日中は暖かくなってきたとは言え、まだまだ冷えるキャンプ場の夜。効果的に体を温めるには、「首」を温めるのが効果的です。そこで、ハンドメイド好きな筆者は、家族全員分のネックウォーマーを手作りしてみました! 今回は、ネックウォーマーの作り方を2種類ご紹介します。どちらも簡単な方法なのでぜひお試しください。

【作り方1】 材料費100円! ダイソーの生地で作るかぶるタイプの子供用ネックウォーマー

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

まずは、子供用ネックウォーマーの作り方をご紹介します。ダイソーの生地を使ったので、材料費はたったの100円。子供たちには、後にご紹介する【作り方2】よりも好評でした。着け心地が良く、付けているのが気にならないようです。それでは作ってみましょう!

【材料】
◆伸縮性のある生地・・・縦30cm✕横50cm
◆糸・・・適量

生地は、ボア・ファー・フリース生地などの温かい素材がオススメです。

【使う道具】
◆ミシン
◆縫い針

作り方

1.裁断する

今回はダイソーで見つけた、ボア生地のハギレを使います。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

縦30cm✕横50cmにカットします。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

2.生地を裏表にして、長辺を合わせるように折る

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

クリップやまち針で留めておきましょう。

3. 長編を縫う(縫い代1cm)

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

4. 筒状になるので、手を入れて、指先の方の生地を中に引っ張り込む

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

5. 生地の端が合うように重ねる

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

6. 5で合わせた生地を、返し口の5cmを残して一周縫う(縫い代1cm)

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

7. 返し口から中の生地を引っ張り出して、返し口を閉じる

画像9: 筆者撮影

筆者撮影

8. 完成!

4歳が着けるとこんな感じ。1歳の子にも使えました。

画像10: 筆者撮影

筆者撮影

◆作る際の注意点〜生地の伸縮性をチェックして〜

こちらのボア生地は横50cmですが、頭周が50cm以上あっても使えます。これは生地の伸縮性によるもので、伸縮性のない生地ではサイズを頭周に合わせなければならず、着用したときに首周りがユルユルになってしまいます。

同じ生地を使った場合、小学生くらいまでは使えると思います(個人差あり)。伸縮性のない生地を使用する場合は、次にご紹介する【作り方2】をお試しください!

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.