キャンプに慣れ、憧れのキャンピングカー購入を検討されている方もいらっしゃると思いますが、新車では高額すぎて手が出ない!なんてこともありますよね…そんな方にオススメしたいのが中古キャンピングカー専門店での購入。バンや軽トラックなど様々なタイプがあり、それぞれ扱う車種も変わってきますが、納得のいく中古車と巡り合えることも! 本記事では専門店で購入する理由と購入前に確認するべき3つのポイントを紹介します。

キャンピングカーの種類ってどんなものがあるの? バンコンや軽キャンパーは普段の足にも使えるため人気

「そもそもキャンピングカーって何?」と聞かれれば、「宿泊できる設備がある車」と大きなくくりで回答できますが、その種類はとても多いのです。車輌本体の大きさをはじめ、装備されている設備、自走する・しないなど様々ですのでまずは簡単に説明します。

キャンピングカーは大きく分けて2種類。一般的な車をベースに、ショップやメーカーがキャンピングカーとして作った「自走式キャンピングカー」と、エンジンがなく牽引されることによって動く「牽引式キャンピングカー」があります。

また、その2種類の中でも以下のように分類があります。

【自走式キャンピングカー】

フルコンバージョン(フルコン)/セミ・フルコンバージョン(セミフルコン)/キャブコンバージョン(キャブコン)/バスコンバージョン(バスコン)/バンコンバージョン(バンコン)
軽キャンピングカー(軽キャンパー)/トラックキャンパー(トラキャン)

【牽引式キャンピングカー】

キャンピングトレーラー/トレーラーハウス

種類が多すぎて何を購入したら良いか迷ってしまいますが、車庫に入る入らないの問題や普段の足にも使いたい!など考えると、一般的にはワンボックスタイプのバンやワゴンなどを改造した「バンコン」、軽自動車をキャンピング用にした「軽キャンパー」が人気の主流となっているようです。

中古なら手軽に夢のキャンピングカーが手に入る!けど…甘くない!メリット・デメリットを解説!

画像: 中古なら手軽に夢のキャンピングカーが手に入る!けど…甘くない!メリット・デメリットを解説!

オプションは充実してる…けど保証期限切れの可能性あり!

《メリット》

中古のキャンピングカーは、前オーナーが取り付けた設備や装備品などのオプションが充実している場合が多い。

《デメリット》

年式が古いものだと、キャンピングカーに取り付けられている部品や装備のメーカー保証期限切れでサポート不足になっている可能性があります。

納車が圧倒的に早い…けど劣化は早い!

《メリット》

中古は新車よりも納車が早いです。新車の納車は数か月、人気車種やカスタマイズによっては1年後まで待たないといけない場合があります。それに対して中古車なら、数日で納車なんてことも可能です。

《デメリット》

ただし前オーナーの使い方にもよりますが、取り付けられている消耗品やエンジンは寿命的に見ても劣化が早い

生産・販売終了モデルが買える…けど購入競争が激しいため出会いに期待!

《メリット》

「中古」の最大の魅力は、生産・販売終了モデルが買えることです。欲しかったけど当時はお金がなくて買えなかった人、渋いデザインの旧モデルを乗りたい人。中古なら「あなたの夢」を叶えてくれます。

《デメリット》 

中古は購入競争が激しく理想の車種を買えないこともあります。安価で欲しいものが購入できるメリットに加え、近年のキャンプブームで中古キャンピングカーが売れているため、理想の車種とは出会いに期待するしかない。

キャンピングカー専門店での購入がオススメな理由は知識が豊富でアフターフォローが充実しているから

画像: キャンピングカー専門店での購入がオススメな理由は知識が豊富でアフターフォローが充実しているから

中古キャンピングカーを購入する場合、なぜ? 専門店で購入したほうがベストなのか簡単にポイントを追って説明します。

①キャンピングカーならではの専門知識が豊富&業者間ネットワークもある

当たり前のことかもしれませんが、通常キャンピングカーを扱っていないお店の場合、車部分のみの知識しかないことが多く、宿泊を前提としたキャンピングカーの設備まではわからないことが多いです。

専門の店以外で「価格が安かったから」という理由だけで購入してしまうと、メンテナンスや修理がされていない、消耗品パーツが取り寄せられないなどの問題も後から出てくることも予想できます。そうなった場合は、修理費が余計にかさんで想像以上にお金がかかってしまうことにもなりかねません。

車内設備の部品が特に多いキャンピングカーの場合、業者間でのネットワークにより、パーツも取り寄せられたり探したりできることが多く、専門店ならではのサービスを活用したほうがベストといえます。

良好な状態の中古が多い

通常の車販売のお店でも時々、キャンピングカーが下取りで入庫してくるなど「なんで専門店でないのにキャンピングカーが売っているの?」と思う場合もあります。しかし先述したとおり、専門店でない場合はデメリットも想定してみてください。

多くの専門店の場合は、知識と経験を活かして社会のニーズや人気車種を考えて仕入れしている場合が多いです。また専門店だからこそ評判が人を呼び、良質な状態の車が入庫してくることもあるのです。

きちんと修理するなどして販売しているため、同じ年式で同じ車が多少、他店よりも高いからといってもトータルするとメリットの方が大きいです。

画像: 良好な状態の中古が多い

アフターフォローが充実

専門店での購入は、アフターフォローが最大の魅力です。また業者間ネットワークもあるため、修理までの流れもスムーズです。

中古車購入の一番の懸念材料として、「購入後の不具合」を挙げる人は少なくはないと思います。安いとはいえ、何十万、何百万もする買い物。「安さ」にこだわるのであれば、ネットオークションでの購入もアリですが、実物を確認できないのは博打に近いです。

やはり、中古のデメリットを補いつつ「安心感」もプラスできてしまう専門店が購入先としての正解ではないでしょうか。

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.