デコポンはシラヌイとも呼ばれるフルーツで、冬から春にかけてスーパーに多く売り出されます。皮はとても薄く、甘みが強いのが特徴です。今回はデコポンの切り方やおいしいスイーツレシピについてご紹介していきます。デコポンの食べ方に悩んだら、ぜひ参考にしてみてください。

【デコポンのおいしい食べ方基礎知識】手で剥く方法・包丁で切る方法の2種類をチェックしてみよう!

冬〜春になるとお店に並ぶデコポン。ぽっこりと頭が出た独特の形をしています。

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

デコポンは、手で軽く押しただけでもわかるほど柔らかいのが特徴です。

一般的なデコポンの場合、みかんを剥いたときに現れる薄い皮や白い筋も比較的薄いので、食べやすいんですよね。

そのまま食べる以外にも、ゼリーや寒天、サラダなどの料理に相性抜群です。甘みが強いため、その甘さを活かした料理を作ってみましょう。

デコポンの切り方

デコポンは、手で剥いても包丁で切ってもおいしく食べられます。それぞれの手順を説明します。

【手で剥く場合】

  1. 最初に凸の部分をもぎりとります。
  2. みかんと同じ要領で手で剥きます。

ちなみに、みかんと同じく、薄い皮もやわらかいので食べられます。

【包丁で切る場合】

  1. デコポンの上(ぽっこりとでているヘタ側)と反対側を包丁で切ります。
  2. 縦8等分にします。
  3. 身と皮の間に包丁を入れて、皮から剥がします。身が柔らかいので、手を切らないよう注意しましょう。

うまく出来ない場合は、まな板の上に置いてゆっくりやると切りやすくなります。

ほかの柑橘類やりんごなどでも使える切り方なので、ここでマスターしておくといいでしょう。

デコポンをまとめて買いたい場合はネットが便利

甘くておいしいデコポン、まとまった量を購入したい場合はAmazonや楽天市場が便利です。

画像1: デコポンの切り方&おいしい食べ方&おすすめレシピを紹介! 寒天・ホットケーキなど
デコポン 不知火 愛媛県産 10kg 訳あり サイズ不選別 ご家庭用
品名:デコポン 不知火 愛媛県産 10kg 訳あり サイズ不選別 ご家庭用
内容量:1箱10kg
こちらの商品は大小サイズ不選別、スレ傷などがあります。サイズが偏ることもございます。
保存方法:直射日光、高温多湿を避け風遠しの良い涼しいところで保存してお早めにお召し上がりください。
本州・四国・九州:送料無料 北海道:、沖縄・離島:+1000円
¥3,970
2020-03-30 19:11

ネットショップだと、5kgや10kgとある程度まとまった量で購入できて、自宅まで届けてもらえるのが利点です。

ここからは、デコポンを使ったおいしいレシピを2つご紹介します!

【簡単デコポンレシピ①】甘いデコポン寒天 ポイントは皮付きのデコポンの搾り汁を活用すること!

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

デコポンと棒寒天を使って、デコポン寒天を作っていきましょう。

寒天は棒タイプ以外に、粉タイプでも大丈夫です。

デコポン寒天の作り方のポイントは、デコポンは搾り汁を使うことです。デコポンの皮は薄くて綺麗に剥こうとすると少し大変なので、皮付きのまま搾りましょう、その際、皮が入らないように注意します。

画像: 【簡単デコポンレシピ①】甘いデコポン寒天 ポイントは皮付きのデコポンの搾り汁を活用すること!

それでも絞り方によっては多少白い筋や皮が混ざってしまうため、寒天と混ぜる前にスプーンで取り除きましょう。

ここだけ押さえれば、デコポン寒天はおいしく作れます。

【材料】

  • デコポン(搾り汁):100ml
  • 棒寒天:1本
  • 水:200ml
  • 砂糖:20g

【作り方】

1. デコポンを適当な大きさに切り、汁を搾りましょう。皮は剥かず、手で強く握るだけであっという間に絞れます。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

2. 棒寒天を細かく手でちぎり、分量外の水に浸しておきます。浸すとだんだん棒寒天がふやけてきます。

ある程度ふやけたら水から取り出し、軽く水で洗います。洗ったら寒天を絞ってください。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

3. 鍋に水200mlとふやかした棒寒天を入れ火をつけます(火は強火)。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

4. 棒寒天が完全に溶けたらデコポンと砂糖を加え、よく混ざったら火を止めて耐熱容器へ流し込みましょう。荒熱が取れたら冷蔵庫へ入れて棒寒天を固めてください。

5. 固まったら寒天を包丁で切って容器から取り出し、器に移したらデコポン寒天の出来上がりです。

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

デコポンが甘いので、少しの砂糖を加えるだけで甘さは十分でした。

搾ってしまえば皮剥き作業もせずあっという間なので、ぜひチャレンジしてみてください。

このデコポン寒天は、ほかの柑橘類でも同じように作れます。甘みが弱く酸味が強いものの場合は、加える砂糖の量を調節してください。

【簡単デコポンレシピ②】デコポン入りホットケーキの作り方 いつものホットケーキに一手間加えるだけ

画像: 【簡単デコポンレシピ②】デコポン入りホットケーキの作り方 いつものホットケーキに一手間加えるだけ

ホットケーキミックスとデコポンで、デコポン入りホットケーキのレシピをご紹介します。

こちらもデコポンの搾り汁を使いましょう。いつもとは一味違うホットケーキが簡単に作れます。

【材料(ホットケーキ3〜4枚分)】

  • デコポン(搾り汁):100ml
  • ホットケーキミックス:150g
  • 卵:1個

【作り方】

  1. 卵を割って溶き卵を作っておきます。
  2. デコポンを100ml分搾ります。
  3. ボウルに搾ったデコポンと溶き卵を入れ、よく混ぜます。
  4. そこへ、ホットケーキミックスをさっくりと混ぜるように加えます。ホットケーキミックスは、軽く混ぜる程度で大丈夫です。混ぜすぎるとホットケーキの焼きあがりがふんわりしません。
  5. あとはフライパンに流し込み、両面を焼いたら出来上がりです。

すぐに作れるのにデコポンの甘みプラスで、おいしいホットケーキができます。

このレシピにおすすめのホットケーキミックスはこちらから購入可能です。

画像2: デコポンの切り方&おいしい食べ方&おすすめレシピを紹介! 寒天・ホットケーキなど
森永 ホットケーキミックス 150g×5個
内容量:150g×5個
商品サイズ(高さ×奥行×幅):210mm×75mm×135mm
原材料:小麦粉、砂糖、ぶどう糖、植物油脂、小麦でん粉、食塩、水あめ、ベーキングパウダー、乳化剤(大豆由来)、香料、カゼインNa(乳由来)、着色料(ビタミンB2)
¥785 (¥157 / 個)
2020-03-30 19:16

デコポンはそのままだけでなく簡単レシピもおいしい! 甘さ感じる寒天やホットケーキを作ってみて!

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

冬から春に旬を迎えるデコポンは、皮が薄くて甘みの強いフルーツです。

手で剥いたり包丁で切ったりと好みのやり方で食べられます。

寒天もホットケーキもあっという間に作れるので、ぜひ作り方を参考に作ってみてはいかがでしょうか。

他にも簡単おいしいスイーツレシピをご紹介! こちらの記事も参考に♪

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.