まだまだ寒い冬キャンプ。冬キャンプの大敵は、なんと言っても寒さ! 防寒服はしっかり準備しても、ついつい忘れてしまうのが耳の防寒です。放っておくとしもやけになってしまうこともあるので、しっかり対策したいところ。そんなときに便利なのが、イヤーマフです。最近では、いろいろなメーカーからおしゃれなものが出ているので、キャンプだけでなく、普段使いができるのも魅力的ですね。

イヤーマフ(耳あて)とは『イヤーマフラー』の略 寝る時は耳栓代わりにもなる、おしゃれな耳用防寒具

画像: 123RF

123RF

イヤーマフとは、『イヤーマフラー』の略で、その名の通り、耳用の防寒具のことを言います。ヘッドフォンと同様の形式のものが多く、冷たくなりがちな耳を温めてくれる冬のキャンプの強い味方です。睡眠時に使えば、耳栓の役割もしてくれます。イヤーマフにもいろいろな種類があるので、自分のスタイルに合ったもの選びましょう。

【イヤーラックス製イヤーマフ(耳あて)】40種類以上のデザイン! 髪型を崩さず、耳を防寒できる!

画像1: ミズノやイヤーラックスのイヤーマフ(耳あて)3選 冬キャンプでおしゃれに防寒!
【正規輸入品】イヤーラックス 防寒耳カバー フリース ブラック S-M TYEFL-BK-04
<b>サイズ:</b> 5~8cm
<b>重さ:</b> 24g
<b>材質:</b> ポリエステル
¥1,419
2020-02-01 13:48

「イヤーマフを使うと髪型が崩れるのが嫌!」という人におすすめなのが、イヤーラックスのイヤーマフです。マフ部分をつなぐフレームがないため、髪を押さえつけないので、トップにボリュームのある髪型でも崩さずに使用できます。フレーム部分がなくてもシートスプリングという技術を利用して耳に直接かけるマフですが、耳からずれにくい設計なので、つけたままスポーツも可能です。

北欧スウェーデンでデザインされたロングヒットアイテムで、ポケットにコンパクトに収納できて、かさばらないところも人気です。フリース素材でできていて、保温性もばっちり。何よりすごいのはデザインのバリエーションが40種類以上もあるところで、これだけ種類があれば、人とかぶることもないでしょう。

【Siggi(シッギ)製耳あて付きキャップ】おしゃれに防寒しよう! 帽子と一体型で、お手入れ簡単!

画像2: ミズノやイヤーラックスのイヤーマフ(耳あて)3選 冬キャンプでおしゃれに防寒!
ワークキャップ 帽子 耳あて付きキャップ 防寒帽子 イヤーマフキャップ キャップ 作業帽子 ミリタリーキャップ メンズ レディース おしゃれ 秋冬 大きいサイズ スキー 登山 自転車 通学 雪かき 屋外作業 アウトドア 58 59 60㎝ グレー
S子供サイズ(適応頭周り:54-56cm) Mサイズ58cm(適応頭周り:56-58cm) Lサイズ60cm(適応頭周り:58-60cm) XLサイズ62cm(適応頭周り:60-62cm)
内側後方部分にはサイズ調整紐があるので、サイズ調節が可能でよりフィットした被り心地となります
耳あてを付け耳から首元も隠れて、防寒にはうってつけです
耳あて部分を上げたり下げたり~2つのスタイルで演出が可能です
冬場の自転車・スキー・通学・釣り・登山・雪かき・アウトドア・散歩・スノーボード・ゴルフ・屋外作業等シーンに合わせて使用いただきます
¥2,249
2020-02-01 13:51

イヤーマフの難点は、テントなどの温かいところで外した際に、そのまま忘れてしまうというところです。それでなくしてしまったという経験がある人も少なくないでしょう。特に、イヤーマフをつけていると音が聞きにくく、人と話をしているときはついつい外してしまいがちです。

シッギの耳あて付きキャップは、寒い時はしっかり耳をカバーし、温かくて必要なくなったときはボタンで止めておけるので、音が聞こえないこともなければ、忘れる心配もありません。帽内側にサイズ調整ができるひもがついているため、微調整が可能。イヤーマフの部分は、下ろした時に首のあたりまで長さがあるため、防寒性にも優れています。また、フェイクファーでできていて、温かいだけでなくお手入れが簡単なところも大きな魅力です。

カラーバリエーションは絶妙な色合いの8色展開。手持ちのアウトドアファッションに合わせて、おしゃれを楽しみましょう。

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.