春が旬のフルーツ「はっさく」は、ジャムからフルーツサラダまでさまざまなレシピに活用できます。ただし、はっさく特有の苦味がジャムに出て、失敗してしまったことがある人もいるのでは?今回は、ジャムを失敗せずにうまく作るコツを含めて、あっという間に作れるはっさくレシピを3つお伝えします。

【八朔(はっさく)の美味しい食べ方】そのまま剥いて食べるだけでなく調理して食べるのもgood!

はっさくのおいしい食べ方をご存知でしょうか?

はっさくはそのまま皮を剥いて食べるだけでなく、ジャムフルーツサラダなど調理して食べるのもおいしいです。

この記事では、おいしい食べ方やレシピをご紹介していきます。

画像: 【八朔(はっさく)の美味しい食べ方】そのまま剥いて食べるだけでなく調理して食べるのもgood!

特有の苦みの強いフルーツ八朔(はっさく) 苦みを抑える方法とは?

はっさくは、柑橘類のなかでも特有の苦みが強いフルーツです。この苦みが苦手という人もいるかと思います。

そんなときの食べ方は、グレープフルーツのように砂糖をかけて食べるのがおすすめです。甘酸っぱいちょうどいい味に落ち着くはず。

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

八朔(はっさく)とはどんな食べ物? 日持ちはする?

はっさくの原産は日本。皮が硬めなのが特徴なので、手で剥くより包丁で剥いたほうが楽です。

食べごろは2~4月。暗くて涼しいところに置けば2~3週間ほど日持ちするフルーツです。

通販では訳ありのはっさくがお得に販売されています。

画像1: 【八朔(はっさく)の美味しい食べ方】ジャムやフルーツサラダに はっさくレシピを3つご紹介!
はっさく 八朔 訳あり 5kg 送料無料
上品な甘さと果肉のぷりぷり感が楽しめます。
皮は厚いですが、剥いた時のさわやかな香りがたまらない柑橘。独特のほろ苦さがあり、上品な甘さとほどよい酸味が特徴です。果肉は歯ごたえがあるので、食感も楽しむことができます。
味:さわやかな香りと独特のほろ苦さ、上品な甘さとほどよい酸味が特徴です。柑橘には珍しい独特なサクサクな食感を楽しむことができます。個体差有。
食べ方:外皮は厚いので手では剥きづらいです。/房の袋(じょうのう膜)も厚いので剥いて食べます。/各房に種があるので飲み込まないように注意しましょう。
大きさ:果実は9cm・350g程度です。個体差有。
¥2,180
2020-03-30 19:25

ジャムなどは煮詰めると量が減ってしまうので、4~5個は必要になってきます(今回はジャム作りに挑戦していますが、使用したはっさくは5個です)。

そのため、量が多いとたくさん料理に使えるので、おすすめです!

ここからは、はっさくをおいしく食べられるレシピを3つご紹介します。

【八朔(はっさく)レシピ1】甘酸っぱくて美味しい簡単はっさくジャム 砂糖と煮詰めるだけ!

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

はっさくを使って、ジャムを作りましょう。

はっさくは酸味や苦味が残りやすいので、加える砂糖は多めにすることと、煮ている最中にアク抜きするのがポイントです。

アク抜きの際、火を弱火にしてしまうとアクが出にくくなるので、はじめの沸騰させる部分を除いて中火で調理するようにしましょう。

皮を細かく刻んでジャムに加える作り方もありますが、今回は皮なしで進めていきます。苦味は皮に多いので、その皮が入っていない分苦味が少ないジャムになります。

【材料】

  • はっさく:700g(5個)
  • 砂糖:400g

【作り方】

1. はっさくの皮を包丁で剥きます。身は細かくしなくても構いません。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

2. 深めの鍋に砂糖と剥いたはっさくを入れ、強火にします。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

3. 沸騰してきたら、火を中火にします。

4. しばらく経つとアクがでてくるので、お玉で丁寧にすくってください。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

5. 全体がとろとろになったら出来上がりです。冷めると固まるので、少し水分が残っているほうが扱いやすくなります。

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

ほどよい甘さとはっさくのいい香りで、おいしいジャムができました。

粗熱が取れてから、ジャム瓶や耐熱容器へ移して冷蔵庫で保管しましょう。

あとで食べるときに、ジャムが固まっていたら温めてもう一度とろとろの状態に戻すのがおすすめです。

【八朔(はっさく)レシピ2】野菜と混ぜるだけフルーツサラダ はっさくの酸味とサラダの相性抜群!

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

2つ目のはっさくレシピは、フルーツサラダです。きゅうりや玉ねぎなど、好きな野菜を一緒に作ってみてください。はっさくの酸味がサラダにぴったりです。

【材料(4人分)】

  • はっさく:2個
  • レタス:小1個
  • きゅうり:1本
  • ミニトマト:8個
  • 玉ねぎ:小1個

【作り方】

  1. はっさくは皮を剥いて、食べやすい大きさに切っておきます。
  2. レタスは水で洗って、食べやすい大きさにちぎってください。
  3. きゅうりは薄切りにします。
  4. ミニトマトは洗って半分に切ります。
  5. 玉ねぎは薄く切ったあと、辛味を抜くため水に浸しておきます。
  6. 全ての具材をボウルへ入れて混ぜたら出来上がりです。
画像8: 筆者撮影

筆者撮影

さっぱりとした味のサラダができました。

ドレッシングはフレンチでも玉ねぎでも合うので、いろいろ試してみてください。

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.