子どもから大人まで楽しめて人気のウィンタースポーツといえば〝スノボ〟。「今年はスノボに挑戦してみたい!」と考えている方も多いのではないでしょうか。しかし初心者さんは、何を用意したら良いのか悩みますよね。スキー場によってレンタルできるものもあれば、自分で用意しなければいけないものもたくさんあります。そこで今回は3年前にスノボを始めた筆者が、初心者目線でスノボに必要な持ち物をリストアップしました。

【スノボ初心者】ウェア、グローブ、ゴーグル等 レンタルできない場合もあるので事前に要チェック!

まずは、絶対に用意するべきスノボ基本グッズをご紹介します。ウェアやグローブ、ゴーグルなどは、レンタルしていない可能性もあるので、自分で用意しておくと安心です。

板・ブーツ・ビンディング

これが無いと滑れない、スノボの必需品です。しかし新品で揃えるとなると、かなりのお値段。初めてのスノボなら、まずはレンタルを利用するのがおすすめです。大体のスキー場では、板、ブーツ、ビンディングをセットでレンタルできます。

ビンディングとは、板にブーツを固定するための器具のことです。ブーツは選べるなら、ダイヤルタイプがおすすめ。紐タイプは結び直して調整するのが大変で、初心者さんにはストレスになるでしょう。

画像: 板・ブーツ・ビンディング

何度もスノボに行く予定があるなら「シーズンレンタル」という手もあります。ワンシーズン丸ごと借りられるので、何度も貸したり返したりする手間がなくリーズナブルです。

スノボウェア

上級者だと普通の服で滑っている人もいますが、初心者は何度も転ぶので防水のスノボウェアは必須。小さなスキー場だと、貸し出ししていないところもあるので注意が必要です。レンタルできてもデザインが古かったり、意外と高かったりすることも…。予算が許すなら、気に入ったものを自分で購入した方が良いでしょう。

自分で購入する場合は、「袖やズボンの裾のパウダーガード」「チャック付きのポケット」「パスケース」などの機能を備えたものがおすすめです。

パウダーガードがあれば、雪の侵入を防いで快適に滑れます。チャック付きのポケットやパスケースは、財布や携帯、リフト券などを失くさず持ち運べるので便利です。

グローブ

ミトンタイプ(親指だけ分かれており、他の指はひとまとめになった二股の手袋)と5本指タイプがありますが、指同士の体温で保温性が高いのがミトンタイプ。しかし機能性を考えると5本指タイプの方がベストです。さらに細かくいうと雪上では防水性や濡れてもすぐ乾くなど様々な機能面も求められます。

そこで、イイトコ取りの手袋が2WAY仕様の手袋。

namelessage(ネームレスエイジ)スノーボード グローブ AGE-31M

画像1: 【スノボ初心者】ブーツ、ゴーグル、ヘルメットなど スノボに必要な持ち物をチェック
namelessage(ネームレスエイジ) スノーボード グローブ GORE-TEX メンズ レディース ミトン 取り外し可能なインナー付き S-XLサイズ AGE-31M ネイビー XLサイズ 手ぶくろ 手袋 てぶくろ スノーグローブ スノボ スノボー スキー グローブ?ゴアテックス
【素材へのこだわり-極限を快適にするために生まれた、究極素材GORE-TEX-】ゴアテックスメンブレンは、雨や雪の侵入を防ぎ、水蒸気を外に通過させる世界最高の防水透湿性素材。様々な環境下でも、GORE-TEXプロダクトは身体をドライに保ちます。
【ミトングローブ】ファッション性と保温性を兼ね備えたミトングローブ
【使いやすさを追求した機能性】フィットタイプ/中綿多め、アジャストパーツ、ジョイントパーツ、PVCレザー滑り止め、GORE-TEX仕様、ネオプレン素材、リーシュコード、マイクロフリースライナー、インナー構造
【脱着可能なインナーグローブ】5指インナーで汗をかいても快適DRY!イン...
¥5,590
2020-02-25 13:03

外側はミトンタイプですが、インナー手袋として5本指タイプが付いているので、保温性、機能性も損なわれずフィット感もバツグンです。インナーは薄手ながらも撥水フリース素材のため温かく冷たい雪に手をついても体温を奪われずに済む利点もあります。GORE-TEX素材のスノボ用グローブですので、防水性や透湿性、防風性を備えています

ゴーグル

辺り一面に雪が積もったスキー場は、太陽光を反射して目に大きなダメージを与えます。ゴーグルをせずに滑っていると、目が真っ赤になってしまうことも。さらに天候が悪く吹雪いている日は、ゴーグルをしないと視界が白く何も見えなくなってしまいます。

顔から転んだときのクッションにもなってくれるので、初心者の方こそゴーグルをした方が良いでしょう。

UNIQFUN(ユニクファン) スノーボードゴーグル

画像2: 【スノボ初心者】ブーツ、ゴーグル、ヘルメットなど スノボに必要な持ち物をチェック
UNIQFUN スキーゴーグル スノーゴーグル スノーボードゴーグル スノボゴーグル ミラーレンズ ダブルレンズ 曇り止め 滑り止め 眼鏡対応 収納ケース付き ノーズガード 99%UVカット 3層スポンジ レディース メンズ 全天候対応 通気 防風 防雪 防塵 軽量 耐衝撃 登山 スキー スノーボード アウトドアスポーツ
☆広い周辺視界を実現するために造られたスノーゴーグルです。顔の近くにゴーグルを装着でき、下方や両サイドの周辺視野を大きく広げます。 ☆アジアン・フィット仕様で、日本人のお顔にフィット感抜群、ほとんどのヘルメットにもフィットするように造られています。 ☆取り外し可能なノーズガードが付属されます。息苦しかったり、レンズの曇る原因になることもなく、風や吹雪から鼻を守ります。
☆ダブルレンズ仕様です。レンズの内側には曇り止めレンズ、外側には頑丈なポリカーボネートレンズ、さらにミラー処理UVカットコーディング加工し、より快適にご利用頂けます。 ☆雪の眩しさをやわらげるだけでなく、UV400内の有害...
¥2,666
2020-02-25 15:37

顔の近くに装着できるので、広い視界を確保できるゴーグルです。ノーズガードが付属しており、レンズの曇りも軽減できます。

画像: UNIQFUN(ユニクファン) スノーボードゴーグル

スノボウェア以外のインナーやネックウォーマー等の小物類も!動きやすさと防寒で快適なスノボを!

スキー場は山間部にあり、雪が積もっているのでかなり気温が低いです。滑っていると暑くなってきますが、リフトに乗っている間や休憩中などには汗が冷えてさらに寒くなってしまうことも…。

動きやすさと防寒を意識して、スノボに着ていく衣類を選びましょう。ここではスノボウェア以外、主にインナーや小物についてご紹介します。

《上の服装》

・ヒートテックなどのインナー
・トレーナー
・パーカー
ヒートテックなどのインナーは、薄いので動きの邪魔になりませんし、
通気性の良いものを選べば、動いて暑くなったときも快適です。

《下の服装》

・タイツ
・スウェットパンツ(ジャージ)
・分厚めの靴下

スノボのブーツは、足をしっかり板に固定するのでかなり締め付けられます。
長時間履いていると足が痛くなることもあります。
分厚めの靴下を履けばクッションとなって足の痛みを軽減してくれます。

《小物類》

・ネックウォーマー(ネックゲーター)
・フェイスマスク
・ニット帽
首元や顔を冷たい外気に晒していると、すぐに痛くなってしまいます。
ネックウォーマーやフェイスマスクなどで覆っておくと安心です。
ニット帽は耳元の防寒対策や、転んで頭をぶつけた時もクッションになり衝撃を少しは軽減。

画像: スノボウェア以外のインナーやネックウォーマー等の小物類も!動きやすさと防寒で快適なスノボを!

プロテクターやヘルメット等 スノボ初心者もチェックしたい事故やケガを防ぐための安全対策グッズ!

画像: プロテクターやヘルメット等 スノボ初心者もチェックしたい事故やケガを防ぐための安全対策グッズ!

スノボは足が固定された状態で滑るので、慣れないうちはぶつけたりひねったりと変な転び方をしてしまうことも多いです。せっかくの楽しいスノボがケガして辛い思い出にならないように、安全対策グッズを用意しておきましょう。

ヒッププロテクター

初心者さんが転んだときにぶつけやすいお尻。何度も転ぶと、ウェアが濡れてしまいお尻が冷たくなってしまいます。そこで用意してほしいのが、ヒッププロテクターです。お尻へのダメージを軽減してくれるので、スノボが終わった後に「お尻に青あざが…!」なんてことも防げます。

Chialstarヒップ プロテクター 衝撃吸収EVA製シェルパンツ

画像3: 【スノボ初心者】ブーツ、ゴーグル、ヘルメットなど スノボに必要な持ち物をチェック
Chialstarヒッププロテクター 衝撃吸収EVA製シェルパンツ インナーヒッププロテクター 尻 腰 もも 等5点ガード メンズ レディース 男 女 スノーボード スノボ バイク スキー 初心者 ケツパッド パット (XL)
▼厚さ12mmの特殊衝撃吸収素材「EVA」がしっかり衝撃を分散&吸収: 高い衝撃分散性能により転倒時に保護効果を発揮、ヒップ・尾てい骨・腰・裏もも・外もものEVAが身体を保護し、怪我防止に役立ちます。
▼通気性を考慮した特別なメッシュ加工でムレにくい: 前面が特別なメッシュ加工がされており、バツグンの通気性を実現しました。 下半身の動きに合わせて呼吸するように換気するため、ムレにくく快適に着用することができます。
▼ウエストサイズ(ウエスト-ヒップ):L:66cm-78cm XL:68cm-82cm XXL:72cm-86cm
▼"しなやか設計"でトリック時も自由な動きを妨げない: 腰回...
¥2,078
2020-02-25 16:29

暑さ12mmの特殊衝撃吸収素材を使用しており、お尻・尾てい骨・腰・裏もも・外ももをしっかり守れます。通気性バツグンでたくさん滑っても快適です。

膝・手首用プロテクター

膝や手首も、スノボで痛めやすい箇所です。転び方が悪いとねんざや骨折など大きな怪我につながることもあるので、プロテクターで予防しましょう。転んだときは膝をついて立ち上がることも多いですが、プロテクターをしておけば冷たさを感じにくいです。

ヘルメット

滑れるようになってきて、「少し高度な技にも挑戦してみたい…!」という中・上級者の方に用意してほしいのがヘルメットです。普通に滑っているだけなら頭を強く打つことはそこまで多くありません。

しかしジャンプや回転などをすると、バランスを崩して頭を強くぶつけて、脳に影響を及ぼすなどの重大な症状につながってしまうことも。特に小さな子どもは転んだときに手が出ないこともあり、大人よりも頭部のケガのリスクが高いです。ヘルメットで頭を衝撃から守りましょう。

Odoland スキーヘルメットセット ゴーグル付き

画像4: 【スノボ初心者】ブーツ、ゴーグル、ヘルメットなど スノボに必要な持ち物をチェック
Odoland スキーヘルメットセット ゴーグル付き メガネ対応 ダブルレンズ 曇り止め 球面レンズ 子供から大人まで 耐衝撃 UVカット 防風 男女兼用
【安全なヘルメットとスキーゴーグルセット】スキーゴーグル付きのOdolandスノースポーツヘルメットは、頭部をしっかり守ってくれるので安全です。家族でスキーに行く場合特に小さいお子さんにはスキーヘルメットをつけてあげた方がいいです。 スキー場は非常に混んでいるのでいつ衝突・転倒や事故が発生するかわからないので大人もつけておくと安心です。小さい子はうまく滑れないので木と衝突なんてこともあります。スノーヘルメットは、ASTM F2024およびCE EN1077の認定を受けています。そして、スキーゴーグルはFDA承認済みです。ヘルメットは耐衝撃性と耐貫通性があります。ヘルメットもゴーグルも取り...
¥5,699
2020-02-25 16:36

ゴーグルとセットになったヘルメットで、視界を確保しつつ頭部を守って安全性を高めてくれます。メガネにも対応しているので、メガネをかけたままでも違和感なくそのまま装着できます。

ブーツ、ゴーグル、ヘルメット等 スノボ初心者はスノボに必要な持ち物をしっかり事前に準備しておこう!

画像: ブーツ、ゴーグル、ヘルメット等 スノボ初心者はスノボに必要な持ち物をしっかり事前に準備しておこう!

今回は、スノボに必要な持ち物の一覧をご紹介しました。スキー場に到着してから足りないものに気付いたら大変です。本記事を参考に初めてのスノボでも、自分にとって何が必要なのかチェックし、ひとつずつ確認しながら準備万端でスノボに出かけましょう。

【スノボ初心者】スノーボードやゴーグルの選び方やおすすめが知りたい方はこちらの記事もどうぞ!

ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.