こんにちは! 氷点下のキャンプ場でもハイボールしか飲まないくにぱぐです。今回は久々の家で作る燻製メニュー、「牡蠣の燻製オリーブオイル漬け」レシピをご紹介します。保存が利き、まとめて大量に作ることが出来、他の料理にも転用がしやすく、そして美味いという、最高のおつまみです。

美味しいだけじゃない! アレンジも自在の牡蠣の燻製料理

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

牡蠣はそのまま食べても美味しく、栄養豊富な食材ですが、燻製との相性が抜群に良い食材でもあります。燻製にした牡蠣は、歯ごたえが増し、旨味がギュッと凝縮され、独特の香気がたまりません。

さらにこの牡蠣の燻製は、オリーブオイル漬けにすることで、単に美味しいだけではなく、数か月程度の保存が利くようになります。しかも、パスタやアヒージョなどさまざまな料理に転用ができるので、とても便利。

このため私はかなり多い量の牡蠣を使ってオリーブオイル漬けを一度に作ります。牡蠣の場合、購入できる期間が10月~3月と限られていますので、今のうちに作って冬中楽しむことをおすすめしたい一品です。

牡蠣の燻製オリーブオイル漬けの食材・必要な道具

食材(4~5人前)

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

・牡蠣(加熱用) …500g

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

調味料
・醤油 …大さじ6
・塩 …大さじ1
・砂糖 …大さじ1
・みりん …大さじ3
・酒 …大さじ3
・チューブにんにく …少量
・水 …100cc

----------------

漬け込み用オイル
・オリーブオイル …300ミリリットル
・ローリエ …1枚
・タカノツメ …1本
・にんにく …2片

必要な道具

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

・燻製器(ダッチオーブンや鍋でOK)
・お好みのウッドチップ
・(あれば)ピートパウダー
・漬け込み用のビンなど
・干し網

画像: 【レシピ公開】冬のツマミに最高! 「牡蠣の燻製オリーブオイル漬け」の作り方
【期間限定ポイント5倍】●【送料無料】【SOTO】ST-160 いぶし処・ピートスモーク パウダー(150g) JAN:4953571071602 【新富士バーナー:燻製用品】
本場スコットランド産100%天然上質ピート【用途】■資格より深みある燻製を。燻煙材と一緒にお使いください。【特長】植物が地中で堆積し炭化したもので、本場スコットランドではウイスキーの原料(モルト)を乾燥させる際に香り付けを兼ねて燃料として使われています。その香りはウイスキーの仕上がりに大きく影響します。燻煙材に混ぜて使えば、より深みのある味わいに、スモーキーフレーバーが食材の美味しさを更に引き出してくれます!麦芽の乾燥や、燻煙材やBBQチップとしても使われています。【製品仕様】-【サイズ】■幅120×奥行20×高さ約200mm(パッケージサイズ)【重量】■150g【成分・材質/仕上】■木...
¥ 1,710
2020-02-12 17:40

今回は短時間(15分)の熱燻(90度以上)です。燻製器を使うまでもない時間なのでダッチオーブンをキッチンで使用します。

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

ただし、家庭用のガスコンロはカラ炊きセンサーがあるため、燻製をしている間に停止してしまいます。このようにカセットコンロを使うようにしましょう。(※ 換気を十分にして使用してください)

牡蠣の燻製の作り方

【1】
牡蠣は必ず加熱用のものを使用します。まずはざっと水洗いをして汚れを落とします。

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

【2】
鍋に湯を沸かし、沸騰したところで牡蠣を全部入れて下茹でします。時間は6分から7分。茹で終わったらザルに上げて粗熱を取ります。

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

【3】
残ったゆで湯は牡蠣のエキスが出ていますので、鍋物などに使えます。そのまま塩を振って飲むだけでも美味しいです。

画像9: 筆者撮影

筆者撮影

【4】
調味料の材料を全部混ぜてひと煮たちさせてから、同じく粗熱を取っておきます。

画像10: 筆者撮影

筆者撮影

【5】
牡蠣と調味料がそれぞれ冷めたら、牡蠣を調味料に漬け込みます。およそ3時間ほど漬け込みます。

画像11: 筆者撮影

筆者撮影

【6】
漬け込み終わったら牡蠣を軽く流水で洗い流し、干し網に入れて一晩ほど干します。天候が悪かったり、日中の場合は冷蔵庫の中で乾燥させるとよいでしょう。

画像12: 筆者撮影

筆者撮影

【7】
乾燥が終わった牡蠣はこんな感じ。下茹でをしてから干すと身がふっくらしたままです。

画像13: 筆者撮影

筆者撮影

【8】
いよいよ燻製にしますが、今回は高温のまま短時間で仕上げる熱燻です。ダッチオーブンにアルミホイルを敷いて、そこにウッドチップとピートパウダーを撒きます。アルミホイルを挟みこむように網を浮かせて、そこに牡蠣を並べて、フタをします。

画像14: 筆者撮影

筆者撮影

【9】
15分ほど高温で加熱し、火を止めてさらに15分放置すると、こんな感じに燻製が出来上がります。このまま食べても美味しいです。

画像15: 筆者撮影

筆者撮影

【10】
牡蠣が熱々のうちに、スライスしたニンニク、ローリエの葉、タカノツメと一緒にビンなどに詰め、オリーブオイルで漬け込みます。2~3日寝かしてから食べましょう。

画像16: 筆者撮影

筆者撮影

牡蠣の燻製オリーブオイル漬けの食べ方はいろいろ! おすすめはペペロンチーノ!

画像17: 筆者撮影

筆者撮影

もちろんこのまま食べるだけでも美味しいのですが、オリーブオイルにもしっかりと燻製の香りがつきますので、オイルはいろいろと活用できます。例えばオイルをガーリックトーストにチョロッとつけるだけでも美味しいです。アヒージョも手っ取り早く作れるキャンプ飯ですね。

画像18: 筆者撮影

筆者撮影

私が一番のおすすめはペペロンチーノ。牡蠣を漬け込んだオイルで普通にペペロンチーノを作り、仕上げにオイルをさらにかけ回して、牡蠣を乗せるだけです。これだけなのですが、スモーキーな風味は絶品の一言。なぜ世のパスタ屋がこれをやらないのか不思議なぐらいです。

夜中にお酒を飲みながら思わずあれこれ工夫が捗る料理ですよ。

こちらの記事もどうぞ!

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.