入園・入学やピクニックなど、春はお弁当を作る機会も多いですよね。忙しい朝は、包丁やまな板を出すのすら大変ということもあるのでは?今回は3歳の5歳の子供を持つママキャンパーの筆者が、包丁を使わずに簡単にできて、子供に人気なお弁当のメニューをご紹介します。

手間をかけなくても子供が喜ぶお弁当は作れる! 包丁いらずのメニューはキャンプでも役立つ

忙しい朝は、包丁やまな板を使わずにお弁当を作れるとラクですよね。包丁を使わずにできるメニューは、キャンプでも活躍します。

筆者はキャンプで包丁を使うことはめったになく、もっぱらキッチンバサミで調理しています。包丁やまな板を洗う手間が省けて便利です。

画像: snapmart

snapmart

筆者は貝印の「キッチンはさみ SELECT100」というキッチンバサミを愛用しています。

画像1: 【包丁いらず!】子供が喜ぶ簡単お弁当メニュー!ピクニックや入園入学にもおすすめ
貝印 KAI キッチンはさみSELECT100 DH3005
<b>メーカー型番:</b> DH-3005
<b>サイズ:</b> 15×213×90mm
<b>重量:</b> 122g
<b>材質:</b> 刃部/ステンレス刃物鋼、かしめ部/18-8ステンレススチール、柄部/ポリプロピレン(耐熱温度 130度)
¥1,520
2020-04-01 13:06

それでは包丁を使わずに簡単にできる、主菜・副菜・デザートのメニューをご紹介していきます。最後にお弁当のすき間を埋めて栄養アップできる、便利食材もご紹介します。

1.主食:定番の「おにぎり」はみんな大好き! おすすめの具は塩昆布。 用途が広く常備で役立つ

まずは主食ですが、やはり「おにぎり」は鉄板の人気ですよね。シャケ、タラコ、梅干しなど具は様々ですが、筆者のおすすめは「塩昆布」です。

画像2: 【包丁いらず!】子供が喜ぶ簡単お弁当メニュー!ピクニックや入園入学にもおすすめ
くらこん 塩こんぶ 150g
原材料:昆布(北海道産)、醤油(大豆・小麦を含む)、食塩、たんぱく加水分解物(大豆を含む)、甘味料(ソルビトール、甘草)、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、増粘多糖類
商品サイズ(高さx奥行x幅):26cm×16cm×2.7cm
¥455
2020-04-01 13:07

塩昆布はおにぎり以外にも、キャベツなどの野菜と和えてサラダにしたり、浅漬けにしたり、炊き込みご飯やパスタにも使えます。とても用途が広いので、常備しておくと何かと役立ちます。

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

【準備するもの】

・ご飯
・塩昆布
・ラップ

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

混ぜてラップで握るだけなので簡単です。塩昆布に加えて、チーズ、枝豆、しらす、天かす、大葉、たくあんなどもよく合うので、我が家ではバリエーションを変えて何回も登場しています。

2. 主菜:「ささみのチーズ焼き」は子供も食べやすい! チーズをのせてトースターで焼くだけ

続いて主菜は「ささみのチーズ焼き」です。

お肉には、豚肉、牛肉など色々な種類がありますが、特にささみはクセがなく柔らかいので子供も食べやすい食材です。ハサミで切りやすく、お弁当に重宝します。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

【準備するもの】

・ささみ
・チーズ
・アルミホイル
・キッチンバサミ

作り方は、ササミをキッチンバサミで食べやすく切り、チーズを乗せ、トースターでアルミホイルの上で焼くだけです。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

焼き色が付いたら出来上がりです。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.