キャンプや登山でコーヒーを飲んだり、料理をしたりするのに欠かせない「バーナー」。実はデザインや機能だけでなく、使う燃料や仕様も様々な種類があるんです。今回は小学校の頃からキャンプ経験がある筆者が、選び方のポイントを含め、厳選したおすすめのバーナーをキャンプシーン別にご紹介します。

バーナーの種類は大きくわけると「ガソリン」「ガス」「アルコール」の3種類がある

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

バーナーを選ぶときにチェックしたいのが「燃料」です。

ガソリンバーナー(ガソリン・灯油など)

ホワイトガソリンを使用するバーナーです。

※車やオートバイなどに給油するレギュラーガソリンとは違いますので注意!

火力が非常に強く、気圧や気温の影響を受けにくいのが魅力。しかし、加圧のための「ポンピング」や、ガソリンの気化を促進するための加熱「プレヒート」などの手間がかかるため、慣れないと少し大変かもしれません。

ガソリンの他にも灯油や軽油を使えるものもあり、これらはガソリンよりも燃料コストがかからないのでお財布にやさしいですね。

ただし、灯油専用のバーナーは今ではあまり見かけることがないため、灯油を使う場合は、ガソリンも灯油も使えるマルチ・フューエル式のバーナーを選びましょう。

ガスバーナー

バーナーの中でシェア率が高いのが、ガスを燃料にするバーナーです。

点火が簡単で初心者にも扱いやすく、コンパクトで持ち運びもラクラクなのが人気の理由。ただし、ガソリンよりも気圧や気候の影響を受けやすく、燃料コストがほかのに比べて高くなります。

またガスバーナーの燃料には種類があるので、この点も注意しなくてはいけません。

☆ガスバーナーの種類については後述します。

画像: ガスバーナー

アルコールバーナー

アルコールを燃料にするタイプは、携帯性に優れているのがポイント。

火力は他のバーナーに比べて劣りますが、燃料が燃える音が静かで、ゆらゆらと揺らめく炎を見つめながら、夜を過ごすことができます。また空き缶などで自作も可能ですよ。

ガスバーナーには「OD缶」用と「CB缶」用の2種類!その違いとは?

先述の通り、ガスバーナーの燃料には種類があります。OD缶タイプとCB缶タイプの2種類で、それぞれのメリットとデメリットをまとめました。

OD缶(アウトドア用ガス缶)

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

OD缶は「OutDoor(アウトドア)」用のガス缶のことです。野外で使われることを考え、屋外でも安定して使える火力があります。アウトドア用品店などで手に入ります。

CB缶(カセットボンベ缶)

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

CB缶は「Cassette(カセット)gas」「Bombe(ボンベ)」の略ですので、お鍋などを食卓でするときに使うカセットコンロに使うタイプのガス缶です。

CB缶はOD缶より火力が劣りますが(パワーガスタイプを除く)、キャンプ以外にも幅広く利用されているため、コンビニやドラックストアなどで入手可能。一番気軽に手に入れられる燃料と言えるでしょう。

ただし、各メーカーからは、「自社製品以外のカセットガス器具には使用しないように」と注意書きがありますので、使用上の注意を守ってくださいね。

さらに忘れてはならないのが! カセットボンベは必ず使い切って、振って音がしないことを確かめてから捨てましょう!

次にキャンプシーン別におすすめしたいバーナーを4選ご紹介します!

<ガソリンバーナー> ワカサギ釣り&雪上キャンプや〝道具を育てたい〟キャンパーにおすすめ!

MSR ウィスパーライト インターナショナル 36633

気温と気候に左右されにくいガソリンバーナーは寒い時期や「雪上」で使うのがおすすめ。冬のワカサギ釣りなど雪上キャンプにはぴったりではないでしょうか。

また「ポンピング」や「プレヒート」などの手間がかかるからこそ愛情がわくというもの。キャンプ慣れをしてきたキャンパーにもおすすめです。

灯油も使えるマルチ・フューエル式バーナー。コンパクトで登山愛好家の中でも人気のバーナーです。

画像1: MSR・プリムスなどキャンプシーン別おすすめバーナー4選&燃料選びのポイントをご紹介
MSR(エムエスアール) 【国内正規品】ウィスパーライトインターナショナル 36633
※納期表示のご説明はこちら仕様/規格●重量:309g(ストーブ+燃料ポンプ)●使用可能燃料:ホワイトガソリン、無鉛ガソリン、灯油●各ストーブの燃料ボトルは別売りです。●各ストーブにはストーブ本体にポンプ、ウィンドスクリーン、簡単なメンテナンスキット、説明書とスタッフサックが付属しております。●Made in Seattle、USA●株式会社モチヅキ取扱正規品。テント・スノーシューの保証適用の際はユーザー登録が必要となります。同梱されているユーザー登録はがきをご覧くださいませ。 メーカー品番36633 商品説明●灯油も使えるガソリンストーブの定番MSRウィスパーライトインターナショナルが改...
¥ 16,500
2020-06-05 17:43

【製品情報】
・本体収納サイズ 150×90×90mm

・重量:309g

・最高出力:約2,772kcal/h

・燃焼時間(ホワイトガソリン)/600ml 110分

・燃焼時間(灯油)/600ml 160分

<OD缶ガスバーナー> 登山に便利! 軽量コンパクト&ハイパワーと三拍子揃ったウルトラバーナー!

プリムス P-153 ウルトラバーナー

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

登山をするなら極力荷物を軽くしたいもの。また気圧や気温の変化にもある程度対応できて、着火が早いとなおさらいいですよね。

そのため登山には、圧電点火方式で、火力が安定しやすい野外用に作られたOD缶のガスバーナーがおすすめ。

手のひらサイズの超軽量&小型のガスバーナーですが、3600kcal/hとパワーもあります。登山にいくときにリュックにそのまま入れておくと、あまりの小ささにリュックの中で見失うため、コッヘルの中に入れておくのがおすすめですよ!

軽量コンパクト&ハイパワーと三拍子揃ったウルトラバーナー は、ハイキングから登山まで大活躍です。

画像2: MSR・プリムスなどキャンプシーン別おすすめバーナー4選&燃料選びのポイントをご紹介
PRIMUS(プリムス) P-153 ウルトラバーナー
圧電点火装置付。出力3,600kcal/h(T型ガス使用時)。ガス消費量245g/h。燃焼時間約55分(IP-250タイプガス使用時)。
ゴトク径最大148mm/最小90mm。収納サイズ7.5×8.8×3.0cm。本体重量110g(本体99g+点火装置11g)。
¥8,010
2020-06-08 9:02

【製品情報】
・収納サイズ:7.5×8.8×3.0cm

・本体重量:110g

・出力:4.2kW/3,600kcal/h(T型ガス使用時)

・燃焼時間:約55分(IP-250タイプガス使用時)

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.