシート]ポリタフタ(耐水圧3000mm) [メッシュ]ポリエステル

Tradcanvas エアマジック ドーム M-BJ 価格 ¥59,000(税別)
【SPEC】
総重量:(約)7.0kg
サイズ:(約)幅250×奥行337×高さ147cm
インナーサイズ:(約)幅210×奥行210×高さ127cm
収納サイズ:(約)幅70×奥行30×高さ30cm
主素材:[フレーム]TPUチューブ [フライシート]難燃性ポリタフタ(耐水圧2000mm、UV-CUT加工) [インナーシート]ポリタフタ(ブリーザブル撥水加工) [フロアシート]ポリタフタ(耐水圧3000mm) [メッシュ]ポリエステル

画像: 【注目リリース】30回のポンプ注入で設営。初心者でも扱えるLOGOS(ロゴス)の「Tradcanvas エアマジック ドーム」
Tradcanvas エアマジック ドーム XL-BJ

お問い合わせ:ロゴスコーポレーション・コンシューマ係
0120-654-219
https://www.logos.ne.jp

こちらの記事もどうぞ

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.