仲間や家族と囲む手作り料理は、まさにキャンプの醍醐味。その美味しさを際立たせるキャンパー愛用の調理器具といえば、「スキレット」ですよね。ただ使用前には、出荷時のワックスや不純物を取り除く作業である「シーズニング」が必須です。今回は、使用前に欠かせない「シーズニング」というメンテナンス方法をご紹介します。

【スキレット】は、直火OK&煮込み料理にも最適! ロッジのスキレットは、キャンプにぴったり!

筆者撮影

スキレットは、主に鋳鉄で作られた鉄なべ型の調理器具「ダッチオーブン」のフライパン型で、キャンプご飯を作る上で欠かすことのできないアイテムです。

キャンパー御用達のブランド「LODGE」はもちろん、特に主婦の間では、ニトリが販売しているリーズナブルでオシャレないわゆる「ニトスキ」もブームになっています。

今回シーズニングしていくのは、筆者自身愛用している「LODGE」のスキレットです。6-1/2サイズ(直径16.5cm)の小柄なタイプで、1~2人分のメインディッシュやワンプレートでそのまま食卓に出すことも可能です。

画像: 【スキレット】キャンパー愛用の調理器具! LODGE(ロッジ)のスキレット シーズニング方法やお手入れの注意を解説!
ロッジ(LODGE) スキレット&スキレットカバーセット 6-1/2インチ(L3SK3&L3SC3セット)
商品内容 スキレット6-1/2インチ(L3SK3)1点、スキレットカバー6-1/2インチ(L3SC3)1点【2点セット】
L3SK3 サイズ15.5φcm、重量0.88kg、深さ3cm、L3SC3 重量0.63kg
生産国 アメリカ
IH(電磁調理器)対応 ※お使いのIH機種によっては使用できない場合がございます。
JAN/UPC スキレット 0075536300306、カバー 0075536320618
¥3,972
2020-02-29 10:11

スキレットは熱伝導に優れているのが大きなポイント。表面温度が下がりにくいのも特徴で、余熱でしっかり素材に火を通すことができ、柔らかく仕上がります。

またフタをすることで煮込み料理や蒸し料理もでき、その旨味を最大限に引き出してくれます。

使い方も豊富で、炭火や焚き火の上に直に載せて調理でき、焚き火を楽しみながら料理ができるという、キャンパーには一石二鳥のアイテムです。

【スキレットのシーズニング】の準備方法は? 不純物を落としサビや焦げ付きを防止するために欠かせない!

スキレット表面には目に見えない細かな穴があり、それを油で埋めるためにシーズニング作業が必要です。シーズニングをすることで穴の目を埋め、不純物を落とし、サビや焦げ付きを防止することができます。

準備するもの

  • 亀の子たわし
  • トング(木べらでもOK)
  • オリーブオイル(サラダ油でも代用可)
  • キッチンペーパー
  • 野菜くず(玉ねぎの皮など、香りが強いもの)
  • 新聞紙(数枚)
  • 革手袋

シーズニングをやるにあたって、準備するものがこちらの道具です。どれもホームセンターなどで入手することができますね!

利用する油にはオリーブオイルがよく使われますが、市販のサラダ油などでも十分代用可能です。

This article is a sponsored article by
''.