「雪中キャンプをしてみたい!」と思っても、雪の上にどうやってテントを張ればいいのか分からない人もいるでしょう。雪中キャンプの際には、『スノーシュー』や『ワカン』を使ってキャンプサイトのベース作りを行なう人が多いです。今回は、スノーシューとワカンの違いや、雪中キャンプのベース作りの方法を北海道在住のライターが伝授します! これから雪中キャンプデビューする人は、ぜひご参考ください。

ネットショッピングで購入可能な雪中キャンプにおすすめワカン! アイゼン併用が可能なモデルも

簡単装着で初心者におすすめなワカン! マジックマウンテン『トレースライン』

画像3: 【北海道在住ライター直伝】冬キャンプの雪中で使えるスノーシューとワカンの違いは?
マジックマウンテン トレースライン ブラックTJWN01 L
サイズ:M=長さ42cm/幅19cm、L=長さ45cm/幅19cm
重 量:M=460g(片方)、L=480g(片方)
¥9,900
2020-03-08 19:38

山小屋スタッフなども使用しているMAGICMOUNTAIN『トレースライン』は、夏・冬の登山どちらでも使用可能で、ベルトで簡単に装着できるため、雪中キャンプのベース作りにおすすめです。

刃とスクリューナットはステンレス製で錆びないので、お手入れが不要。装着が簡単なので、初心者の人でも安心して装着できますよ!

【スペック】
サイズ(M):縦42cm×横16cm
サイズ(L):縦45cm×横16cm

マジックマウンテン『ネイジュⅡ』は片足455gで軽い! アイゼンの装着可能なワカン

画像4: 【北海道在住ライター直伝】冬キャンプの雪中で使えるスノーシューとワカンの違いは?
マジックマウンテン(MAGIC MOUNTAIN) 登山用 アルミわかん ネイジュ2 TJWN022
素材:アルミフレーム、ステンレス歯、ステンレススクリュー&ナット、ナイロンベルトストラップ
サイズ:ワンサイズ長さ45、幅19(㎝)
重量:455g(片方)
フレームカラー:ブラック
¥9,009
2020-03-08 19:40

雪中キャンプ以外に傾斜を歩く予定のある方には、MAGICMOUNTAIN「ネイジュII」がおすすめ。フレームの前部分が反り返っているので、急斜面でも歩きやすいですよ!

さらに、ワカンをひっくり返して使うことで、アイゼンの装着も可能。片足455gと両足合わせても1kgにならず、軽いのもポイントです。

【スペック】
サイズ:縦45cm×横19cm
重さ:(片方)455g

スノーシュー・ワカンを装着して雪中・登山キャンプを楽しもう! 自分にぴったりなアイテムを選ぼう

雪の上専用アイテムの『スノーシュー』と『ワカン』ですが、どちらにしようか悩んでいる方は、雪中キャンプのみに使うのであればワカンを、ウィンタースポーツもする方はスノーシューを選ぶといいでしょう。あなたにピッタリなアイテムを使って、雪中キャンプを楽しんでくださいね。

冬キャンプのテントなどもご紹介中

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.