キャンプの必需品として多くのキャンパーが使っている「タープ」。日差しや雨風から守ってくれるアイテムですね。テントと連結してリビングルームとして活用したり、調理スペースを確保したり人によって使い方は様々です。そこで今回、数あるタープの中でも使い勝手の良いポリコットン素材に注目します。タープの張り方からおすすめ商品まで徹底解説していきます。

タープは日差しや雨風を避けたり自然の中の広々快適空間を確保できる! ポリコットン素材の特徴も解説

画像: タープ イメージ写真

タープ イメージ写真

キャンプ初心者であれば「タープって何?」と思う人も中にはいるでしょう。タープはテントとは少し違った使い方として、日除けや雨風除けをメインとして使うものです。自然の中の空間を確保するために使うものなので、タープを利用することでより広々とした快適な空間を作ることができます。

では、タープの素材としてポリエステルやコットンなどもありますが、ポリコットンをなぜおすすめしているかを紹介していきます。

ポリコットンとは?

ポリコットンとは、合成ポリエステル繊維と天然コットンから成る混紡素材です。そのため綿特有の柔らかい・吸収性があるなどの特性と耐久性に優れる・お手入れ簡単などポリエステルの特性をミックスした両者のイイとこ取りの素材なんです。

ポリコットンはハイブリッド素材のため丈夫で耐久性があり通気性も備えるなど利点が多いのです。さらに!…

熱に強い

ポリコットン素材は熱に強く、耐熱性が高いのが特徴です。それに比べポリエステル製の場合は火に弱く、火の粉が当たると簡単に穴が空いてしまいます。

1年を通して焚き火をするキャンパーさんは多いですよね。ポリコットンタープであればその心配が少なく、タープ下で焚き火を楽しむことも可能なんです。

雨に強い

耐熱性に加えて、耐水性も高いんです。ポリコットンはコットンが含まれている素材なので、水に弱い印象がありますが、そんなことはありません。ポリエステルの耐水性をしっかり合わせ持っているので、雨が降っても問題ありません。

突然の雨に見舞われることもありますが、ポリコットンタープなら急な天候の変化にもしっかり対応できます!

ポリコットンタープってどのように張ればいい? 上手に張るためのコツはある?

画像: ポリコットンタープってどのように張ればいい? 上手に張るためのコツはある?

タープを使ったことがない方が心配するのは、タープの張り方ですよね。しっかりとした張り方をしなければ、タープの役割や魅力を存分に引き出すことができません。

タープを張る時のポイントをいくつか紹介します。

1.場所を選びタープを広げておく

まず始めに、タープとテントのレイアウトを決めて、設営イメージを描きながらタープを広げます。次にポールを立てる場所、ペグを打つ場所のそれぞれの場所に、あらかじめポールとペグを配置しておき、設営がスムーズに進められるように準備しましょう。

2.4カ所のペグを打ち、ポールを立てる

ポール部分から出ている2本の張り縄、左右合わせて4本にペグを打ち込みます。

ペグを打つときは、地面に対して直角ではなく、45~60度の角度で打ちましょう。その理由は、ポールを立てた時の重みで、ペグが抜けてしまうからです。

張り縄に付いている自在は短めにしておきます。ポールを立てた時に、タープがバタつくのを抑えてくれます。

反対側も同様にペグを打てたら、2人で同時にポールを立ち上げます。1人の場合は、片方づつでも問題ありません。

タープに緩みがある場合は、自在を調節してピンとタープを張りましょう。

3.4つ角をペグダウンすれば完成

残りの4つ角のペグを打ち込めば完成になります。シワがないようにピンと張れていないと格好が悪いので、シワの出ない角度を見ながらペグダウンしていきましょう。

美しくタープを張るポイントは、張り縄の角度になりますので、焦らずゆっくり角度を見ながらペグダウンしてください。

ペグを打ち終えればポールを立てていきますが、ポールの下の部分を内側に来るように斜めに立てると良いです。

上記3つのポイントを覚えておくと役立ちますよ。タープによっては形状も違いますが、基本を抑え実際に何度か挑戦するうちに簡単にできるようになります。

それでは次の章で、ポリコットン製のおすすめタープを紹介します。

状況に応じてポールの数を変え張り方を工夫できるタープ!ソロからファミリーキャンプまで使用可能

DOD ヘーキサタープ ポリコットン製 TT5-582-TN

画像1: 焚き火にも便利なポリコットン製タープに注目!張り方からおすすめ商品まで徹底解説
DOD(ディーオーディー) ヘーキサタープ ベーシックで使いやすい、ポリコットン製ヘキサタープ TT5-582-TN
カラー:タン
サイズ:(約)W420×D420cm
収納サイズ:(約)W55×D14×H14cm
重量:(約)3.0kg
最低耐水圧:350mm
材質:ポリコットン(ポリエステル65%、綿35%)
付属品:ロープ、キャリーバッグ
※ 本製品に使用されているポリコットン生地は、防水コーティングされたポリエステル生地などとは異なり、水分を吸収した際に綿素材が膨張し、雨漏りを防ぐ構造です。そのため、張り方が弱いときや、長時間の雨に濡れた際には内部に雨漏りする場合があります。また、濡れたまま保管をすると科学繊維に比べてカビが生じやすいためご注意ください。
※ ポール、ペグは付属しませんのでご注意...
¥13,936
2020-06-23 15:28

DODから販売されている、スタンダードな形状のポリコットンタープです。状況に応じてポールの数を変えることで、張り方を柔軟に変更可能です!

ソロキャンプからファミリーキャンプまで使用することができます。収納サイズは約55cm×14cm×14cmとコンパクトですし、価格も比較的お求めやすいためおすすめです。

難燃性・耐久性・遮光性に優れたタープ! 撥水や防カビも対策済み!別売りアルミポールで自由自在

フィールドア ヘキサタープ T/C難燃性ポリコットン Mサイズ

画像2: 焚き火にも便利なポリコットン製タープに注目!張り方からおすすめ商品まで徹底解説
タープ テント ヘキサタープ TC ポリコットン Mサイズ 440 x 470cm 4 - 6人用 ヘキサゴンタープ 日よけ おしゃれ T/C 難燃 FIELDOOR 送料無料 :ys-a14022:マックスシェアーヤフー店 - 通販 - Yahoo!ショッピング
遮光性、難燃性、耐久性に優れたT/Cタイプ T/C生地のワンランク上のヘキサタープ人気のヘキサタープにT/C素材を使用したワンランク上のタープが登場です。T/C生地とはポリエステル糸とコットン(綿)糸を混紡した生地であり 遮光性、難燃性、耐久性に優れています。また別売りのポールを使用する ことで、シーンに合わせたレイアウトを作ることができるので、ワンランク上のキャンプを楽しむことができるアイテムです。「撥水」「防カビ」Wの加工を生地に施しより快適に!こちらのT/C生地には撥水加工と防カビ加工が施されています。T/C生地の 特徴は、水を含むと糸が膨張し、水を通しにくくなります。更に撥水加工をする ことで、急な雨でも安心です。また吸湿性にも優れ、防カビ加工を施すことで、 耐久性を上げました。追加料金で『アルミテントポール』付きに変更可能直径32mmのアルミ製、高さ8段階調節が可能!ブランド: フィールドア(FIELDOOR)[店舗管理用] ys-a14022 本体のみ/カーキ=a14022 ポール付/カーキ(+7480円)=a14703 本体のみ/コヨーテ=a15909 ポール付/コヨーテ(+7480円)=a15913 本体のみ/オリーブ=a15910 ポール付/オリーブ(+7480円)=a15914

フィールドアから販売されているタープです。「T/C」とはポリコットン製を表しています。焚き火に最適とうたっているように難燃性に優れ、さらに耐久性や遮光性も考えられています。

サイズはMとLの2サイズ。Mサイズでも440cm×470cmとかなり大きく、4〜5人でも問題なく使用できるでしょう。

初心者でも設営や撤収がしやすく、撥水加工、防カビ対策もされているので、衛生面なども安心できます。

ポールは別売りとセットになったものが選べますが、初めてタープを購入する方は「8段階調整可能なアルミテントポール」をセット購入をおすすめします。

ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.