雪道や凍った道路を夏用のタイヤで走行すると、スリップすることがありとても危険です。そこで必要になるのがスタッドレスタイヤ。しかしどんなタイヤなのか、どう選べばいいか分からないということも。今回はタイヤメーカーの元社員で、ファミリーキャンパーの筆者が、スタッドレスタイヤとは何か、そして選び方やおすすめのタイヤもご紹介します!

スタッドレスタイヤは冬に必要なタイヤ! 雪がなくても凍結に注意。チェーン不要で突然の雪にも安心

スタッドレスタイヤとは、雪道や凍結した道路で滑ることなく、安全に走るために開発された冬用タイヤのことです。

以前はタイヤに鋲(びょう)を打ち込んだ「スパイクタイヤ」が主流でした。しかし乾燥した道路を走るとアスファルトが削られてしまい、粉塵が散って健康に良くないという欠点があったため、1991年から禁止されました。

そこで開発されたのが鋲(スタッド)がないスタッドレスタイヤです。

【タイヤメーカー元社員直伝】スタッドレスタイヤって何?おすすめ冬タイヤもご紹介

タイヤが雪道や凍った路面で滑るのは、氷が溶けてできる水が、氷の上に水の膜を作るからです。

スタッドレスタイヤは、夏タイヤよりも深い溝や、タイヤ表面の細かい溝が水を取り込んでスリップを防ぎます

また凍った路面は実は凸凹しているのですが、スタッドレスタイヤは夏用のタイヤに比べてゴムが柔らかいので、路面の凸凹に密着し、滑りにくくなるのです。

スタッドレスタイヤがあれば、面倒なチェーン交換が不要

雪が降る地域ではもちろん、冬の時期は雪が降らなくても路面が凍ることがあるので、安全のためにスタッドレスタイヤが必要です。

夏タイヤにチェーンを巻くことでも雪道を走ることはできますが、スタッドレスタイヤなら面倒なタイヤ交換が必要ありません。また早めにスタッドレスタイヤに履き替えておくことで、突然の降雪にも慌てずにすみます。

商品によって意外と違うスタッドレスタイヤの履き心地! 主な違いは「曲がるとき」と「止まるとき」

スタッドレスタイヤは、様々なメーカーから多数の商品が販売されています。「何が違うの?」「どれも似たようなものじゃないの?」と思われる方も多いと思います。

タイヤを履き比べるということはめったにないと思いますので、商品ごとの違いはイメージしにくいのではないでしょうか。

筆者はタイヤメーカー勤務時代、真冬の北海道のテストコースの凍結した路面や雪道で、同じ車で複数のメーカーのスタッドレスタイヤを履き替えて運転し、性能を比較しました。

性能の高いスタッドレスタイヤは、しっかりと曲がり、止まることができます

そこで体感として感じたことは、違いを感じるのは「曲がるとき」と「止まるとき」です。性能の高いスタッドレスタイヤは、曲がるときにしっかりとキュッと曲がることができます。

また止まるときに、ブレーキを踏んでから実際に止まるまでの距離が短いです。

もちろん夏用のタイヤよりは止まるまでの距離は長いのですが、性能の高いスタッドレスタイヤは、そうでないスタッドレスタイヤよりも何メートルも手前で止まることができるのです。

しっかり曲がることができれば、交差点などで曲がるときに周囲の車や歩行者と衝突するリスクを減らせます。

また、より手前で止まることができれば、横断歩道や直線道路で止まるときに、追突や衝突事故を避けやすくなります。

スタッドレスタイヤのおすすめはブリヂストン「ブリザック」! 北海道・東北シェアトップの圧倒的実績

「スタッドレスタイヤはどれも同じだろう」と適当に選ぶよりも、しっかりと性能を確認して選ぶことで、より安全な運転をすることができます。

とはいえ自分でタイヤを選ぶのは難しいですよね。そこで、ここからはおすすめのスタッドレスタイヤをご紹介していきます!

性能の高いタイヤで安全な運転を

スタッドレスタイヤのおすすめは、ブリヂストンの「ブリザック」シリーズです。

ブリヂストンは世界シェア1位のタイヤメーカー。海外でのシェアも高いため、外国では海外のメーカーだと思われることもあるのですが、れっきとした日本のメーカーです。

社名は創業者の「石橋」さんにちなみ「石(Stone)」と「橋(Bridge)」に由来しています。石橋さんは当初足袋会社を経営しており、地下足袋の足底に付いているゴムに注目してタイヤを作り始め、やがて世界に進出したのです。

「ブリザック」はスタッドレスタイヤとして北海道・北東北主要5都市での装着率が46%と18年連続No.1で、札幌市のタクシー装着率は7割以上という圧倒的な実績と信頼を誇っています。

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.