グラタンはじゃがいもや豆腐にアボカドと、さまざまな具材でおいしく作れるのをご存知ですか?普段の献立用からちょっとしたパーティーメニュー、ダイエットメニューなどにも活用できるレシピがたくさんあります。今回は、夕食のメインにもなる「じゃがいもグラタン」と、ダイエットメニューにもおすすめなおいしい「豆腐グラタン」のレシピをご紹介します。

簡単グラタンレシピにぴったり! 人気の具材5選をご紹介 じゃがいも・豆腐・かぼちゃ・アボカドまで

「グラタンの具材がいつも同じで少しマンネリ気味…」という人もなかにはいるでしょう。ここでは、入れるとおいしいグラタンの人気具材を5つご紹介します。

グラタンに欠かせない万能具材! じゃがいも

じゃがいもは、ホワイトソース・ミートソースどちらのグラタンにもあう具材です。蒸したじゃがいもを潰して、マッシュポテトグラタンにしてもいいですね。

マッシュポテトグラタンの場合は、蒸したじゃがいもを潰してから焼きますが、ほかのグラタンのときはある程度下茹でしてソースと絡めます。作るグラタンにあわせて調理法を変えていきましょう。

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

いつものホワイトソースをヘルシーに作る! 豆腐

豆腐をホワイトソースの代わりにして作るグラタンもおいしいのでおすすめです。通常のグラタンよりも低カロリーなので、ダイエットしている人も食べやすいのではないでしょうか。

隠し味に粉末だしや味噌を加えるのがポイントです。詳しい作り方は記事の後半で説明していきますね。

まるごと使ってもおいしい! かぼちゃ

かぼちゃグラタンはかぼちゃをじゃがいもの代わりに使うレシピで、蒸したかぼちゃを加える作り方と、かぼちゃをまるごと使った作り方があります。

画像: ハロウィンやお誕生日パーティーなどにぴったりなメニュー

ハロウィンやお誕生日パーティーなどにぴったりなメニュー

かぼちゃをまるごと使用する作り方は、レンジでかぼちゃをまるごと加熱して、ヘタがある上部を切ります。切った部分からスプーンで種を取り出し、ホワイトソースと絡めた具材をかぼちゃの中へ投入。最後にチーズを乗せて再びオーブンで焼いたら出来上がりです。

かぼちゃの甘味とホワイトソースがマッチして絶品なので、ぜひ作ってみてくださいね。

野菜嫌いのお子さんにも! ほうれん草

ほうれん草入りのグラタンは、野菜嫌いのお子さんにおすすめのメニューです。ほうれん草の味がまろやかになるので、食べやすくなりますよね。じゃがいもを潰して、そこへ細かくしたほうれん草を加えてもおいしいですよ。

たまには変わり種具材で! アボガド

いつものグラタンに飽きたら、変わり種のアボガドグラタンはいかがですか?半分に切ったアボガドの中身をスプーンで取り出し、ホワイトソースやチーズと絡めてもう一度アボガドへ入れて焼きましょう。

【簡単グラタンレシピ①】じゃがいもグラタン ホクホクでチーズとホワイトソースが良く合っておすすめ

ホクホクしたじゃがいもがおいしい、じゃがいもグラタンを作っていきます。チーズはピザ用の細かいものではなく、粉チーズでも構いません。チーズの代わりにパン粉をかける作り方もありです。

【材料(2人分)】

  • じゃがいも:200g
  • 人参:40g
  • 玉ねぎ:50g
  • 鶏むね肉:50g
  • とろけるチーズ:適量
  • サラダ油:適量
  • 塩コショウ:適量

【ホワイトソース】

  • 薄力粉:30g
  • 牛乳:400ml
  • バター:20g

【作り方】

1. 玉ねぎは薄切りします。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

2. 鶏むね肉は食べやすい大きさに切ります。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

3. 人参は短冊切り、じゃがいもは一口大に切って、じゃがいもと人参の両方とも下茹でしておきます。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

4. 火をつけた鍋にバターを入れて少しだけ溶かします。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

5. そこへ玉ねぎを加えて軽く炒めます。

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

6. 鶏むね肉も追加し、サッとバターと絡めたら薄力粉を加えましょう。

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

7. 牛乳を加えて中火にします。

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

ふつふつと膨張してくるので、あふれないように注意しながらヘラでかき混ぜましょう。

8. かき混ぜるヘラに重みが出てきてトロッとしてきたら、弱火にしてじゃがいもを加えます。

画像9: 筆者撮影

筆者撮影

9. じゃがいもをホワイトソースに絡めたら、火を止めてください。サラダ油を塗ったグラタン皿に入れ、チーズを乗せます。

画像10: 筆者撮影

筆者撮影

10. グリルで約20分焼いたら出来上がりです。

画像11: 筆者撮影

筆者撮影

ホワイトソースとチーズ多めにしてみたので、おいしかったです。

「ホワイトソースがうまく作れない!」という人は、こちらでおいしく作れるホワイトソースの黄金比とコツを詳しく解説しています。ぜひチェックしてみてくださいね。

【簡単グラタンレシピ②】豆腐グラタン ヘルシー&低カロリーだからダイエット中の人にもおすすめ!

ダイエットレシピにもおすすめの豆腐グラタンの作り方です。

【材料(1人分)】

  • ブロッコリー:50g
  • 玉ねぎ:50g
  • コーン:30g
  • 塩コショウ:適量
  • サラダ油:適量
  • とろけるチーズ:適量

【豆腐ソース】

  • 豆腐(絹ごしがおすすめ):150g
  • マヨネーズ:大さじ1
  • 牛乳:大さじ2
  • 鶏ガラスープの素:小さじ2

【作り方】

1. ブロッコリーは適当な大きさに分けて下茹でします。

画像12: 筆者撮影

筆者撮影

2. 玉ねぎはみじん切り、コーンはすぐ使えるように冷凍なら常温へ戻しておきます。缶詰タイプなら汁気を切っておきましょう。

画像13: 筆者撮影

筆者撮影

3. 耐熱容器にキッチンペーパーを2枚ほど敷いて豆腐を包み、レンジを500Wに設定して約3分加熱。豆腐の水切りをします。

画像14: 筆者撮影

筆者撮影

写真の豆腐は木綿ですが、できれば絹ごしのほうがこのあとの工程でなめらかになるのでおすすめです。

なるべくしっかり水切りしましょう。水切りが足りなかった場合は、キッチンペーパーを新しくしてもう一度豆腐を包み、様子を見ながら1分ほど加熱してください。(加熱しすぎに注意!)

4. 水が切れたら豆腐を潰していきます。

画像15: 筆者撮影

筆者撮影

ジップロックに豆腐を入れて、袋の上から麺棒で平らにするとあっという間に潰せますよ。

5. 4にマヨネーズ、牛乳、鶏ガラスープの素を加えて、さらに豆腐がなめらかになるまでよく混ぜましょう。

画像16: 筆者撮影

筆者撮影

6. 深めのフライパンにサラダ油をひいて熱したら、玉ねぎをしんなりするまで炒めます。

画像17: 筆者撮影

筆者撮影

7. 6へブロッコリーとコーンを加えて、塩コショウします。

画像18: 筆者撮影

筆者撮影

8. 5を加えて、豆腐ソースと具材をよく絡めます。

画像19: 筆者撮影

筆者撮影

9. サラダ油をグラタン皿に塗って、8を入れてチーズを乗せます。グリルで15分程度焼いたら出来上がりです。

画像20: 筆者撮影

筆者撮影

豆腐を使ったにもかかわらず、味は普通に作ったグラタンに近かったです。多少、豆腐の汁がでるものの、気になるほどではありませんでした。

簡単グラタンレシピは具材によって全く違ったものに! 人気のじゃがいもや豆腐を使って作ってみよう!

画像21: 筆者撮影

筆者撮影

さまざまな具材を使ってアレンジすれば、頻繁に食卓に出しても飽きにくいのがグラタンのいいところ。一度慣れれば、ホワイトソースも簡単に作れるようになるはずです。ホワイトソースにアレンジを加えたり、具材をまるごと使ったりと、いろいろなグラタンを作ってみましょう。

こちらの記事もどうぞ!

ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.