レタスといえば、サラダに欠かせない定番野菜です。生食が多いイメージですが、スープや炒め物などの加熱調理でもその実力を発揮してくれます!今回は旬の季節に食べたいレタスを使った、マリネ や和風スープ、豚肉のチャーハンなどの春レシピを紹介します。

レタスは水分も栄養分も豊富で◎ サラダ・スープ・チャーハンまで幅広いレシピに万能に使える食材!

春から夏にかけてが旬のレタスは、なんと90%以上が水分からできています。とは言え、栄養分も豊富で、ビタミンやミネラル、食物繊維などもバランスよく含んでいます。

体内の余分な熱を冷まし、水分代謝を促す作用もあるので、湿度の多い季節などにはおすすめの食材です。

画像: レタスは水分も栄養分も豊富で◎ サラダ・スープ・チャーハンまで幅広いレシピに万能に使える食材!

おいしいレタスを選ぶポイントは、持った時に「軽い」こと。巻きがしっかりしていて重たいレタスは苦味が強いです。そして、芯の切り口が白くて新鮮なものを選んでください。    

レタスの調理は手でちぎるのが基本です。包丁を使うと褐色に変色しやすくなるので、キレイに洗った手で調理しましょう。

まな板も要らないのでキャンプには持ってこいですね!                                                                    

【おすすめレタス活用レシピ①】サラダマリネ 新玉ねぎなどの春野菜と生ハムを使った爽やかな料理!

レタスの緑、生ハムのピンク、新玉ねぎの白の彩がキレイなマリネです。

気が滞りやすい春の季節は、東洋医学では酸味が良いとされています。酢を使った春らしいマリネをご紹介します。

新玉ねぎは辛味が少ないので水にさらす必要はありません。作り立ても美味しいですが、15分くらい置くとレタスがしんなりとなじんで、よりおいしくなります。

〈材料〉(2~3人分)

レタス…100g
新玉ねぎ…1/2個(約100g)
生ハム…80g
塩…少々
(A)マリネ液
 『べんりで酢』…大さじ2
 オリーブオイル…大さじ2
 レモン汁…大さじ1
塩・黒胡椒…適量  

〈作り方〉

1.スライサーを使って新玉ねぎを薄切りにし、塩を少々振って揉み込み、5分ほど置きます。

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

2.レタスを食べやすい大きさに手でちぎります。生ハムも食べやすいサイズにカットします。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

3.1の水を切って2と一緒にボウルに入れ、(A)のマリネ液をかけて混ぜ合わせます。お好みで塩を入れて味を調えます。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

4.15分ほど置いてレタスがしんなりしてきたら黒胡椒を振ってできあがりです。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

・『べんりで酢』

4種類の酢をはじめ、オリゴ糖や国産塩など厳選素材をブレンドし、いろいろな料理に使いやすくした、その名の通り便利なお酢です。

とてもまろやかなので、漬ける、かける、和える、混ぜる…といろいろな料理に幅広く使えます。

画像2: 【レタスの春レシピ3選】アウトドアにもぴったりな料理を紹介 サラダマリネ・スープ
【2本セット】トキワべんりで酢1000ml
¥2,800
2020-04-16 0:35

・スライサー

ひとつあると短時間でキレイに野菜を薄切りできます。手が滑らないように注意して使ってくださいね。

画像3: 【レタスの春レシピ3選】アウトドアにもぴったりな料理を紹介 サラダマリネ・スープ
京セラ 日本製 スライサー ファイン セラミック ホワイト 3段階厚み調節 漂白 除菌 対応 プロテクター 付き Kyocera CSN-182WHP
サイズ:91×276×24mm
本体重量:0.112kg
素材・材質:本体/ABS樹脂、調節バー/ポリアセタール、刃部/ファインセラミックス、プロテクター/ポリプロピレン
原産国:日本
耐熱温度:70℃
¥927
2020-04-16 0:35

【おすすめレタス活用レシピ②】春のスープ レタスの栄養をそのまま食べられる&彩りも鮮やかな料理!

レタスもトマトも卵も、すぐに火が通るので、材料さえあればサクッと簡単に作れるスープです。野菜とタンパク質が同時に取れる上に、あったかいスープは体温を上げてくれるので、時間のない朝ごはんにもおすすめです!

〈材料〉(3人分)

レタス…100g
トマト…1個(約100g)
卵…1個
水…500cc
出汁パック…1袋
醤油…適量
黒胡椒…少々

〈作り方〉

1.トマトはざく切りに、レタスは食べやすいサイズに手でちぎり、卵は溶いておきます。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

2.お鍋に水と出汁パックを入れ、沸騰したら醤油とトマトを入れて中火で2~3分煮ます。

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

3.煮立ったら溶き卵を入れ、ふわっとし始めたらレタスを入れて火を止めます。レタスが変色しないように最後に入れるのがポイントです。お好みで塩で味を調えます。

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

4.器に盛り、黒胡椒をかけてできあがりです。

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.