これから旬を迎えるとうもろこし(スイートコーン)。6〜9月中旬の初夏〜初春にかけて出回る、夏の野菜です。今回は、とうもろこしの選び方のポイントや、BBQ(バーベキュー)での美味しい焼き方、ご家庭での調理のポイント、おすすめレシピをご紹介します!

キャンプでもできる!鍋で作る絶品とうもろこしご飯

新鮮なとうもろこしが手に入る時期だけのお楽しみ、とうもろこしご飯。炊飯器でも簡単に作ることができますが、お鍋で作るとおこげが最高なんですよね〜。

今回は、土鍋でとうもろこしご飯を作ってみました。同じ手順でダッチオーブンルクルーゼなどの無水鍋でもできるので、キャンプやBBQ(バーベキュー)で作るのもおすすめです。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

<材料>
米 3合
とうもろこし 1.5本
酒 大さじ1
塩 ひとつまみ

米1合につき、とうもろこし1/2本の割合です。

<作り方>

1、米を研ぎ、通常ごはんを炊く時と同じ水加減で20分ほど浸水させる

しっかり浸水の時間を取ったほうが、美味しく炊きあがります。

2、とうもろこしの実をそぐ

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

とうもろこしを半分に切り、まな板に立てた状態で粒をそいでいきます。芯まで削いでしまうと口当たりが悪くなるので、芯から少し離れたところに包丁を入れるのがポイントです。もったいないと思ってしまいますが(笑)、芯も調理に使うのでご心配なく!

3、土鍋に米と水を入れ、塩、とうもろこしを入れる

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

まずは米と水を鍋に入れ、塩ひとつまみを入れてかきまぜます。その上に乗せるようにしてとうもろこしの粒を入れます。この時、一ヶ所だけに偏らないよう、まんべんなく乗せてください。最後に、とうもろこしの芯を乗せます。

4、強めの中火で加熱、沸騰したら弱火にして10〜15分

鍋にふたをして火にかけます。はじめは強めの中火で、中がぶくぶく沸騰してきたら弱火にして10〜15分ほど加熱します。

5、火を止めて、さらに10〜15分ほど蒸らす

ふたは取らずに、火を止めてそのまま10〜15分放置。

6、芯を取り出し、酒をまわしかけて、できあがり!

しっかり蒸らしたら、ふたを開け、とうもろこしの芯を取り出します。酒大さじ1をさっとまわしかけ、鍋の下から米ととうもろこしが均等に混ざるよう、ふんわりと混ぜます。酒は匂い消しと風味付けのために使用しますが、敏感な方やお子さん向けの食事では使わなくてもOKです。

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

とうもろこしの芯を入れることで、芯から出汁が出て、なんとも言えない旨味と甘みのあるとうもろこしご飯ができます。ふたを開けた時の甘い香りに感動してしまうはず!

画像9: 筆者撮影

筆者撮影

アツアツをお茶碗によそって食べれば、おかずがいらないほどの絶品ですが、お好みでかつおぶしをかけると最高に美味しいですよ!

画像3: 【キャンプ活躍レシピ】意外と知らない!?とうもろこしを美味しく食べるコツ★キャンプ・BBQ(バーベキュー)向け!
HALムスイ KING無水鍋(R)24 両手鍋 24cm 無水調理 1鍋8役 日本製 600034
内径:24cm 重量:約2.24kg
満水容量:本体/4.0L(6.5合炊き)・蓋/1.9L
サイズ:最大長さ(持ち手含む)31.6×最大高さ14.3cm・本体深さ9.4cm
対応熱源:IH・直火(ガス・ハロゲン・ラジエント:蓋は直火専用)/オーブン可・電子レンジ不可
生産国:日本
¥15,500
2020-06-10 15:27
画像4: 【キャンプ活躍レシピ】意外と知らない!?とうもろこしを美味しく食べるコツ★キャンプ・BBQ(バーベキュー)向け!
【セット買い】バーミキュラ オーブンポットラウンド 22cm マットブラック SUMI(炭) スミ + ナチュラルウッド マグネットトリベット 22cm用 ブラックウォールナット×ブラック BKxBK
【よく一緒に購入されている商品をセット買い】
バーミキュラ オーブンポットラウンド 無水 ホーロー鍋 22cm マットブラック SUMI(炭) スミ
バーミキュラ ナチュラルウッド マグネットトリベット 22cm用 ブラックウォールナット×ブラック BKxBK
¥38,500
2020-06-10 15:32
画像5: 【キャンプ活躍レシピ】意外と知らない!?とうもろこしを美味しく食べるコツ★キャンプ・BBQ(バーベキュー)向け!
長谷園 かまどさん ご飯 鍋 三合炊き (直火専用) NCT-01
サイズ:約24×24×18cm
素材:陶器
生産国:日本
容量:約1.5L
¥11,136
2020-06-10 15:46

アレンジレシピ:しょうゆバターの焼きおにぎり

余ったとうもろこしご飯は、おにぎりにするのがおすすめ。三角に握っておいて、翌日食べる時に焼きおにぎりにすれば、違った美味しさが楽しめますよ。

炊飯器でとうもろこしご飯を作った時も、炊いたその日に、残った分はおにぎりにするのがおすすめです。炊飯器に入れたまま長時間保温をすると、とうもろこしに火が通りすぎてしまい、食感や風味が落ちてしまいます

画像10: 筆者撮影

筆者撮影

<材料> おにぎり2個分

とうもろこしご飯 適量
しょうゆ 小さじ2
バター 小さじ2

<作り方>

1、とうもろこしご飯を握り、おにぎりにする

とうもろこしが入っているためポロポロと崩れやすいので、普段のおにぎりよりも固めに握るのがポイントです。また、後でしょうゆを使うので、握る時の塩は不要です。

2、フライパンにバターを入れて溶かし、しょうゆをたらす

バターが溶けたら、おにぎりを置く部分にしょうゆをたらします。フライパン全体にしょうゆを伸ばさず、おにぎりを置く部分だけにたらせばOK。

3、しょうゆの上におにぎりを置き、焼き目がついたら裏返す

画像: <作り方>

おにぎりの下で、しょうゆとバターがぶくぶくするのを確認。きつね色に焦げ目がついたら、おにぎりを返して裏面も焼きます。

4、両面にこんがり焦げ目がついたら、できあがり!

焦げたしょうゆバターととうもろこしがベストマッチ。カリッとしたおこげの食感も楽しいおにぎりです。残り物とは思えない、ごちそう級の美味しさ。

なお、フライパンではなくトースターでも簡単にできますよ。トースターを使う場合は、はけなどを使っておにぎりに直接バターとしょうゆを塗ってください。

6月に入り、そろそろ新鮮で上質なとうもろこしがお手頃価格で出回りはじめます。この時期だけの旬のとうもろこしを、BBQ(バーベキュー)やキャンプ、そしてご家庭で、めいっぱい楽しんでくださいね!

こちらの記事もどうぞ

This article is a sponsored article by
''.