昔から畳で過ごしてきた日本人。だからか最近のキャンプでは、低いポジションで地面に近いスタイルで過ごす人が多いそう。そこで「LOGOS(ロゴス)」から新たに登場した新作「キングあぐらチェア」を試してみてはいかがでしょうか。

「キングあぐらチェア」はワイド&ハイバックで長時間座っても快適!by LOGOS(ロゴス)

画像1: 出典:ロゴスコーポレーション https://www.logos.ne.jp
出典:ロゴスコーポレーション https://www.logos.ne.jp

あぐらが組めるローポジションタイプの「あぐらチェア」をベースに、座面をよりワイドに改良した本シリーズ。

荷重120kgまで耐えられるという2種類のチェアは、どちらも頭までしっかりサポート。ハイバック仕様で疲れにくいうえに、適度な傾斜でポケットのように体を受け止めてくれるので、長時間の使用でも安心してくつろげそう。

画像2: 出典:ロゴスコーポレーション https://www.logos.ne.jp
出典:ロゴスコーポレーション https://www.logos.ne.jp

また、座高22cmと座面が低く、背面には大型ポケットが付いており、雑誌やタブレットが収納可能とロースタイルでのキャンプに大活躍してくれそうですね。

画像: Tradcanvas 難燃BRICK・キングあぐらチェア 出典:ロゴスコーポレーション https://www.logos.ne.jp

Tradcanvas 難燃BRICK・キングあぐらチェア

出典:ロゴスコーポレーション https://www.logos.ne.jp

Tradcanvas 難燃BRICK・キングあぐらチェア 価格¥6,300(税別)
【SPEC】
総重重:(約)3.5kg
サイズ:(約)幅60×奥行74×高さ80cm(座高22cm)
収納サイズ:(約)直径19×高さ94cm
耐荷重目安:(約)120kg※静止荷重
主素材:[フレーム]スチール [生地]900D ポリエステル(PUコーティング)

「Tradcanvas 難燃BRICK・キングあぐらチェア」は、飛び火しても燃え広がらない極厚の難燃性生地「難燃BRICK」が特徴です。たき火やBBQの際に火の粉が降りかかっても燃え広がらないので、安心して使用できるほか、万が一焦げてしまっても、生地に採用したレンガ色であれば、むしろアジと呼べるのでは?

画像: キングあぐらチェア(LOGOS LAND) 出典:ロゴスコーポレーション https://www.logos.ne.jp

キングあぐらチェア(LOGOS LAND)

出典:ロゴスコーポレーション https://www.logos.ne.jp

キングあぐらチェア (LOGOS LAND) 価格¥6,300(税別)
【SPEC】
総重重:(約)3.5kg
サイズ:(約)幅60×奥行74×高さ80cm(座高22cm)
収納サイズ:(約)直径19×高さ94cm
耐荷重目安:(約)120kg※静止荷重
主素材:ポリエステル(PUコーティング)

一方の「キングあぐらチェア(LOGOS LAND)」は、LOGOS LAND柄のビッグプリントがポイント。柄の中にはLOGOS定番の数種類のアイテムや文字が隠れており、使うだけでなく、見て楽しめる遊び心のあるアイテムです。

地面に近い位置に座れば視界が広がり、より開放的な風景を楽しめるはず。ぜひともご活用ください!

画像3: 出典:ロゴスコーポレーション https://www.logos.ne.jp
出典:ロゴスコーポレーション https://www.logos.ne.jp
画像1: 【注目リリース】LOGOS(ロゴス)の「キングあぐらチェア」が、快適&たき火に最適!
Tradcanvas 難燃BRICK・キングあぐらチェア
画像2: 【注目リリース】LOGOS(ロゴス)の「キングあぐらチェア」が、快適&たき火に最適!
キングあぐらチェア(LOGOS LAND)

お問い合わせ:ロゴスコーポレーション・コンシューマ係 0120-654-219 https://www.logos.ne.jp

こちらの記事もどうぞ

ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.