「雪中キャンプをしてみたい!」と思っても、雪の上にどうやってテントを張ればいいのか分からない人もいるでしょう。雪中キャンプの際には、『スノーシュー』や『ワカン』を使ってキャンプサイトのベース作りを行なう人が多いです。今回は、スノーシューとワカンの違いや、雪中キャンプのベース作りの方法を北海道在住のライターが伝授します! これから雪中キャンプデビューする人は、ぜひご参考ください。

【スノーシューとワカンの違いとは?】 雪の上を歩く専用アイテムの場面別のおすすめも解説!

画像: 123RF

123RF

雪の上を歩く専用アイテムの『スノーシュー』と『ワカン』ですが、2つを比べると、浮力と携行性に違いがあります。それぞれにメリット・デメリットがありますので、詳しくご紹介します。

スノーシューは浮力が高く、使う用途で種類が分かれる!

スノーシューのメリットは、ワカンに比べ雪との接地面積が広いため、浮力が高いこと。そのため、ふかふかの新雪の上を歩くときにとても便利なんです。

また、スノーシューは主に2種類に分かれており、平坦地用と斜面用があります。平坦地用は、ハイキングなどの斜面を登ることが少ないときに使い、斜面用は冬山登山やバックカントリーなどの斜面を登るときに使われます。

スノーシューのデメリットは、ワカンに比べサイズが大きく、携行性が劣ることです。しかし最近のスノーシューは軽量タイプもありますので、携行性に優れたスノーシューを求めている人は、軽量タイプを購入するといいでしょう。

ワカンは大きく分けると2種類! 携行性に優れていてアイゼンとの併用も可能

ワカンは「輪かんじき」とも呼ばれています。フレームの前が大きく反りあがっているものと、フラットの2種類。

ワカンのメリットは、携行性に優れていることと、スノーシューに比べ接地面積が狭いので、雪を踏み固めるのに最適なことです。雪中キャンプの際にキャンプサイトのベースを作るのにもおすすめ。

また、冬山登山でアイスバーン(氷面)を歩き進む際には、ワカンだけではどうしても滑るため、金属製の刃がついた滑り止めの「アイゼン」というアイテムの装着が可能。(※フラットフレームのワカンにのみ装着可能)

ワカンのデメリットは、スノーシューに比べて、浮力が少ない=深い新雪が歩きにくいということです。雪をかき分けて歩き進まなければいけないような新雪では、スノーシューの方が歩きやすいのです。

ワカンやスノーシューを装着して雪中・登山キャンプのベースを作る方法 テント設営前に踏み固めよう

画像: ワカンやスノーシューを装着して雪中・登山キャンプのベースを作る方法 テント設営前に踏み固めよう

雪中キャンプには「ワカン」がおすすめ 登山キャンプの場合はスノーシューでもOK

雪中キャンプには、雪を踏み固められる「ワカン」がおすすめ。ですが、冬山登山やハイキング、バックカントリーなど他のウィンタースポーツをする方は、スノーシューが必要になると思いますので、スノーシューでもOKです!

テントを張るベースを決めたらワカンやスノーシューで踏み固めよう!

キャンプ予定地に到着したら、テントを張る場所を決めましょう。その次は、しっかりと雪を踏み固めるのが大切。ふわふわの雪の上にそのままテントを張ると、どうしても地面がボコボコになってしまうのです。

この作業のときに大活躍するのがワカンやスノーシュー。ワカンやスノーシューを使用して雪を押し固めます。大体15分~20分を目安に踏み固めるといいですよ。ベースがしっかりしたら、いつも通りテントの設営を行ってください。

ネットショッピングで購入可能な雪中キャンプにおすすめスノーシュー! 装着しやすいモデルも

DOD『スノーシュー SW-10B』は初心者におすすめ! 装着しやすい&お手頃価格

画像1: 【北海道在住ライター直伝】冬キャンプの雪中で使えるスノーシューとワカンの違いは?
DOD(ディーオーディー) スノーシュー 軽量フレーム&簡単装着【初心者に最適】収納バッグ付き SW-10B
カラー:レッド
サイズ:(約)W63.5×D22×H10.5cm
収納サイズ:(約)W68×D25×H15cm
重量:(約)2.3kg
材質:フレーム、クランポン:アルミ合金 デッキ:高密度ポリエチレン
付属品:キャリーバッグ
対応靴サイズ:フリーサイズ(全長37cm迄)
¥5,800
2020-03-08 19:35

雪中キャンプのベース作りが目的で、「ワカンではなくスノーシューが欲しい!」という方におすすめのアイテムは、DOD『スノーシュー SW-10B』です。軽量なアルミフレームを採用しているので軽く、ラチェット式で初心者でも扱いやすくシューズの脱着が簡単なんです。

雪中キャンプにはもちろん、冬のハイキングやバードウォッチングにも大活躍必至!

【スペック】
サイズ:約63.5cm×22cm×10.5cm
収納サイズ:約68cm×25cm×15cm
重さ:約2.3kg

本格的ウィンタースポーツをする人にはMSR『LIGHTNING™ 3STRAP ASCENT』がおすすめ!

画像2: 【北海道在住ライター直伝】冬キャンプの雪中で使えるスノーシューとワカンの違いは?
MSR 男性用 スノーシュー ライトニング アッセント コバルトブルー 22インチ 【日本正規品】 40200
サイズ:22インチ(20cm×56cm)
重量:1.81kg
装備機能:360度トラクションフレーム(登攀時に全方向に対するトラクション発揮)、ポジロックATバインディング(マイナス30度まで凍結せず柔軟性保持)、テレベーター(圧力分散で登攀時のふくらはぎ負担軽減)、トーション2クランポン
追加対応機能:ライトニングテール装着可能(フローティングテイルの装着で重い荷物や雪が深い時でも浮力の向上可能)
¥46,200
2020-03-08 19:37

雪中キャンプ以外にもウィンタースポーツを行う本格的な方には、MSR『LIGHTNING™ 3STRAP ASCENT』がおすすめです。

ヒールリフト機能を採用しているので、急斜面の登りの際に、かかとを持ち上げ、ふくらはぎへの負担を軽くしてくれます。

フレームにはギザギザの刃がついており、トラバース時にもしっかりグリップ&全方向へのトラクションを発揮してくれます。バックカントリーや冬山登山をする人は、本格的なスノーシューの『LIGHTNING™ 3STRAP ASCENT』を検討してみてはいかがでしょうか。

【スペック】
サイズ:20cm×56cm
重さ:1.81kg

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.