ホットワインは、体を温めて免疫力を高めるだけでなく、殺菌作用や血行促進作用の高いスパイスを使うことで、風邪予防としても親しまれているホットドリンクです。しかも作り方は意外と簡単。電子レンジで誰でも自宅で作れちゃうんです。今回は、“電子レンジでチン”するだけのホットワインのレシピをご紹介します! 安いワインや口に合わなかったワインも劇的に美味しくなる簡単レシピ。ぜひお試しください!

ホットワインとは? 数種類のスパイスやフルーツを優しく煮込んで作るヨーロッパの定番ドリンク

ホットワインは、ヨーロッパで昔から愛されている定番ドリンク。国によって、モルドワイン(アメリカ)、ヴァン・ショー(フランス)、グリューワイン(ドイツ)というように呼び名が変わりますが、どれも同じもの。

材料は、砂糖やはちみつなどの甘味、シナモンなどのスパイス、オレンジやレモンなどのフルーツ。これらをワインに入れて、30分ほど煮込んで作ります。沸騰してアルコールが飛んでしまわないように、“弱火でじっくり”がポイントです!

スパイスは主に、シナモン、スターアニス(八角)、クローブを使用します。

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

この他に、ブラックペッパーやホワイトペッパー、オールスパイスなど、手持ちのスパイスを組み合わせて好みの味にしていきます。

それでは、電子レンジでチンするだけのホットワインのレシピを3つ紹介します!

電子レンジでチンするだけのホットワインレシピ3種類

【レシピ1】風邪のひき始めに効果的! 体があったまるホットワイン

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

「風邪っぽいなぁ……。」と感じた時におすすめしたいのが、生姜入りのホットワイン。“酒は百薬の長”と昔から言い伝えられていますが、スパイス入りのホットワインは、正にソレ!

スパイスの効能により、身体が温まって快眠が得られ、翌朝にはスッキリ目覚められるはずです! ただし、美味しいからといって何杯も飲んではいけません。適量でやめておきましょう。

【材料(1人分)】
◆赤ワイン・・・200cc
◆オレンジ・・・1/4個
◆はちみつ・・・大さじ1
◆生姜スライス・・・2枚(チューブやパウダーも可)
◆シナモンスティック・・・1/2本
◆スターアニス(八角)・・・1個
◆クローブ・・・1個

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

【作り方】
1. オレンジの皮をよく洗い、スライスカットする
2. 耐熱グラスにすべての材料を入れる
3. 沸騰しないように様子を見ながら、電子レンジで1〜1分半加熱(牛乳コースがあれば使ってください)

生姜と八角には、身体を温める効果があります。また、はちみつで喉の痛みを和らげ、オレンジでビタミンCを摂取。風邪を引きやすい時期の強い味方です!

ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.