こんにちは! 昨年キャンプデビューしたばかりの初心者キャンパー、川窪チエです。キャンプを始めてからというもの、先輩キャンパーさん達の素敵な写真を見ては物欲と闘う日々。素敵なギアでキャンプをめいっぱい楽しむために、キャプテンスタッグのベンチカバーを作ってみました! 型紙も不要で簡単にできるので、裁縫が苦手な人も安心して挑戦してみてください。

【STEP1】まずは材料を揃えよう! ベンチカバーにぴったりなしまむらのフリークロスはコスパ◎

今回は、ベンチ用のカバーを作ります。キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)の背付きベンチは“鹿ベンチ”と呼ばれ、使いやすさ・オシャレなデザイン・豊富なカラーバリエーションなどの理由からキャンパーに人気です。

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

我が家の鹿ベンチは、CAMP OUTシリーズのAmazon限定カラー。とっても可愛いピンクのカモフラ柄です。

画像1: 【キャンプ用品DIY】直線縫いで簡単! キャプテンスタッグのベンチカバーの作り方
【Amazon.co.jp限定】 キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ベンチ キャンプアウト アルミ 背付き ベンチ ピンクカモフラージュ UC-1658
¥6,870
2020-04-01 10:37

このベンチにカバーを作って、落ち着いた雰囲気のベンチに変身させちゃいます! それでは、作り方を説明していきますね。

■材料
(ベンチサイズ:幅104cm✕奥行56cm✕高さ66.5cm 座面の高さ28.5cm)
・布:横103cm✕縦174cm
・ミシン糸:適量
・スナップボタン:14ヶ所分

■使う道具
・裁ちばさみ
・クリップ:10個程度(あれば)
・ミシン
・スナップボタンの装着器具

まずは生地を選びます。お好きなもので構いませんが、オススメはしまむらのフリークロス。190cm×190cmの厚手生地を、1,728円でゲットしました。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

このフリークロスは、生地を買うよりもかなりお得です。好みの柄に出会えればラッキーなので、ぜひしまむらをチェックしてみてください。

また、ボタンはワンタッチで取り付け可能なスナップボタンを使用します。Amazonでは、このような器具とボタンのセットが1,000円以下で購入できます。小物作りや赤ちゃん用品などにも使えるので、持っていると重宝するはずです!

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

画像2: 【キャンプ用品DIY】直線縫いで簡単! キャプテンスタッグのベンチカバーの作り方
【ノーブランド品】プラスチック製 スナップボタン 10色 150セット & 合金製 スナップ ペンチ キット
¥1,662
2020-04-01 10:39

【STEP2】裁断&裁縫! ミシンは直線縫いなので裁縫が苦手な人でも問題なし

まずは、ベンチに布を被せてサイズを決めます。長さは、横103cm✕縦174cmに設定しました。背もたれ部分の横幅は約94cmで、左右にそれぞれ4~5㎝の余裕を持たせています。もし他のベンチで作る場合は、参考にしてください。

ここで1つ注意点があります!

生地を被せたら、一度座ってみてください。予想以上に生地が引っ張られますので、余裕を持ってカットしましょう。

次に、布端の処理です。フリークロスは処理済みで販売されていますので、カットした2辺のみの処理でOK。カットした部分を1cm折って、ミシンで縫い付けます。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

直線縫いで問題ありませんが、私はフリークロスの縫い目に合わせてジグザグミシンをかけました。

4辺全ての処理を行う場合は、裁断する時に縦と横の長さをそれぞれ1cmずつ増やしてくださいね。

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.