おぎやはぎのお二人がキャンプを楽しむ番組「おぎやはぎのハピキャン(メ~テレ制作)」。シーズン12の最後は、番組が始まって1年が経つおぎやはぎさんのキャンプスキルが試される焚き火作りソロキャンプ飯。うしろシティ・阿諏訪さんが作る激ウマ料理と、Creepy Nuts・DJ松永さんの料理スキルも必見です!

▼番組ロケ密着記事vol.1・2が未読の方はこちらから!

いよいよ焚き火作り開始! 手際よく順調に火おこしできた2名の様子

画像1: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

阿諏訪さんの「焚き火やりましょう!」の声に、みなさん「やったー!」と大喜び。

それぞれのリュックから焚き火台を取り出し、焚き火の準備に取り掛かります。

画像2: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

矢作さんは着々と準備を進めます。

画像3: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

着火もバッチリ!もう一人でキャンプをしても大丈夫ですね!

画像4: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

DJ松永さんも阿諏訪さんからレクチャーを受け、火おこしから挑戦!

画像5: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

ファイヤースターターを使った着火方法で、火おこしにチャレンジです!

画像1: 【番組ロケ密着】阿諏訪流・ソロブッシュクラフトキャンプvol.3 焚き火作りと料理に挑戦!
232 PPLS マグネシウム ファイヤースターター 火打ち石 ミニ 5個セット TR-FSS5
¥1,500
2020-04-23 17:13

教える阿諏訪さんも、実践するDJ松永さんも楽しそう!

画像6: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

あっという間に着火に成功し、「音もいいですね〜」と焚き火を楽しむDJ松永さん。

初めてのソロキャンプ、満足していただけているようです!

画像7: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

焚き火をしている姿が様になっていますね。

焚き火開始までに手こずってしまった阿諏訪さん&小木さん 無事火おこしできるのか?

阿諏訪さんは、火打ち石とチャークロス(火口となる炭化布)、麻ひもで火おこし。

画像8: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

ライターやマッチなど簡単に着火できる道具があるのに、わざわざ難しい火おこし方法に挑戦。

火おこし一つに手間をかけるのも、ブッシュクラフトの魅力の一つです。

さすが阿諏訪さん!と思いきや……

画像9: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

なかなか火がつきません!!

阿諏訪さん「やめよ、全然おもしろくない!」と手軽な着火方法に切り替え。

こういうこと、よくありますよね!

画像10: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

阿諏訪さん、矢作さん、DJ松永さんの3人は、それぞれの焚き火を楽しみながら、まったり休憩中。

画像11: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

そんな中、一人まだガサゴソ焚き火台を組み立てている小木さん。

取扱説明書がない中、初見で組み立てるのに苦労しています。

画像12: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

心配して様子を見にきた、矢作さんとDJ松永さん。

画像13: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

小木さんもなんとか焚き火台を組み上げ、火おこし成功!

さすが、火おこしは手慣れていますね!

画像14: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

小木さん、まじまじと火を見つめ「火のある世界はいいな」と一言。今日は寒かったですもんね。

画像15: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

各自しばし火を見つめたところで、料理作りを始めます!

おなかペコペコ! 料理作りに挑戦 阿諏訪さん&DJ松永さんの絶品料理も注目!

画像16: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

阿諏訪さんが取り出したのは、数種類のスパイスや調味料を持ち運ぶのにとっても便利なスパイスロケット

画像17: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

スパイスや調味料は持ち運びに困るものの一つですが、スパイスロケットがあればコンパクトになり持ち運び便利です。

画像2: 【番組ロケ密着】阿諏訪流・ソロブッシュクラフトキャンプvol.3 焚き火作りと料理に挑戦!
GSI 調味料入れ スパイスロケット 11871997000000
サイズ:約5.3cm×約5.3cm×約11.6cm
重量:119g
材質:BPAフリーコポリエステル
耐熱温度:70℃
¥2,640
2020-04-22 11:27

料理上手な阿諏訪さんが持ち歩いているスパイスは、旨味調味料・黒瀬スパイス・トリュフ塩・塩・コンソメ・ホワイトペッパーの6種類だそう。

画像3: 【番組ロケ密着】阿諏訪流・ソロブッシュクラフトキャンプvol.3 焚き火作りと料理に挑戦!
黒瀬食鳥 黒瀬のスパイス 瓶 110g
原材料:食塩、胡椒、醤油、レッドベルペッパー、フライドガーリック、パプリカ、コリアンダー、グリーンベルペッパー、パセリ、オニオン粉末、唐辛子、マジョラム、オレガノ、バジル、調味料(アミノ酸等)、(原材料の一部に大豆、小麦を含む)
内容量:110g
商品サイズ(高さx奥行x幅):12cm×5cm×5cm
¥648
2020-04-23 17:20

みなさんとても静かに、黙々と料理を作っています。

そんな中、何やら手際良く鶏肉を切っているDJ松永さん。

画像18: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

どうやら今夜はジョグダイヤル(ターンテーブル)ではなく、焼き鳥の串を回すようです!

器用な指先は、焼き鳥の串打ちにも活かされています。

この焼き鳥が、あとでおぎやはぎのお二人を喜ばせることに…!

画像19: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

一方で矢作さん、今夜はチーズフォンデュを作ります。

画像20: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

れんこんどう切るの?アスパラどこまで食べられるの?」と、慣れない料理に奮闘中!

「アスパラ茹でるの人生初だ!」と言ってましたが、順調に調理を進めていきます。

…と思ったら、ここで矢作さんにハプニング発生!

料理中に火が消えかけているー!!

画像21: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

しかし、そこはさすが1年もキャンプ番組を続けているだけあって、対処もスムーズ!

すかさずファイヤーブラスター(火吹き棒)で火を戻します。さすがキャンプスキルがしっかり身についていますね。

画像4: 【番組ロケ密着】阿諏訪流・ソロブッシュクラフトキャンプvol.3 焚き火作りと料理に挑戦!
ファイヤーサイド ファイヤーブラスター FB1
熾き火や炭火、弱くなった炎がすぐに甦る ドイツ製のオシャレな「火吹き棒」
¥3,530
2020-04-23 17:25

そんな中、阿諏訪さんがさっそく一品完成!さすが手慣れていらっしゃる!

画像22: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

阿諏訪流「フルーツトマトのカプレーゼ」の完成です!

画像23: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

みなさん、阿諏訪さんの前に集まり実食。

口々に「うまい!」と一言。見ているこちらもお腹が空いてたまりませんでした!

さて、小木さんは静かに淡々とアヒージョを作っています。

画像24: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

完成したアヒージョがこちら!

画像25: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

いかにも男性らしい豪快なチーズの入れ方がいいですね!ニンニクもたっぷり入っていて美味しそう!

小木さんも、アヒージョにバゲットをつけて「おいしい〜!」と満足。

しかし、小木さんのアヒージョを見た阿諏訪さんが「見た目すげー悪いですよ」と一言。たしかに、見た目は豪快です(笑)。

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.