久しぶりに登山に行こうと思ったら、愛用の品々が劣化していて使えない!身体がなまっていてすぐに疲れてしまう、なんてことはありませんか。そこで、日頃から心がけておきたい道具のメンテナンスやトレーニング不足を解消するための方法をまとめました。本記事を参考に、登山に行けない時期はしっかりと準備して万全の状態を保ちましょう。

登山用品メンテナンスその① 登山靴は身体を守る命綱! 使用後の手入れでベストコンディションを保つ

登山靴の重要性!

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

登山の装備の中で非常に重要かつ高価な道具として真っ先に挙げられるのが「登山靴」ではないでしょうか。「靴なら何でもいいのでは?」と思う方々もいらっしゃるかも知れませんが間違いです。

山は街歩きとは違い、自然の地形に沿った登り下りの工程の中で土、泥、砂、石、岩など不安定な足場が多く、きちんと機能する登山靴を履いていないと滑って転倒したり、くじいて歩けなくなったりする可能性が非常に高いです。

そこで、常に良いコンディションを保てるように、使用後はしっかりとメンテナンスすることが重要なんです。

登山靴 メンテナンス方法

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

①登山後は靴底に泥や小石が付着したり、靴の表側にも泥汚れなどが付いています。まずはそれらを取り除くため、布や柔らかいブラシで拭き取ります。

☆落ちにくい場合には薄めた中性洗剤を含ませて磨くと効果的です。

②靴底はブラシなどで汚れや小石を取り除きます。

③靴ひもや中敷きの汚れが気になる場合には取り外して、水洗いや汚れがひどい時は中性洗剤も使います。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

④その後、一晩なるべく風通しの良い場所で陰干しして完全に乾かします。

☆直射日光は劣化の原因になりますので、避けてください。

⑤乾いたら、仕上げに撥水スプレーをかけて次回の登山に備えておきましょう。

☆保管する際には箱やビニールの中に入れず、風通しの良い日陰に保存しておきましょう。

筆者が愛用しているおすすめの防水スプレーはM.モゥブレィの防水スプレーです。

靴・皮革製品だけでなく、傘や布地にも使用でき、さらに 雨や雪、ホコリ、ごみ、油分などの汚れから靴を守り、シミを防ぐ防水・防汚効果があります。

もちろん通気性や柔軟性を損なわず安心して使用できますよ。

M.MOWBRAY(エム・モゥブレィ)プロテクターアルファ(125ml)

画像1: 【登山・準備編】登山用品メンテナンス&自宅でできるおすすめトレーニング方法!
【M.MOWBRAY/エム・モゥブレィ】プロテクターアルファ(125ml) オールマイティ 防水スプレー(撥水タイプ)【シューケア】【2020】R&Dモウブレィ モゥブレー モゥブレイ モウブレー
ブランド M.MOWBRAY/エム・モウブレイ 商品名 プロテクターアルファ サイズ スプレー・125ml 原産国 日本製 特徴 おすすめポイント! ●粒子の細かいフッ素で撥水を施す為、通気性を損ねることなく、かつ強力に撥水することが可能! ●スムース・スエード・ヌバック・ムートン・ナイロン・キャンバス等、様々な素材に使用できるオールマイティ防水スプレー! GORE-TEXや撥水レザー等のハイテク素材にも対応! 雨の日はパンツの裾などに使用してもGOOD!! ●環境に優しいフッ素成分でできている為、洋服への使用も気になりません! ●従来製品に比べ使用可能容量が約2.5倍増量しました!  ...
¥ 1,100
2020-04-09 9:57

登山用品メンテナンスその② レインウエアの汚れを放置しておくと生地を傷めたり撥水性が失われる!

レインウエアは洗わなければダメ!

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

まず初めにお断りしておきますが、「洗濯表示」を確認してください。筆者が知る限り、レインウェアは洗濯が可能ですので、それを念頭にメンテナンス方法として紹介します。

登山の必需品「レインウエア」は、雨に濡れるため「洗わなくても良い」と思っていませんか?

それは逆なんです。洗わずにずっと使用していると徐々に汚れが生地に入り込み、かえって(生地を)傷めたり、撥水性が失われる要因にもなるのです。

特に雨での使用のため大気中の目に見えにくい汚れが付着します。適切にこまめに洗濯することでレインウエアの寿命を延ばすこともできるのです。

レインウエア メンテナンス方法

①ゴシゴシと擦らない!汚れを押し出すように手洗い+中性洗剤。

☆家庭の洗濯機でも問題ありませんが、その場合は洗濯ネットに入れて行います。

☆洗剤は「おしゃれ着洗剤」などの「中性洗剤」を使用

②十分にすすぎを行い洗剤を完全に落としてください。

☆洗濯機の場合、通常の2倍はすすぎを行い、脱水処理は行わないほうがベスト。

③洗浄後は軽く絞り、陰干しします。

④その後、あて布をして低温でアイロンがけを行うと撥水性能が復活しますよ。

☆レインウエアの保管には付属のバッグに収納するのではなく、ハンガーにかけて湿気の少ない風通しの良い場所に置いておくと良いです。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

登山用品メンテナンスその③ 歩行のサポートをしてくれるトレッキングポールはバラして乾拭きが鉄則

トレッキングポールは手入れを怠ると機能性を失う!

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

トレッキングポールとは、別名「ストック」とも呼ばれる〝登山で使う杖〟です。足の負担を手にも分散させることで、歩行をサポートする効果があります。一度使うと登山の必須アイテムとして手放せなくなります。

金属でできているため「外観部分だけを拭いておけばいいだろう!」と考えてしまいがちですが、手入れを怠ると、「ポールが固まって伸縮できない!ロックができない!」「錆びついて折れた!」「力を入れたら曲がった!」などトラブル発生にもつながります。

原因は、トレッキングポール内部に砂や埃、水分が入り込むためです。そこで、使用後は完全にバラしてメンテナンスしましょう。作業は数分で終わってしまいますので面倒臭がらずに行なってください!

トレッキングポール メンテナンス方法

①トレッキングポールをジョイント部分からバラします。

②全てのパーツを乾いた布を使って汚れや水分を抜き取ります。

③それぞれのポールの中にも水分が入ることがあるため、一日部屋干ししておきましょう。

☆サビを防止するために錆止めやオイル等を塗るのはロックが効かなくなるためNGです。

画像: 筆者撮影 1本のトレッキングポールをバラした状態

筆者撮影 1本のトレッキングポールをバラした状態

画像: 筆者撮影 ポールのシャフトには長さの目盛がふられていますのでこの辺もきちんと乾拭き

筆者撮影 ポールのシャフトには長さの目盛がふられていますのでこの辺もきちんと乾拭き

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.