「今年こそスノボデビューしたい」「しばらくスノボから離れていた」という方は、何を揃えたらいいのかわからない人も多いと思います。スノボは準備がとても大切で、持ち物の中には怪我を防いでくれる重要なアイテムもあるんです。そこで今回は、スノボ歴12年の筆者がスノボに必要な持ち物を詳しくご紹介します。失敗しないために、ぜひご参考にしてくださいね。

滑るために必要な『ブーツ』は必須アイテム! 万が一のときはレンタルを利用しよう

画像1: 123RF

123RF

まずはじめにご紹介するのは、スノーボード専用のブーツです。ブーツがなければ滑れませんので行く前に必ずチェックをしましょう。また、ゲレンデに到着してから忘れたことが発覚した場合は、スキー場にスノーボード用品のレンタルショップがあるか聞いてみましょう。もしレンタルショップがある場合は、レンタルするのも方法のひとつですよ。

雪しぶきや眩しさを軽減してくれる『ゴーグル』も必需品! 収納ケースとレンズ拭きも忘れずに

画像2: 123RF

123RF

ゴーグルは滑走時に必要なアイテムです。ゴーグルをしていないと、滑っている最中に雪しぶきによって前が見えなくなる可能性があります。ゴーグルにはさまざまな種類がありますので、天候によってレンズを変えてもいいでしょう。

ゴーグルを試着した際、鼻とゴーグルの間に隙間がある人は、ジャパンフィットモデルがおすすめ。「どんなレンズが良いのか分からない……!」という方は、オール天候型のレンズのジャパンフィットがおすすめです。

もしもゴーグルを忘れてしまった場合は、ブーツ同様、スキー場にあるレンタルショップを利用するといいでしょう。また、収納ケースやレンズ拭きも忘れずに準備しましょう。滑走中にレンズを拭いたり休憩時に収納したりして、傷や破損からレンズを守ってくれますよ。

『ヘルメット』は超重要アイテム! 転倒した際に頭を守ってくれる!

画像3: 123RF

123RF

ヘルメットは頭を守ってくれる重要なアイテムです。最近はヘルメットを着用しているライダーが多くなりましたが、まだヘルメット未使用の方はヘルメットの準備も忘れずにしましょう。スノボの滑走中は何が起きるか分かりません。平坦に見えていても、大きな段差があることも。ヘルメットを着用していない方は購入やレンタルを利用して、ヘルメットの着用をしてくださいね。

マストアイテムの『グローブ』は忘れがち! 出発前の確認を忘れずに

画像4: 123RF

123RF

『グローブ』は、凍傷から手を守る重要なアイテム。しかし意外とスノボでの忘れ物に多いのがグローブなんです。ブーツやゴーグルなど比較的大きいアイテムはチェック漏れしにくいのですが、グローブはチェック忘れてしまいがちなアイテム。

転倒時、手を保護する役割もありますので、万が一グローブを忘れても「ウェアの袖が長いから大丈夫!」とは絶対に思わないでくださいね。万が一忘れてしまったら、スキー場のレンタルショップを利用しましょう。

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.